スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'メディカルトップチーム'国内最高医療協進ドリームチームで浮上…意味深い余韻残した

060_1024_201311261725582ab.jpg

MBC水木ドラマ「メディカルトップチーム」がハッピーエンドで熱いピリオドを打った。

過去20回を通じて、病院内の派閥や利権に左右されない「トップチーム」に成長させるのに苦労してきた「メディカルトップチーム '。 これまでヘス(キム·ヨンエ)とテヒョン(チョン·ノミン)の権力戦争に揺れて軌道修正がされたトップチームは、チームメンバーの相次ぐ脱退と解散宣告を受けて危機を迎えたが、認知症の判定を受けたヘスの最後の一枚により、葛藤の幕を下ろした。

再び集まったトップチームが活発に研究を進めて、より良い医療システムの悩みを分かち合う姿は、過去の逆境を乗り越え、より強固になった国内最高の医療協診ドリームチームとしての飛翔を発表した。 痛恨の成長痛を経験したがチーム員たちによって治療されて成長できた」メディカルトップチーム」の幸せな結末は視聴者たちにも明るい余韻を残した。

▲名不虚伝チームワーク、一緒なのでより一層光った

国内初の協同診療チームとして発足を発表したトップチームは一緒だったので、さらに大きなシナジー効果を発揮することができた。 他の医療ドラマでは説明しなかったまれな疾患と難治性疾患を扱い、各分野の専門医が協調を発揮し出した成果は、より爽快な感動をプレゼントすることができたこと。 何よりも、様々な個性と魅力が集結されたキャラクターたちの饗宴は、これらの調和を、新鮮でも興味深く描き出して視聴者たちに多彩な楽しさを抱かれた。 特に、葛藤と混乱を経験していき、お互いを介して治癒を受けて、医師として、個人として成長していくトップチームの姿は、これらの名不虚伝チームワークから始まった最も大きい受恵であった。

▲生死、極限の岐路でも引き立って見えた俳優たちの好演

病院という背景で起こる緊迫した状況はもちろん、胸震えるロマンスと血の権力戦争まで、ドラマをさらに豊かにメイドしていた一等功臣は、俳優たちの好演だった。 虐待を受けた子供の頃のクォン·サンウ(バクテシン役)のトラウマ、女医としてのどっしりとしたカリスマを見せたチョン·リョウォン(ソジュヨウン役)、母の死亡に崩れたチュ·ジフン(ハンスンジェ役)の嗚咽などのキャラクターに完全没入した俳優たちの繊細な感情熱演は、視聴者の没入を最大化させて良い反応を得た。 何よりも、初恋を失い、涙をこぼして失意に陥ったミンホ(ギムソンオ役)の演技は、俳優として著しい成長が目立っだっ好評を受けてお茶の間を熱くした。

▲お茶の間に投げるの協診医療システムの話題

「メディカルトップチーム」の目的は、希少疾患の征服にあった。 劇中トップチームはグァンヒェ大学病院の全面的な支援を受けて華やかにスタートした経営、財務などの現実的な難関にぶつかって、より良い医療界の発展のための民営化の話題が投げられた。 現実的にも協力診療プロセスが増大しているだけに、トップチームの意味は、今日の医療の現実に多くの疑問符を抱かれた。 国主導のもと、医療システムでは限界にぶつかった発展性を提起し、民営化されたシステムが、より良い今日の医療サービスの可能性を開くことになるだろうと主張する勢力と、それに反旗をお気に入りのキャラクターたちの葛藤は、視聴者にも様々な公論の種となった。

このように、病院内の医師たちの成長、愛を扱った人物の欲望と現実のはもちろん、ブラウン管を熱くする、社会性を盛り込んでいた「メディカルトップチーム」のハッピーエンドはよりよい私達の未来を事前に占って見るような妙なときめきを加えた。 患者のために熾烈な死闘を繰り広げたトップチームの最後の手術は本格的に繰り広げられることになる彼らの旅に期待を乗せる。

写真= MBC

スポーツワールド


コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ぴあの

Author:ぴあの
★韓国俳優「チュ・ジフン」さんを応援しています★

チュ・ジフンさんの記事や画像を中心に、韓国ドラマ、映画、芸能ニュース等もアップしています。

*当ブログで使用している画像、動画等の著作権は、出処である各サイト・出版元にあります。
不適切なコメント及び悪質なコメントは、管理人の判断で削除させて頂きますのでご了承ください。

♥チュ・ジフン出演作品~放送中&放送予定(随時更新)

☆WOWWOW
映画「私は王である」
5/12(月)午後9:00~

☆KNTV
「メディカルトップチーム」
5月17日(土)からスタート!
毎週(土・日) 午後10:00~午後11:15
再放送毎週(月・火) 午後2:05~午後3:15

☆BS-TBS(吹替版)
「蒼のピアニスト」
毎週日曜日 午前10:00~10:54(放送中)

☆TBSチャンネル
「蒼のピアニスト」(完全版)
4月17日(木)からスタート!
毎週(月)-(金)午後5:50~午後8:10[2話ずつ]
※4/24(木)は午後7:00~午後8:10[1話]
※4/28(月),4/29(火),4/30(水)は休止

☆ホームドラマチャンネル
「宮 Love in Palace」
5月12日(月)スタート!
毎週(月)午後2時14:00~15:15

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ランキングに参加しています!1日1回ポチっとお願いします!(^-^)b

FC2Blog Ranking

sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle韓流タウンsidetitle
韓流タウンさんで「第3期ベストブロガー」として紹介していただきました♪
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。