FC2ブログ

シンクロ率100%? 同じ人なの!

27c_20120624173905.jpg
27c_20120624173905.jpg
27c_20120624173905.jpg

■忠武路(チュンムロ)'1人2役'熱風

忠武路(チュンムロ)が'1人2役'と愛に陥った。 '1人2役'はある作品で同じ顔でそれぞれ違った二つの人物は演技しなければならないだけに高度な演技力を要する。 十分良く知られた俳優らの容貌変奏だけでは観客らのモール入道を高めることができないため。 よく消化して出した場合には比較的簡単に演技力を認められることができるが、曖昧だったりオーバーなった延期(煙、演技)変化はキャラクターに紛らわしいということだけ惹起させることができる。 それだけ俳優にはもろ刃の刃物と同じだ。 今年の下半期演技力と話題性を整えた俳優3人が'1人2役'で観客らに会う。 これらの面々を調べた。

毒殺危機光海君とにせ物王なった曰牌
センター前逆ハン・ヒョジュと成し遂げることはできない愛
■ '鉱害、王になった男'イ・ビョンホン

ハリウッドの神聖になった俳優イ・ビョンホン. 彼が2年ぶりに選択した国内復帰作は映画'鉱害、王になった男'(監督チュ・チャンミン・製作リアライズピクチャース・以下鉱害)だ。 イ・ビョンホンは劇中毒殺危機に置かれた光海君とにせ物超役割をすることになった通り(距離)のあばずれ下船など1人2役を演技する。

'鉱害'は実録から消えた15日間の話を扱ったファクション史劇だ。 '鉱害'の時点は実際王光海君でない、王になった男下船にある。 下船が意図しなく王になった後国家を統治する難しい状況を直面して苦悩しながら真の王に成っていく過程を描き出したこと。 身分が急激に変わって儀式主義変化で体験することになる文化衝撃に関するエピソードはややもすると重いこともある映画に活躍素を提供する。

その間多数の作品でカリスマあふれる演技を披露してきたイ・ビョンホンのコミックらしい姿も長引いたぶりに会えるようだ。 それだけでなくセンター前駅のハン・ヒョジュと成し遂げることはできない切ないメローラインは劇の面白みを増す予定だ。 今年秋夕(チュソク)封切り.

倒れて目覚めると跡継ぎになった奴婢
民人生体験して星群になったチュンニョン
■ '私は王である'チュ・ジフン

俳優チュ・ジフンも軍除隊後1人2役に戻った。 チュ・ジフンは映画'私は王である'(監督チャン・キュソン・製作テイジエントテインモントゥ以下私は王)で跡継ぎチュンニョンとチュンニョンがなった奴婢トクチルでくやしい。

酒色雑技に陥っている壮者の代わりをして跡継ぎになった小心なチュンニョンは王にならないために宮を脱出する。 逆賊に引きずられて行った主人の家お嬢さんを救いに来た多血質奴婢トクチルは気を失って倒れて起きてみると跡継ぎになっている。

王と賎民の'身分変化'という似た素材の映画'鉱害'との差異点は主要時点が跡継ぎのチュンニョンにあるということ。 道路に出てきたチュンニョンは国民らの生活を一生懸命体験することになって星群世宗大王(セジョンデワン)の面目を保つことになる。

'私は王'はコメディというジャンルに忠実に身分が変わった二人状況をコミカルに描き出す。 その中でチュ・ジフンは性格と語り口行動が正反対の二つのキャラクターを完ぺきに近く消化したという後門(後聞)だ。 ペク・ユンシク、キム・スロ、イム・ウォニ、ピョン・ヒボン、パク・ヨンギュなど有名な俳優らとのコミック アンサンブルは期待感を加える。 今年の下半期封切り.


180度異なる二人の女子中学生延期(煙、演技)
キム・ユンジンも嫉妬出す程完ぺきに消化
■ '隣の人'キム間では

韓国のダコタパンニング、最年少(?) 演技派俳優キム鳥論も'1人2役'に挑戦する。 カンフルの同名人気ウェプトゥンを原作にした映画'隣の人'(監督キム・フィ・製作ヌリピクチャース)で殺害された202号ヨソンと殺人魔の新しい標的になった303号愁然を同時に演技した。

連続殺人犯が同じマンションに住んでいるという設定で始まった'隣の人'はある少女が殺害された後次の少女の死を防ぐために広がる隣の人間の対決を扱う。 劇中事件の発端と目的になる役割のキム鳥論は死を控えて恐怖に捕われたヨソンと親切で明るい愁然など180度異なる二人の女子中学生の姿を年齢にふさわしくない円熟した演技力に表現したと伝えられる。

キム鳥論は'1人2役'延期(煙、演技)に対して"一日に二人を交代してすることが大変だった"と苦衷を打ち明けることもした。 だが、彼の演技を見守ったママ駅のキム・ユンジンとチャン・ヨンナムは"キム鳥論の瞬間モール入道に嫉妬心が出るほどであった"と話して期待感を増幅させた。 来月19日封切り.

スポーツ韓国より



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ぴあの

Author:ぴあの
★韓国俳優「チュ・ジフン」さんを応援しています★

チュ・ジフンさんの記事や画像を中心に、韓国ドラマ、映画、芸能ニュース等もアップしています。

*当ブログで使用している画像、動画等の著作権は、出処である各サイト・出版元にあります。
不適切なコメント及び悪質なコメントは、管理人の判断で削除させて頂きますのでご了承ください。

♥チュ・ジフン出演作品~放送中&放送予定(随時更新)

☆WOWWOW
映画「私は王である」
5/12(月)午後9:00~

☆KNTV
「メディカルトップチーム」
5月17日(土)からスタート!
毎週(土・日) 午後10:00~午後11:15
再放送毎週(月・火) 午後2:05~午後3:15

☆BS-TBS(吹替版)
「蒼のピアニスト」
毎週日曜日 午前10:00~10:54(放送中)

☆TBSチャンネル
「蒼のピアニスト」(完全版)
4月17日(木)からスタート!
毎週(月)-(金)午後5:50~午後8:10[2話ずつ]
※4/24(木)は午後7:00~午後8:10[1話]
※4/28(月),4/29(火),4/30(水)は休止

☆ホームドラマチャンネル
「宮 Love in Palace」
5月12日(月)スタート!
毎週(月)午後2時14:00~15:15

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ランキングに参加しています!1日1回ポチっとお願いします!(^-^)b

FC2Blog Ranking

sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle韓流タウンsidetitle
韓流タウンさんで「第3期ベストブロガー」として紹介していただきました♪
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle