FC2ブログ

心の成長痛払って対する健児に戻ったチュ・ジフン

あんにょ~ん

制作発表会の時に取材された記事です~~
冷静に客観的に書かれています。


レディー京郷2010年9月号より

心の成長痛払って対する健児に戻ったチュ・ジフン
“他の将兵らに累を及ぼさないように最善を尽くすつもりですよ”


3b_20100903234305.jpg

昨年4月麻薬投薬疑惑で不拘束起訴されて懲役6ヶ月と執行猶予1年、社会奉仕命令120時間を宣告されてしばらく自粛の時間を送ったチュ・ジフン. 今年2月静かに軍に入隊してファンたちの心をさらに残念にした彼がりりしい軍人の身分で久しぶりにまた舞台の上に上がった。

申し訳なくて重い心、また立ち上がるまで
休む暇もなくさく烈するフラッシュ洗礼がぎこちなく感じられたのか。ミュージカル‘生命の航海’製作発表会現場で会ったチュ・ジフン(実名チュ・ヨンフン)は淡々としながらも悲壮だった。軍服姿で登場したすらりとする容貌は変わりなしにすばらしかったがどこか知らず少しは見慣れない気勢が見えた。

“製作発表会なので話を気楽にしているけれどかえってそれでさらに多く不便です。 だが、大韓民国大部分の男性がみな通り過ぎるこちらで私が特技を生かして最も上手にできることに参加することになって演技と歌という任務を受けることができて感謝して満たされます。”

チュ・ジフンは国防部が6・25韓国動乱(朝鮮戦争)60周年をむかえて製作した今回の作品を通じて昨年2月に出演したミュージカル‘ドンファン’以後1 年6ヶ月ぶりに演技活動を再開することになった。 彼が引き受けた役割は人民軍将校‘チョン・ミン’. 避難民で偽装してビクトリア湖に搭乗した後混乱を引き起こして韓国陸軍少尉の年川駅のイ・ジュンギと対立する悪役だ。

“皆軍人で同じ境遇だから俳優らの間の呼吸は全く困難なしでよく合わせていきつつあります。劇中悪役を引き受けたが理念的な対立だけあるだけ人と人の間の憎しみがあるとかそのようなキャラクターは違います。戦争がなぜ痛いことか、同じ同胞どうしなぜそうすべきかを素早く対比されるように見せるだけですね。それで必ず悪役だといってだけはできないようです。”

共に出演する俳優イ・ジュンギとデュエットで熱唱して舞台を飾ったチュ・ジフンは最善を尽くして歌を歌って演技する姿が印象的だった。かんばしくない事件を体験して入隊後初めての公式席上に立った彼に向かってスポットライトが集中する席だったために心の負担が結構大きかったでしょうが彼はたまに微笑を浮かべて取材陣とファンたちにうれしい目礼を渡した。

特に舞台が終わった後続いた懇談会では進行者の紹介が終わるやいなや席でむくっと起きて雄壮な声で“団結!”を叫んで挙手敬礼をした。 しばらく緊張した表情だったがいつのまにかからだも心もふわりと成熟したことをひと目で感じることができた。

国のために俳優でない軍人で演技するだけ
もちろんこの位置に立つまでやさしいだけではなかった。ドラマと映画などで縦横無尽活躍して人気街道を走ったスターが社会的な物議をかもして大衆に大きい失望感を抱かれてまもなく世の中にまた出てきた時よどみなくあふれる非難が用心深かった。だが、彼は堂々とぶつかってこれを克服してまた起きようと努力した。真心が通じたことであろうか。‘生命の航海’プロデューサーの陸軍司令部イ・ヨンノ中佐は彼にミュージカル舞台という機会を開いてくれた。

“スタッフ会議で一般大衆の関心をたくさん得るためにスター級俳優のキャスティングが言及されました。社会的な雰囲気を見て決めることにしたが総合的にチュ・ジフン一等兵を評価した時今回の作品に大きく累を及ぼさないことと判断してキャスティングしました。 誰より熱心に軍服務に忠実に臨んでいるのはもちろんだよ。チュ・ジフン一等兵にも出演してみるかと尋ねると光栄というので(に)共にすることになりました。” (イ・ヨンノ中佐)

チュ・ジフンの心やはり初めには楽ではなかった。自身によりミュージカルに出演する他の将兵らと俳優、スタッフらが困るようになるか申し訳ない心がより大きかった。簡単に消すことはできない過去の汚名を抱いて舞台に上がることになった心境を聞くとすぐに彼は直ちに話をつなぐことができなかった。そして赤くなった目がしらを努めて隠して喉がつまった声で短く答えた。

“負担になりましたよ。 だが、一緒に演技する40人余りの将兵らに累を及ぼしはしないかという心配がより大きかったです。だが、私は今回のミュージカルで俳優とみるより軍将兵中ある人であるだけで国家仕事に軍人という身分で参加しますよ。そのような気持ちでさらに熱心にしています。”

たとえ一瞬のミスで人生の苦味を味わったが代わりにチュ・ジフンは初心に帰って初めから再び始める方法を習っている。人よりはやく頂上に上がりながらそこまで見られなかったより大きくて大切なものなどをこれから一つずつ悟りながら表面より中がさらに丈夫な俳優に新たに出ようと思う。 そしてそのような彼をどのようにまた認めて受け入れるかは前に大衆が判断する持分(役割)だ。

■文/ユン・ヒョンジン記者■写真/異性(理性)院

コメントの投稿

非公開コメント

心の葛藤・・・

ぴあのさん、あんにょ~んv-280

「生命の航海」出演が決まる時からずっとジフニには心の葛藤があったのですね。
そしてやっぱり辛い出来事もありました。
この記事を読んで涙が・・・。
でも本当に良く頑張りましたe-278

まだ残っている地方公演も無事成功しますようにv-421

ジフニ一人じゃないよ!
私たちも一緒に頑張っているんだからねv-363

嬉しい記事ですね

ぴあのさん、こんばんは~

ジフニの今日に至るまでの経緯を
客観的に書かれた記事は、胸を打ちました。

去年の3月までの活躍から、状況は一転し、
法的な裁きを受け、今年の入隊へ。
そして、思いの外 早く、「生命の航海」に
出演する機会を得た時の流れ。

>国のために俳優でない軍人で演技するだけ

やはり、芸能兵という思いではないですよね。
初心に帰っての活躍ですよね。

今後、ジフニへの真の評価が待っているんですね。
長い目で、期待したいと思いますe-267






久しぶりに~

ぴあのさん おはようございます

とっても嬉しい記事、お知らせくださってありがとうございます。

いつもですとどこかしら?な記事が殆んどですが
真実を客観的に、公正な目で見て書いてくれてるのが嬉しいですね。

国内で時間がかかっても少しずつでも、努力家でとてもまじめで
良いところが沢山あるジフニを受け入れて頂きたいです。

これからもこのような記事が増えるといいですね~^^

大切な期間

ぴあのさん、おはようございます♪
こちらこそ、いつも温かなお返事をありがとうございます。

初心に戻って一から始め、努力を続けているジフンさん、
ミュージカル「生命の航海」での姿は正にそのように感じます。
そんな姿が、たくさんの人に認められる事を願います。

活動ができなくなり、入隊され、その期間がつらいものに思えても、
この記事を読むとジフンさんにとって、大切な期間となっている事を感じます。

いい記事ですね♪

おはようございます

珍しく0時過ぎに訪問し、目にした記事に
胸いっぱいで朝を迎えました。

製作発表時、様々なとらえ方そしてUPされていた記事を見ましたが

今日のこの記事 あらためてジフニの心のうち
ジフニを見てくれている方の思いを感じ
胸がつまり、ぴあのさんの記事UPすぐには
ことばもありませんでした。

9月からの公演に向けて
休暇で一息ついたジフニの更なる前進に
嬉しい思いで拝見しましたe-53

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

有難く嬉しいです

ぴあのさんお出掛けですか
の中でUP読み涙が出て辛かったです。
ジフニの状況を理解しての記事、有難く嬉しかった…
又ジフニにチャンスを与え、私たちペンに喜びをくれた軍隊、中佐に
私たちペンは彼を応援し、ジフニは前をむき誠実に生きる事で未来は開けますよね
ジュンギ君と言う新しいチングも出来、韓流αで新たなペンも出来ました
来週から始まる地方公演、輝く姿を…

感動~!

ぴあのさん・・。

感動ですね。
ちゃんと、何倍も磨きがかかってv-353私達の前に帰って来てくれましたね~。
あの、ジフニが登場した時の、身震いした瞬間は決して忘れられません。

なんだかこれから、すごく心の奥底に響くような・・。
そんな演技が期待できそうな、嬉しい予感のする
記事でしたね。
除隊が本当に、待ち遠しいです!

嬉しいですね!!

e-416ヘンジャさん e-416 YUKIRさん e-416トマトさん e-416kanmiさん 
e-416mamaさん e-41615:41の鍵コメさん e-416さっちさん e-416MIYOKOさん

コメントどうもありがとうございました~~e-266
拍手の数が凄いです!
とても嬉しい記事ですよね!

>初心に帰って、表面より中がさらに丈夫な俳優に新たに出ようと思う。

是非とも、あまり急がずに長い目で見てほしいですね~~
それにしても、嬉しい記事でした~~v-398
sidetitleプロフィールsidetitle

ぴあの

Author:ぴあの
★韓国俳優「チュ・ジフン」さんを応援しています★

チュ・ジフンさんの記事や画像を中心に、韓国ドラマ、映画、芸能ニュース等もアップしています。

*当ブログで使用している画像、動画等の著作権は、出処である各サイト・出版元にあります。
不適切なコメント及び悪質なコメントは、管理人の判断で削除させて頂きますのでご了承ください。

♥チュ・ジフン出演作品~放送中&放送予定(随時更新)

☆WOWWOW
映画「私は王である」
5/12(月)午後9:00~

☆KNTV
「メディカルトップチーム」
5月17日(土)からスタート!
毎週(土・日) 午後10:00~午後11:15
再放送毎週(月・火) 午後2:05~午後3:15

☆BS-TBS(吹替版)
「蒼のピアニスト」
毎週日曜日 午前10:00~10:54(放送中)

☆TBSチャンネル
「蒼のピアニスト」(完全版)
4月17日(木)からスタート!
毎週(月)-(金)午後5:50~午後8:10[2話ずつ]
※4/24(木)は午後7:00~午後8:10[1話]
※4/28(月),4/29(火),4/30(水)は休止

☆ホームドラマチャンネル
「宮 Love in Palace」
5月12日(月)スタート!
毎週(月)午後2時14:00~15:15

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ランキングに参加しています!1日1回ポチっとお願いします!(^-^)b

FC2Blog Ranking

sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle韓流タウンsidetitle
韓流タウンさんで「第3期ベストブロガー」として紹介していただきました♪
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle