スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vol.2 ― 放送終了「神の贈り物」イ・ボヨン&チョ・スンウ、忘れられない熱演に“大きな反響”

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。

b8d.jpg

SBS月火ドラマ「神の贈り物-14日」(脚本:チェ・ラン、演出:イ・ドンフン、以下「神の贈り物」)が22日第16話を最後に終了した。ハン・セッピョル(キム・ユビン)は母親キム・スヒョン(イ・ボヨン)のところに戻り、キ・ドンホ(チョン・ウンピョ)は釈放された。しかしキ・ドンチャンの行方は分からない、開かれた結末を迎えた。

イ・ボヨンとチョ・スンウの活躍は「神の贈り物」で明らかに際立っていた。最初は二人の組み合わせは似合わないと思われた。しかし二人は完璧な息と全力を尽くす熱演で視聴者から賛辞を受けた。

イ・ボヨン、演技変身に成功

イ・ボヨンが演じたキム・スヒョンはハン・セッピョルの母親だ。娘が誘拐され亡くなるという事件を経験した後、14日前にタイムワープし、誘拐された娘を救うために奮闘する人物だ。最初は堂々とした“ワーキングママ”の一面を見せたが、その後、娘を守るためならどんなことでも辞さない強い母親に変わっていった。

キム・スヒョンは涙で訴えたり、強く叫びながら娘を守ろうと努力した。数多くの難関にも、恐れないキム・スヒョンの眼差しや行動、セリフはお茶の間に涙を誘った。

何よりイ・ボヨンはキム・スヒョンに入り込み、「神の贈り物」の第1話から好評を受けた。殴られたり、走ったり、転がったりする姿をリアルに演じただけでなく、多様な深い感情を全身で表現し、視聴者をドラマへ夢中にさせた。イ・ボヨンが見せてくれた切なる母性愛も抜群だった。前作のスタイルも大胆に捨て、生涯初の母親演技を見事にこなしたのだ。

b8d.jpg
写真=SBS 「神の贈り物」スクリーンショット

チョ・スンウ、味のある魅力的な演技

チョ・スンウは興信所「聞かないでサポーターズ」の代表理事キ・ドンチャンに扮し、熱演を披露した。キ・ドンチャンは10年前の事件によって家族と縁を切り、チンピラのように生きている人物だ。法や正義とは程遠いような生き方をしていたが、段々と変化していった。

キ・ドンチャンはキム・スヒョンを助けながらその真価をきちんと発揮した。元伝説の強力系刑事だった“勘”を生かし、犯人追跡に大きな力となった。また、危機に陥ったキム・スヒョンを救う時も大きな役割を果たした。一時はハン・セッピョルを拉致した容疑者の一人として挙げられ、ドラマに緊張感を高めたこともあった。

特にチョ・スンウはリアルな訛の演技でキ・ドンチャンを深みのあるキャラクターに仕上げた。白々しいいたずらから申し訳ない気持ちで嗚咽する演技まで、両極端な感情演技を完璧に披露した。それほどチョ・スンウはキ・ドンチャンのキャラクターに完全になりきり、ドラマの流れを引っ張った。イ・ボヨン、シン・グ、チョン・ウンピョ、キム・ユビン、アン・セハなどとの共演も素晴らしかった。ひとつのキャラクターの魅力を最大限に引き出したのだ。

b8d.jpg
写真=SBS 「神の贈り物」スクリーンショット

イ・ボヨンとチョ・スンウは「神の贈り物」を通じて視聴者の心を捕まえた。二人が協力して事件の真実に近づく時、ハラハラとさせられた。刻々と変化する関係の中で緊張感を与えたからである。重々しい雰囲気の中でも時々笑いを届けながら様々な見どころも提供した。

ネット上の様々なドラマの掲示板にはイ・ボヨンとチョ・スンウの熱演を評価する書き込みが続いた。二人が「神の贈り物」をより輝かせたのだ。「神の贈り物」は終わったが、イ・ボヨンとチョ・スンウは視聴者の記憶に残った。

「神の贈り物」の後番組は、イ・ジョンソク、パク・ヘジン主演の「ドクター異邦人」(脚本:パク・ジヌ、演出:チン・ヒョク)が5月5日に韓国で初放送される予定だ。

TVREPORT


私も、二人の演技には、毎回引き込まれました~~


コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ぴあの

Author:ぴあの
★韓国俳優「チュ・ジフン」さんを応援しています★

チュ・ジフンさんの記事や画像を中心に、韓国ドラマ、映画、芸能ニュース等もアップしています。

*当ブログで使用している画像、動画等の著作権は、出処である各サイト・出版元にあります。
不適切なコメント及び悪質なコメントは、管理人の判断で削除させて頂きますのでご了承ください。

♥チュ・ジフン出演作品~放送中&放送予定(随時更新)

☆WOWWOW
映画「私は王である」
5/12(月)午後9:00~

☆KNTV
「メディカルトップチーム」
5月17日(土)からスタート!
毎週(土・日) 午後10:00~午後11:15
再放送毎週(月・火) 午後2:05~午後3:15

☆BS-TBS(吹替版)
「蒼のピアニスト」
毎週日曜日 午前10:00~10:54(放送中)

☆TBSチャンネル
「蒼のピアニスト」(完全版)
4月17日(木)からスタート!
毎週(月)-(金)午後5:50~午後8:10[2話ずつ]
※4/24(木)は午後7:00~午後8:10[1話]
※4/28(月),4/29(火),4/30(水)は休止

☆ホームドラマチャンネル
「宮 Love in Palace」
5月12日(月)スタート!
毎週(月)午後2時14:00~15:15

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ランキングに参加しています!1日1回ポチっとお願いします!(^-^)b

FC2Blog Ranking

sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle韓流タウンsidetitle
韓流タウンさんで「第3期ベストブロガー」として紹介していただきました♪
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。