スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「逆鱗 」「標的」韓国映画反撃、4月から始めたが、①

元記事は こちら


1_EQEFDJLO_20140413122653b1c.jpg

ハリウッド映画に息を殺した韓国映画が、春を迎えて一大反撃に出る。

2014年1月から3月まで韓国映画は、ハリウッド映画の攻勢にマックができない詰まらせる。 今年第1四半期の韓国映画シェアは49.1%。 第1四半期の韓国映画のシェアが50%以下になったのは2010年以来、4年ぶりだ。

「怪しい彼女」以外にセーブした韓国映画がないうえ、「冬の王国」'300:帝国の復活」「キャプテン·アメリカ:ウィンターソルジャー」などのハリウッド映画が相次いで興行に成功したから。

しかし、4月末から韓国映画反撃が次々と予告されている。 10日チョン·ジェヨン主演の映画「さまよう刃」とチャン·ヒョク主演「可視」がお目見えすることに続き、30日ヒョンビン主演の「ラッフル」とリュ·スンリョン主演の「ターゲット」が並んで封切りする。

特に「ラッフル」は、積極的なマーケティングに力づけられて封切り3週前から前売りを実施し、10日午前9時映画振興委員会基準14.2%で全体前売り率2位を記録している。 通常通常の映画が封切り一週間で3日も前から前売りを実施することを考慮すると、「ラッフル」の投資配給会社(ロッテエンターテインメント)期待が相当であることを知ることができる。

「ラッフル」は、朝鮮正祖時代を背景に、王と王を暗殺しようとする人々の話を描いた映画。 ヒョンビンが除隊後復帰作で選択し、「ベートーベン·ウイルス」イ·ジェギュPDが初の映画演出作である。 「ラッフル」は、50億ウォン近いマーケティング費用を投入している。

「ラッフル」がこのように積極的に乗り出した理由は、4月30日激突で勝機をとらなければ、5月の第二週のゴールデンウィークに良い成果を出すことができるから。 週進んだ4月23日ハリウッドブロックバスター「アメイジング·スパイダーマン2」が公開するところに、同じ日に封切りする 'ターゲット'との競争にも勝利しなければならないという戦略である。

「ターゲット」は、キラーが自分を助けてくれた医師の妻が拉致されるように力を集めるという内容のアクション映画。 リュ·スンニョンが'7番の部屋のギフト」以来、映画界大勢に呼ばれた後、最初選んだ映画だ。 それだけ、それに対する依存度が高い。

「ラッフル」と「目標」は、一週間前に公開される「アメイジング·スパイダーマン2」と激突しながら熾烈な首位争いを繰り広げるものとみられる。 1,2等はあっても3等はない映画興行属性上、韓国映画同士アグィダツムも予想される。

5月には、すでにソン·スンホンの露出演技で話題をかっている「人間中毒」が待機中だ。 「淫乱書生」「我がまま」キム·テウ監督がメガホンを取った18金のメロー映画だ。 ベトナム戦争のさなか、1960年代末に軍官舎での負荷の妻と恋に落ちる既婚男性将校の話だ。

5月には「ゴジラ」(5月15日)、「X-メン:デイズ·オブ·フューチャーファースト」(5月22日)など、したたかなハリウッドブロックバスターが待機中である。 大人の観客対象である「人間中毒」とは客層が違うことである。 それでも容易ではない戦いになりそうだ。

6月にはチャン·ドンゴン主演の映画「泣く男」、7月には「最終兵器弓」キム·ハンミン監督の「鳴梁:竜巻海」、カン·ドンウォン、ハ·ジョンウ主演の「島」などが刀を研いでいる。 この映画だけではない。 「良い友達」、「海賊」、「国際市場」など骨太な韓国映画が7〜8月最盛期をおいて気づいた作戦が熾烈である。

今年の韓国映画期待作も、それぞれ最盛期を狙って韓国映画同士激突したり、週差で開封するという点が特徴である。 過去の韓国映画同士の争いを避け、2週間隔で封切りした姿はオガンデない。 それだけ競争が激しくなったという意味である。

この期間にもハリウッド映画は威勢が相当である。 「トランスフォーマー4」(6月26日)、トムクルー州主演SF映画「エッジ·オブ·トゥモロー」、「猿の惑星:反撃の序幕」(7月17日)、「ヒックとドラゴン2」など期待作が並んでいる。

さすがに韓国映画が4月から反撃に出て、ハリウッド映画と競合するかどうか、熾烈な競争に自重知覧に陥るのか、見守ることだ。

スターニュース


チソンゲルに書かれていた記事ですが、公開は”下半期”とばかり
思っていたので、ちょっとビックリです。
Jugalにも、書かれていましたね!


コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ぴあの

Author:ぴあの
★韓国俳優「チュ・ジフン」さんを応援しています★

チュ・ジフンさんの記事や画像を中心に、韓国ドラマ、映画、芸能ニュース等もアップしています。

*当ブログで使用している画像、動画等の著作権は、出処である各サイト・出版元にあります。
不適切なコメント及び悪質なコメントは、管理人の判断で削除させて頂きますのでご了承ください。

♥チュ・ジフン出演作品~放送中&放送予定(随時更新)

☆WOWWOW
映画「私は王である」
5/12(月)午後9:00~

☆KNTV
「メディカルトップチーム」
5月17日(土)からスタート!
毎週(土・日) 午後10:00~午後11:15
再放送毎週(月・火) 午後2:05~午後3:15

☆BS-TBS(吹替版)
「蒼のピアニスト」
毎週日曜日 午前10:00~10:54(放送中)

☆TBSチャンネル
「蒼のピアニスト」(完全版)
4月17日(木)からスタート!
毎週(月)-(金)午後5:50~午後8:10[2話ずつ]
※4/24(木)は午後7:00~午後8:10[1話]
※4/28(月),4/29(火),4/30(水)は休止

☆ホームドラマチャンネル
「宮 Love in Palace」
5月12日(月)スタート!
毎週(月)午後2時14:00~15:15

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ランキングに参加しています!1日1回ポチっとお願いします!(^-^)b

FC2Blog Ranking

sidetitleカレンダーsidetitle
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle韓流タウンsidetitle
韓流タウンさんで「第3期ベストブロガー」として紹介していただきました♪
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。