スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「おバカ」ヒロインがハマリ役のチョン・ジヒョン


14年ぶりテレビドラマ『星から来たあなた』
「天然発言」乱発でコミカルな演技
第5話で視聴率22%突破


6a_20140110213927751.jpg

6a_20140110213927751.jpg

 「ねぇみんなぁ~! なんかガーリック(ニンニク)ピザからニンニクのにおいがするんだけどぉ…私だけかしら?」というヒロイン。シワ一つないツルツルの脳みその持ち主(?)なのか、ソウル・漢江の遊覧船に乗ると「水辺に来たらユムシをつまみに焼酎を一杯やるものじゃない?」と舌なめずり。引っ越した当日、エレベーターに同乗した隣の家の男(キム・スヒョン)をストーカーと勘違いして「そうよ。私、チョン・ソンイよ。あなたいつからか私をストーキングしているの?」…。目玉をギョロリとさせてそう言い放つのはSBS水木ドラマ『星から来たあなた』でヒロインを演じている女優チョン・ジヒョン(32)だ。

■ぶっ壊れた方がキュート

 SBS『ハッピー・トゥギャザー』以来14年ぶりにテレビドラマに復帰しただけに、これまでのブランクを埋めるかのように攻めの姿勢でイメージを壊そうとしている。チョン・ジヒョン演じるヒロインのチョン・ソンイは韓国のトップ女優だが、お下劣発言を乱発して「天然ぶり」を発揮するという設定だ。この「猟奇的」な女優のおかげで視聴率は第4話で20%(ニールセン・コリア調べ、全国世帯基準)を上回り、1日の放送では視聴率22%を突破した。先月16日のドラマ記者懇談会では「これまでとはだいぶ違う役だが、できるという自信も余裕もあった。私に向けられる視線が変わったことで、自分自身も変化した。そして、そこから自信が生まれた。成長し、ちょうどそういう時期に結婚もして、いろいろな変化を経て『私は大人になった』とあらためて自覚した」と語った。だから、今は「(自分の)カラーを表に出していく時期」だという。大手広告代理店「第一企画」のイ・ユシン・グループ長は「2012年冬に冷蔵庫のCM撮影で8年ぶりにチョン・ジヒョンさんに会った。結婚前はポンポンはじけるようなイメージだったが、結婚したためか表情や行動から円熟味が感じられた」と話す。今年10月には33歳。変身への第一歩だ。

■「演技力不足」「CM女優」と言われ続けた

 1997年、16歳のときにファッション誌「Ecole」の表紙モデルから芸能界デビューしたが、すでにソウル・真善女子高在学中からその美ぼうで有名だった。チョン・ジヒョンの恩師は「キラキラ輝いていた。職員室にファンレターが山積みになり、よその学校の男子生徒たちが正門に押し寄せてきた」と語ったほどだ。そして映画『猟奇的な彼女』(2001年)で一気にトップスターになる。それからというもの、数多くのCMに出演したが、映画やドラマのヒット作には恵まれなかった。そこでついて回った修飾語が「演技力不足」だ。人形のような容姿がかえって「あだ」となり、出演作よりも「エラスチン・シャンプー」できらめく髪がシンボルになっていった。09年5月、チョン・ジヒョンは本紙のインタビューに「よく演技力不足だとか、CM女優だとか言われる。焦ったこともあるが『私は女優だから、わざわざ焦る必要はない』と気付いた。結局私はちゃんとできるだろうし、いいところを見せられるだろうから」と答えている。その自信が現実のものとなったのは昨年のことだ。約1300万人を動員した映画『10人の泥棒たち』でセクシーだが毒舌の持ち主である泥棒「イェニコール」を演じ「単にきれいなだけのCMモデル」というイメージを一掃した。同映画を手掛けたチェ・ドンフン監督は「チョン・ジヒョンはルックスばかり話題になって演技力が過小評価されている。コミカルな演技ほど高度な演技力が必要だが、ルックスに恵まれている上に天然っぽい演技が見せられる女優として初めてクローズアップされたのがチョン・ジヒョン」と語った。そして昨年12月、今回のドラマで、おばかだがキュートで憎めない「女優チョン・ソンイ」になった。

■トップ女優が演じるトップ女優「チョン・ソンイ=チョン・ジヒョン」?

 チョン・ジヒョンは「チョン・ソンイは私そっくり」と語った。だから、チョン・ジヒョンの演技に対し「これは演技でない」と評する人もいる。チョン・ソンイを「チョン・ジヒョン化」させたということだ。演技指導者のアン・ジウン氏(36)は「誰でも自分によく似合う『服(役)』がある。チョン・ジヒョンの場合はそれが『猟奇的な彼女』で見せた自由奔放なヒロインの役だ。他人に束縛されるのを嫌い、他人の顔色をうかがわない本来の性格が役に反映されると、一番光輝く。役に入り込む『メソッド演技法』(役の内面を重視し、追体験する演技法)を得意とする俳優がいる一方で、役を自分の方に引き込む俳優もいる。チョン・ジヒョンは後者のタイプだ」と説明した。

朝鮮日報日本語版  


9話まで観ましたが、私も、どんどんチョン・ソンイの魅力に嵌りそうです。
おバカぶりが憎めなくて、本当に可愛いです~~


コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ぴあの

Author:ぴあの
★韓国俳優「チュ・ジフン」さんを応援しています★

チュ・ジフンさんの記事や画像を中心に、韓国ドラマ、映画、芸能ニュース等もアップしています。

*当ブログで使用している画像、動画等の著作権は、出処である各サイト・出版元にあります。
不適切なコメント及び悪質なコメントは、管理人の判断で削除させて頂きますのでご了承ください。

♥チュ・ジフン出演作品~放送中&放送予定(随時更新)

☆WOWWOW
映画「私は王である」
5/12(月)午後9:00~

☆KNTV
「メディカルトップチーム」
5月17日(土)からスタート!
毎週(土・日) 午後10:00~午後11:15
再放送毎週(月・火) 午後2:05~午後3:15

☆BS-TBS(吹替版)
「蒼のピアニスト」
毎週日曜日 午前10:00~10:54(放送中)

☆TBSチャンネル
「蒼のピアニスト」(完全版)
4月17日(木)からスタート!
毎週(月)-(金)午後5:50~午後8:10[2話ずつ]
※4/24(木)は午後7:00~午後8:10[1話]
※4/28(月),4/29(火),4/30(水)は休止

☆ホームドラマチャンネル
「宮 Love in Palace」
5月12日(月)スタート!
毎週(月)午後2時14:00~15:15

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ランキングに参加しています!1日1回ポチっとお願いします!(^-^)b

FC2Blog Ranking

sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle韓流タウンsidetitle
韓流タウンさんで「第3期ベストブロガー」として紹介していただきました♪
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。