FC2ブログ

“2010年ミュージカル界どんなことがあったか?”ミュージカル界ホットイシュー

   2a7_20101127153630.jpg

青い秋空が灰色の光空に変わって、鋭い風と共に突然冬がきた。一年の最後をよく整理して新しい一年を準備するこれらの忙しい動きでは活力が漂う。しばらく止まって2010年度一年を見て回るのはどうだろうか。顧みれば通常の時とともに2010年公演界はわいわい一年であった。行く所ごとに話題をばらまくアイドルスターおよび大型スターらの公演界進出など多事多難な仕事で装飾された2010年公演界、その中ミュージカル界ホットイシューを探ってみる。

- 2010年ミュージカル界ライジング スターは?

    6_20101127154414.jpg

“スターマーケティングでなければ、公演が成功するのが難しい”という言葉が通商(通常)されるほど2010年度ミュージカル界はTVブラウン管の大型スターらが舞台を埋めた。それだけ俳優らのギャランティー上昇で沸きかえったことも事実だ。来る30日オープンになるミュージカル‘ジキルアンドハイド’でチョ・スンウは彼のチケットパワーぐらい飛び切り高い一回当たり1800万ウォンというギャランティーで話題の中心になった。これにミュージカル‘ジキルアンドハイド’の製作者新春数プロデューサーは“チョ・スンウおかげで‘ジキルとハイド’の認知度が上がった。製作費内で最高待遇をしてくれること”という立場を表明した。ホン・グァンホはミュージカル‘オペラ座の怪人’のラウル駅でファントムで昇格して世界最年少という記録を残してホットイシューに浮び上がった。彼は新春数プロデューサーから“大韓民国ミュージカルを責任を負うべき俳優”という評価を受けて2010ミュージカル‘ジキルアンドハイド’の守る駅に抜擢された。

2010年度が産んだ最高のミュージカル界星は断然 正常化だ。正常化はミュージカル‘英雄’で第4回さらにミュージカルオウォーズで主演男優賞受賞に16回韓国ミュージカル対象主演男優賞まで2冠王を占めて最高スターの座を確かにした。 アイドルスターシア・ジュンスやはりミュージカル界浮び上がる別にミュージカル‘モーツァルト!’を通じて大邱(テグ)公演有料観客1万人、3次チケット全石売り切れ、40億売り上げを導いた張本人だ。 以後彼は‘キム・ジュン随意(獣医)コンサート ミュージカル’でその開くを継続した。彼は第4回ミュージカルオウォーズと16回韓国ミュージカル対象で男優新人賞を受けたことがある。一方音楽監督パク・カーリンは‘パクマに’というニックネームと共にKBS ‘男の資格’でやわらかいカリスマを見せて視聴者たちの熱い愛を受けた。彼は来る12月18日公演されるミュージカル‘アイダ’の音楽監督に出てミュージカルぐらい大きい関心を受けている。一方、ミュージカル俳優で位置づけを固めたオム・ギジュン、オ・マンソクなどのブラウン管での活発な活動も眼に触れた。

-ミュージカルも韓流風信号弾!

    10a2_20101127154143.jpg

アジアのラテンだと呼ばれる程熱い国民性を浮かんだ韓国、韓国の文化に対する関心は韓流熱風でふくらんだ。ドラマ、大衆音楽、映画等を通して頭角を現わした韓流が2010ミュージカル界にも拡張された。 その肝‘乱打’、‘ジャンプ’等のノンバーバルパフォーマンスが主をなしたとすればもう韓流スターの公演が韓流ために(風に)燃料を入れて火をつけていること。その中最も引き立って見えるのはgod前メンバーであったソン・ホヨンをはじめとするシア・ジュンス、シャイとか来たユなどアイドルスターらのペンモリイだ. 企画会社らは日本語広報戦団を製作、配置して日本語翻訳機を用意するなど客応対準備に出た。創作ミュージカル'カフェイン'は韓流スターカン・ジファン演出・出演を前面に出して日本での韓流風を体感した。韓流スターカン・ジファンは韓国俳優最初日本の有名劇場のグローブチュァで公演、日本ブロードウェー舞台で主演俳優で活躍したこと。また、ミュージカル‘カフェイン’は日本に逆輸出されてアジア ミュージカル界の韓流スターという名を連ねた初めのボタンをよく挟んだ。国内では24日からSS501のキム・ヒョンジュンがバトンを受け継ぐ。ミュージカル‘センミョンウイハンヘ’のイ・ジュンギとチュ・ジフン、ミュージカル‘チェクトリポ’のアン・ジェウクきてシン・ソンウなど多くの俳優らがミュージカル韓流に参加した。関係者は“日本観覧客の場合、購買代行やチケット前売りサイトで直接購入して観覧していて反応が良い”としてミュージカル韓流に対する期待を表わした。

PLAY DBより


あんにょ~ん

「生命の航海」も、”ミュージカル韓流”に、かなり貢献したと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ぴあの

Author:ぴあの
★韓国俳優「チュ・ジフン」さんを応援しています★

チュ・ジフンさんの記事や画像を中心に、韓国ドラマ、映画、芸能ニュース等もアップしています。

*当ブログで使用している画像、動画等の著作権は、出処である各サイト・出版元にあります。
不適切なコメント及び悪質なコメントは、管理人の判断で削除させて頂きますのでご了承ください。

♥チュ・ジフン出演作品~放送中&放送予定(随時更新)

☆WOWWOW
映画「私は王である」
5/12(月)午後9:00~

☆KNTV
「メディカルトップチーム」
5月17日(土)からスタート!
毎週(土・日) 午後10:00~午後11:15
再放送毎週(月・火) 午後2:05~午後3:15

☆BS-TBS(吹替版)
「蒼のピアニスト」
毎週日曜日 午前10:00~10:54(放送中)

☆TBSチャンネル
「蒼のピアニスト」(完全版)
4月17日(木)からスタート!
毎週(月)-(金)午後5:50~午後8:10[2話ずつ]
※4/24(木)は午後7:00~午後8:10[1話]
※4/28(月),4/29(火),4/30(水)は休止

☆ホームドラマチャンネル
「宮 Love in Palace」
5月12日(月)スタート!
毎週(月)午後2時14:00~15:15

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ランキングに参加しています!1日1回ポチっとお願いします!(^-^)b

FC2Blog Ranking

sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle韓流タウンsidetitle
韓流タウンさんで「第3期ベストブロガー」として紹介していただきました♪
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle