FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「メディカルトップチーム」第5話~予告動画♪




MBCdoramaより





スポンサーサイト

「メディカルトップチーム」第4話~ハイライト映像(MBC)~追加

[HOT]メディカルトップチーム4回 - クォン·サンウ、チョン·リョウォンにプロポーズ?クォン·サンウ式狂気の提案




[HOT]メディカルトップチーム4回 - シャイニーミノ、オ・ヨンス横から苦情?独り言もかわいい




[HOT]メディカルトップチーム4回 - 最初の手術大成功!クォン·サンウ、チョン·リョウォンの幻想呼吸!




[HOT]メディカルトップチーム4回 - クォン·サンウの代替過去に何が?あらわれる真実




[HOT]メディカルトップチーム4回 - バラに隠しておいたのでは?クォン·サンウ、チョン·リョウォンピックアップすることができますか?




[HOT]メディカルトップチーム4回 - "心臓、停止しました"メディカルトップチームの大ピンチ!




MBCdoramaより


「メディカルトップチーム」撮影現場写真~♪

b8b1.jpg


http://blog.naver.com/hshs212より


AMYさんのブログからお借りしました。ありがとうございます~~



"メディカルトップチーム 'チュ·ジフン、空の家族歴が明らかになった

b8b1.jpg

"メディカルトップチーム 'チュ·ジフンの空の家族歴が分かった。

10月17日放送されたMBC水木ドラマ 'メディカルトップチーム'(脚本ユンギョンア/演出キム·ドフンオヒョンジョン)4回でハンスンジェ(チュ·ジフン)はソジュヨウン(チョン·リョウォン)を父親であるグァンヒェグループ会長(イヅギョン分)に正式に導入させる場で実の母親ハンウンスク(キム·チョン分)と出くわした。

この日バクテシン、ソジュヨウンをはじめとするトップチームは細型グループの息子ソンボムジュン(パク·ジヌ分)の手術を成功的に終えた。 その後ハンスンジェはソジュヨウン、父親と一緒に夕食を用意した。

この時、ハンウンスクは、泥酔した状態でハンスンジェと夕食席に乱入してハンスンジェ、ソジュヨウンを当惑させた。 ハンウンスクはバクテシンの実の母親に彼の父親である会長との短い恋愛でハンスンジェを行った。

ハンウンスクは、自分の息子ハンスンジェが徹底的に立つ扱いを受けると痛いし、アルコール依存症に陥った状態。 バクテシンの父親はハンウンスクに "まだアルコール依存症のない修理しか"と打撲した。 これハンスンジェは暴動を張る実の母親キム·チョンを連れて私が自分の車に乗せて家に連れて行った。

ハンウンスクは車に乗って行く途中、 "私はあなたの医学部の勉強をさせのにどのくらいの桑が落ちた。盗難はすべてが見た年だよ私。子子勉強させてみると大変と試みるときナモルララ知らないふりをしたところ、これでちょっとよく私から奪って可視うと。とんでもなく。とんでもないと言って "と打ち明けた。

ハンスンジェは、キム·チョンのずさんは聞きたくないかのように音楽を振って音量を上げたまま、深い考えに沈んだ。(写真= MBC 'メディカルトップチーム'キャプチャ)

ニュースエン


突然のスンジェの母親の乱入は、驚きましたね~~


"メディカルトップチーム"陽気医師クォン·サンウ、過去の傷が明らかになっ '児童虐待'

b8b1.jpg

クォン·サンウの過去の傷が明らかになった。

17日夜放送されたMBC水木ドラマ 'メディカルトップチーム'(脚本ユンギョンア、演出キム·ドフン)4回でバクテシン(クォン·サンウ)は、グァンヒェ大学病院 "トップチーム"で初の手術を無事に終えて病院で実力を認められた。

しかし、患者を生かして気持ちの良いテシンの前に予想外のいくつかの存在が明らかになった。 病院内の入院した高齢者を見たテシンは全身をポプラの震えよう震え始めた。

テシンは暗かった過去を回想した。 彼は過去の高齢者に暴行を受けた経験があった。 過去の高齢者は行き来のない子供であるテシンを稼ぎに考え、国からの補助金を挙げ、テシンを虐待したとみられる。

一様に明るくて愉快な医師だとだけ思っていたテシンの過去の傷が水面上に浮上し、今後のテシンがこのトラウマを克服できるかどうか、その成り行きが注目される。

一方、この日ハンスンジェ(チュ·ジフン)はソジュヨウン(チョン·リョウォン)をグァンヒェグループ会長兼自分の父親であるイヅギョン(ギムソンギョム)に導入させ、両方の径は細型グループの問題を解決するようにしたジュヨンに感謝の気持ちを伝えた。

写真= MBC放送画面キャプチャー

テレビデイリー


「メディカルトップチーム」第4話~予告(あらすじ)♪

「韓国なんでもブログ」さんからお借りしています。


b8b1.jpg
b8b1.jpg

4話 「プロポーズします」

セヒョン・グループ御曹司の手術が、テサン(クォン・サンウさん)をはじめとする
「メディカルトップチーム」の初手術として始まる。

そして、「メディカルトップチーム」の発足式が行われるが、
胸部外科担当のジュヨン(チョン・リョウォンさん)は姿を現さない。

それについて、胸部外科長のヨンソプは満足の様子で、
ジュヨンを待っていたスンジェ(チュ・ジフンさん)は諦めるが…。


★4話 予告




「メディカルトップチーム」SHINee ミンホ、オ・ヨンソに視線固定…切ない眼差しに“ドキドキ”

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

MBC水木ドラマ「メディカルトップチーム」で、SHINee ミンホが切ない眼差しでオ・ヨンソを見つめ、気持ちを膨らませている。

16日に韓国で放送された「メディカルトップチーム」では、キム・ソンウ(ミンホ)のミスを被ろうとするチェ・アジン(オ・ヨンソ)の姿が描かれた。ソンウは自身の代わりに叱られるアジンに申し訳ない気持ちで、彼女の顔をじっと見つめた。また、弁当をもってアジンの自宅を訪れ、横顔を見つめた。

現在ソンウは、急いでいても余裕があっても常にアジンに視線を固定させ、思いを膨らませている。

この日アジンは、ソンウが眠ったため患者を世話できなかったミスのため、彼の代わりにソ・ジュヨン(チョン・リョウォン)にこっぴどく叱られた。遅れて駆けつけたソンウは「僕が眠ってこうなったとどうして言わなかったんだ」と怒った。これを受けアジンは「前回は私のために叱られたから、借りを返そうと思った。他人に迷惑かけるのは嫌なので」と一線を引いた。

この言葉にソンウは傷ついた。密かに恋してきた相手から引かれた彼は、「僕って他人なのか」と怒り、気を悪くした。

しかし、後でソンウは弁当を持ってアジンの自宅を訪れた。彼はぼさぼさヘアに歯ブラシを咥えたままドアを開けたアジンの姿を優しく見つめた。特に、アジンの横顔を切ない眼差しでみつめ、膨らむばかりの感情を表現した。

二人は冷気漂う「メディカルトップチーム」で、いつもいざこざしながら活気を吹き入れている。このような中で、互いに配慮しながらほのかにロマンスムードを出しているのだ。

「メディカルトップチーム」は、全ての人は医療の前に平等でなければならないと主張する主人公のテシン(クォン・サンウ)と、能力により差別化された医療サービスを受ける権利があると主張する人たちの対立を描く医学ドラマだ。「太陽を抱く月」のキム・ドフン監督と、「勉強の神」のユン・ギョンア脚本家がタッグを組んだ。

OSEN


「メディカルトップチーム」チュ・ジフン vs キム・ヨンエ、複雑で魅力的な伏兵たちの熱い戦い

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg
写真=MBC「メディカルトップチーム」スクリーンショット

MBC水木ドラマ「メディカルトップチーム」(脚本:ユン・ギョンア、演出:キム・ドフン)が急速にストーリーを展開している。一つのチームとして集まったが、それぞれ異なる目的を持つ医師たちの姿が興味をかき立てた。ある人は出世のために、ある人は患者の命を救うためにトップチームに合流した。同じチームだが考えや思惑の異なる医師たちは果たして無事にパートナーになれるのだろうか。

16日に韓国で放送された「メディカルトップチーム」第3話では、トップチームが正式に発足するシーンが描かれた。トップチームの成功に死活をかけた内科科長のハン・スンジェ(チュ・ジフン)は、命が危うい財閥の息子がVIP患者として入院すると、トップチームをPRするチャンスだと考え、すぐにトップチームのメンバーたちを招集した。

ハン・スンジェが財閥の息子をトップチームの第1号患者に選んだのは、自身の立場を固めるためだった。パク・テシン(クォン・サンウ)もハン・スンジェの呼び出しに応じたが、出世のためではなかった。彼は患者の命を救うという目標を優先した。しかし、ハン・スンジェはそうではなかった。彼は失敗を懸念する周りの反対を振り切って患者を手術台に上げた。

ハン・スンジェはトップチームがVIP患者の手術に成功すれば、自身の父親でありクァンヘ大学病院の院長であるイ・ドゥギョン(キム・ソンギョン)に認められると考えた。巨大な組織であるクァンヘ大学病院は、利害関係を巡る様々な派閥が形成されている状態で、ハン・スンジェは兄の妻であり、副院長であるシン・ヘス(キム・ヨンエ)を乗り越えなければならなかった。

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

この日の放送ではハン・スンジェとシン・ヘスの戦いが興味深く描かれた。一緒にトップチームを作ったが、二人の目的はまったく異なっていた。シン・ヘスはハン・スンジェが独断で第1号患者を選ぶと、彼の意見に対して同意せずに反対の作戦を繰り広げた。ハン・スンジェはシン・ヘスのすべての行動と言葉に敏感に反応しながら彼女の動きを探った。本格的な戦いが始まったのだ。

シン・ヘスもトップチームの成功に目をつけている。トップチームの成功を通じてロイヤル・メディカル・センターを建てようとしているからだ。ハン・スンジェもトップチームを通じて認められようと機会を狙っている。トップチームに向けた二人の思いは似ているが、その理由はまったく異なる。もう一人の主人公であるパク・テシンと完全に相反する目的を持つ二人であるために、競争の構図はさらに加熱していくものと予想される。

シン・ヘスとハン・スンジェは協力するふりをしながら毎日お互いのことを牽制し、監視している。病院でより大きな権力と地位を手に入れるために二人は激しい対決を繰り広げている。「メディカルトップチーム」が興味深い理由は、お互いに向けた刃を隠しながら、一歩も譲らない対決を繰り広げる二人の権力争いにある。

巧妙に相手を圧迫するキム・ヨンエと、冷たいカリスマ性で立ち向うチュ・ジフンの演技は、ドラマの中で対立するクォン・サンウとチョン・リョウォンよりもさらに激しく、複雑で魅力的だ。意外な伏兵が「メディカルトップチーム」を盛り上げている。

TVREPORT

「韓流ドラマが危機」 日本の業界関係者が懸念示す

「韓流ドラマ産業の従事者たちが危機感を感じている」――。

 韓国南東部の慶尚北道慶州市で17日に開催された「第8回アジアドラマカンファレンス」(主催:韓国文化産業交流財団)で、日本のテレビ業界関係者らは「韓流ドラマの危機」に懸念を示した。2003年、ペ・ヨンジュンとチェ・ジウ主演のドラマ「冬のソナタ」が日本で韓流ブームを巻き起こしてからちょうど10年がたち、「危機論」が浮上しているというわけだ。

 韓流ドラマの流通を手掛けるSPOの横田博取締役は「2011年下半期から、韓国ドラマの売上高が半期ごとに60%ずつ下落している。韓流市場の縮小が著しい」と説明した。

 SPOが流通を手掛けた代表的な韓流ドラマ3本「花より男子~Boys Over Flowers」「宮~Love in Palace」「シティーホール」のDVD販売枚数は、11年下半期が1万1700枚、昨年上半期が6800枚、同下半期が4000枚、今年上半期が2700枚と急激に落ち込んだ。韓流がピークに達した11年下半期に比べ、4分の1ほどに急減したことになる。

 また、同じ俳優が主演したドラマのDVD販売枚数を比較しても、11年に販売された「トキメキ☆成均館スキャンダル」が2万4000枚売れたのに対し、昨年の「ミス・リプリー」は約10分の1の2000枚にとどまった。

 横田氏は、昨年再燃した韓日の領土問題、ジャンルもののはんらん、韓流スターの出演料上昇に伴う販促活動の減少がDVD販売の落ち込みを招いたと指摘した。

 特に、ジャンルものが増えたことが韓流ドラマの危機につながっているとの見方は、韓国のテレビ業界関係者らを驚かせた。ジャンルものの増加は「韓国ドラマは恋愛ものばかり」という欠点を乗り越えた「発展」と受け止められてきたためだ。

 横田氏は、韓国ドラマのファンはラブストーリーを好むが、最近はラブストーリーがしっかり描かれた作品がなく、代わりに復讐(ふくしゅう)劇やアクション、サスペンスなどさまざまなジャンルものが制作されていると説明した。日本にはすでに多種多様なジャンルものがあふれているため、視聴者はあえて韓国のジャンルものを見る理由がないとの指摘だ。

 また、フジテレビグループ傘下のドラマ制作会社、バンエイトの中山和記社長も「日本では恋愛もののドラマが死滅に近い状態だが、韓国はまだ可能だ。韓国は儒教思想という道徳的な価値を持っているため、ラブストーリーをつくれる要素が多い」と、韓国の恋愛ものドラマの競争力に言及した。

 このほか、円安による日本のDVD制作会社の収益性悪化、韓流スターの出演料上昇による販促費用の削減などを韓国ドラマの危機の原因に挙げた。

 一方で、日本の出席者らは、韓国ドラマは依然として日本で力を発揮できる競争力を備えていると口をそろえた。

 韓国ドラマ「魔王」「美男<イケメン>ですね」のリメイク版を演出したTBSの高橋正尚プロデューサーは「韓国ドラマは非常に情熱的でありながらも繊細だ。創作者らの能力がずば抜けていると言わざるを得ない」と称賛した。

 また、横田氏は「アクションやサスペンスでもラブストーリーを前面に出し、日本の女性が憧れるようなイケメン俳優たちが出演すれば、日本市場を掌握できるだろう」とアドバイスした。

慶州聯合ニュース

朝鮮日報


「メディカルトップチーム」3話より~”チュ・ジフン” GIF (5)

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg


AMYさんからお借りしました。ありがとうございます~~


ポチっとしていただけると嬉しいです。

 

"メディカルトップチーム 'クォン·サンウ、チュ·ジフンのカリスマ対決目立った

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

新しい水木ドラマ 'メディカルトップチーム'のクォン·サンウとチュ·ジフンの演技対決が視聴者たちの人目を引いた。

16日放送されたMBC水木ドラマ 'メディカルトップチーム'はクォン·サンウ(バクテシン)がチュ·ジフン(ハンスンジェ)とトップチームの方向性を置いて微妙な神経戦を繰り広げ、今後の葛藤を予告した。

この日の放送では、太身と個性の強いトップチームの精鋭メンバーが一堂に会し、激しい神経戦が繰り広げられた。 また、グァンヒェ大学病院と密接に関連付けられているセヨングループの子ボムジュンが呼吸困難で入院をして、大きな手術を受けなければならない状況に劇的緊張感を高めた。

これグァンヒェ大学病院ではなく、米国の病院で手術をすると主張する細型グループのボムジュンをバクテシンはハンスンジェと説得しようとした。

特にバクテシンはハンスンジェが自分を前面に出してボムジュンの手術に対して強い意欲を燃やす姿に患者の状態が胃重してというよりもトップチームを対内外に知らせる広報性がないか疑う微妙な神経戦が視聴者たちの視線を捕らえた。

一方この日放送ではバクテシン、ソジュヨウンが共同執刀医になってソンボムジュンの手術をしたが、思わぬ危機に直面している姿が描かれて好奇心を増幅させた。

(写真提供= MBC放送画面キャプチャー)

韓国日報



第1話のあらすじが、↓に下がってしまったので・・・

あらすじ~1  あらすじ~2  あらすじ~3




"メディカルトップチーム 'キム·ギバン、シックな神経外科医で強烈な初登場

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

俳優キム·ギバンがMBC水木ドラマ 'メディカルトップチーム'(脚本ユンギョンア、演出キム·ドフン)のシックな神経外科医で初登場して視線をひきつけた。

16日夜放送された "メディカルトップチーム '3回では、神経外科の最高権威者として知られるチョンフンミン(キム·ギバン)がメディカルトップチームに参加するためにスーツを着てグァンヒェ大病院に入り、初登場した。

定フンミンは横断歩道の危険な状況を迎えたヨ·ミンジ(調達)の腰を握ってほつれぎりぎりに求めた。 続いて、 "歩行時の周りを見回してください"と叫んで普段のイメージと異なるシックな魅力を発散して強烈な印象を残した。

キム·ギバンはきれいに着飾ったスーツ姿で男性美を誇っており、患者の状態を一気に把握する姿から、既存のオリバリした姿を見られなかった。

キム·ギバンは "初登場シーンが初撮影シーンだった。イメージ変身をしなければならないという考えにとても緊張して撮影に臨んだ。他の姿をお見せするためにたくさん準備したので愛情を持って見守っていただきたい"と撮影所感を伝えた。

劇の新·スティラーの役割を忠実にこなす俳優キム·ギバンが、果たして今回の "メディカルトップチーム"では、どのような姿で視聴者たちに笑いと感動を抱かせることができるか帰趨が注目される。

写真= MBC放送画面キャプチャー

テレビデイリー


キム·ギバンさんは、もっと三枚目的に登場すると思ったら
結構キザな感じで、印象的な登場でした。面白くなりそうです。



「メディカルトップチーム」3話より~”チュ・ジフン” GIF (4)

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg


1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg


AMYさんからお借りしました。ありがとうございます~~


ポチっとしていただけると嬉しいです。

 

「メディカルトップチーム」3話より~”チュ・ジフン” GIF (3)

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg


AMYさんからお借りしました。ありがとうございます~~


「メディカルトップチーム」3話より~”チュ・ジフン”キャプチャー画像(3)


1280×

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg


AMYさんからお借りしました。ありがとうございます~~


ポチっとしていただけると嬉しいです。

 


「メディカルトップチーム」3話より~”チュ・ジフン” GIF (2)


1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg


1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg


AMYさんからお借りしました。ありがとうございます~~


ポチっとしていただけると嬉しいです。

 


「メディカルトップチーム」3話より~”チュ・ジフン”キャプチャー画像(2)


3000x650

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

1280×


1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg


AMYさんからお借りしました。ありがとうございます~~


ポチっとしていただけると嬉しいです。

 


「メディカルトップチーム」2話より~”チュ・ジフン”GIF(1)

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg


AMYさんからお借りしました。ありがとうございます~~


ポチっとしていただけると嬉しいです。

 


「メディカルトップチーム」3話より~”チュ・ジフン”キャプチャー画像(1)

1280×

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg


AMYさんからお借りしました。ありがとうございます~~


ポチっとしていただけると嬉しいです。

 

"メディカルトップチーム '、メンバー確定されている...進撃の発足式開催

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

国内初の医療協力診療ドリームチーム "メディカルトップチーム 'がいよいよ茶の間に出撃する。

17日放送されるMBC水木ミニシリーズ 'メディカルトップチーム' 4回では、 "トップチーム"のメンバーが公の場で紹介されているの発足式で最高を向けた大長征の第一歩を踏み出す予定だ。

放送に先立ち公開された写真には、チーム·メンバーの紹介のために単相の線トップチームの長ハンスンジェ(チュ·ジフン)を皮切りに、胸部外科専攻のチェアジン(オ·ヨンソ分)、ギムソンオ(ミンホ)をはじめ、ジョジュンヒョク(パク·ウォンサン分)、ベサンギュ(アレックス)、定訓民(キム·ギバン分)、ユヒェラン(イ·ヒジン分)などきれいにスーツを着たメンバーたちの悲壮な姿が注目を集めている。

しかし、そのどこにもバクテシン(クォン·サンウ)とソジュヨウン(チョン·リョウォン)の姿は見えなくて焦りを隠せないスンジェの姿が描かれる予定なので関心を醸し出している。 これ去る16日の放送でトップチームサポートを放棄するという意見を表明していたソ・ジュヨンと青の病院のためにスカウトを受け入れたレシンの行方に疑問が提起されていること。

"メディカルトップチーム 'の関係者は、"発足式で "トップチーム"の確定メンバが公開される予定 "としながら"空席で残った胸部外科座の所有者がジュヨンになるか、またはヨンソプ(アン·ネサン分)が主張したグミンファン教授になるのか見守っててくれ "と伝えた。

一方、本格的な "トップチーム"の出撃と一緒にテレビ劇場を振ることエキサイティングなストーリーを予告した "メディカルトップチーム 'は17日夜10時に放送される。

<写真> Aストーリー提供

OSEN



メディカルトップチームチュ·ジフン、スタイルを逃した2%不足しているプロ精神

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

水木ドラマ視聴率を見直してみましょう。 視聴率調査会社ニールセンコリアによれば16日放送されたドラマの中でKBS '秘密'が15.1%の視聴率を記録して1位を占めたし、SBS "相続人"が10.6%で2位、MBC "メディカルトップチーム 'この7.2%で最下位の座にとどまった。先週視聴率推移と大きく変わらない結果だ。

"メディカルトップチーム 'の初盤ラッシュが非常に困ります。陳腐な恋愛物の踏襲になるという予想に反して"秘密 "は、回を重ねるごとに視聴者たちを引っ張っていて、"相続人 "は、その後緊張感あるよう訴えている状況だここに "メディカルトップチーム 'は競争レースで大きく落ちた感じだ。"相続人 "との視聴率の差がそんなに私は便はないが、実際に感じるこの二つのドラマの格差は3%以上の大きさだ。

ゲームが終わったと断定するには、まだまだ長いあまりにも遠い。わずか3回を走ってきた時に過ぎない。追い越しと逆転はいつでも起こることができる。 "相続人"が意外に爆発的な反響を呼び起こさずにいるのが "メディカルトップチーム 'には、青信号になることもある。 "メディカルトップチーム"という作品自体だけを見ても逆転は決して不可能なことではない。

"グッドドクター"​​がちょうど放映終了された状況で、医学ドラマで新たにスタートするというのが "メディカルトップチーム 'にあっては大きな負担だっただろう。"グッドドクター "があまりにも人気が高かったドラマであったうえで、このような環境では、同じ素材のドラマをまた持って出てくるということに視聴者は食傷と疲労感を感じることができるからである。

幸いなことに "メディカルトップチーム 'は'グッドドクターと雰囲気を異にするために、ある程度の成功を示している。のような医療ドラマが、2作品がオーバーラップされることはほとんどない。各分野で最高の実力を持った医師がチームを行われ成功確率が希薄な手術を引き受け、それらを治療するという内容からは "グッドドクター"​​とは明確に異なっている。

俳優たちのラインナップや演技にも見劣りするのはない。クォン·サンウ、チュ·ジフン、チョン·リョウォン。 この三人の主人公の中で誰も不十分な演技力に不安なオーラを漂わない。前作を通って演技力を認められ、自分が引き受けたキャラクターをそれなり忠実にこなす才能を備えた俳優たちだと賞賛しても超えない。

助演俳優たちも心強く布陣されている。キム·ヨンエ、アン·ネサン、パク·ウォンサン、オ·ヨンソ、アレックスなど演技一つは、信頼性の高い中堅俳優たちと、安定感のある演技を見せてくれている若い俳優たちが適切にマッチして強固な雰囲気を作り出す。も子役俳優さえ天才演技力を持った移動願いをキャスティングして特別さを加えている。

クォン·サンウとチョン·リョウォンの演技はまだ無難である。医師ガウンが結構よく似合って、彼ら自身も医者らしい雰囲気を出すために気を使ったようだ。ク​​ォン·サンウは、発音の正確さにもっと気を使う姿だ。チョン·リョウォンも目つき一つ、言い方一つに異性を乗せて盛る。言ったときに後を軽く引い習慣を蹴るためにじっくりと努力しているところだ。

しかし、チュ·ジフンが少し残念だ。演技力で言えばクォン·サンウとチョン·リョウォンよりもいくつかの部分につきましては少し進んでいると見ることができる学ぶ。彼の口調は冷たく鋭く、簡潔である。その一方で、信頼性の高い合理的であり、どっしりとしている。野心に満ちた彼の目にも圧巻だ。しかし、一つを逃した。キャラクターにふさわしいスタイルには、あまり気にしなかったかと思う気がする。

チュ·ジフンのヘアスタイルは非常に洗練された。サイドの髪をほとんど押して頭上部の部分を育て戻る越えたスタイルです。若い世代に流行するヘアスタイルで、ファッショニスタと呼ばれるものにふさわしい官能的なヘアスタイルだが、 "メディカルトップチーム 'で彼が引き受けたハンスンジェ役にもふさわしいスタイルなのかを考えてみると首がかしげなる。

医師がこのようなヘアスタイルをしていけない理由はない。自分を飾ることを好む医師もたくさんあるでしょうが、ハンスンジェはまさにメディカルトップチームは、医師の中で最高の医師との席の者だ。これは最も医師のダウンロードイメージを持っているべき成長を意味してもよい。そのような面でハンスンジェはややぎこちなさを見せており、これを演技するチュ·ジフンが、頭からつま先まで医師として表現しなければならないことを少し見逃したではないかという疑問がする。

俳優がキャラクターに憑依があることは、彼の性格と彼の外見についても徹底的な分析を要するものである。そのためには彼の仕事を研究し、それに応じてスタイルもよく見なければならない。チョン·リョウォンは少しはもつれた髪を結んであげることで、オ·ヨンソは最初から髪を短く切ることでスタイルを変えた。キャラクターのためだ。これに対し、チュ·ジフンは、以前と変わらないスタイルを固守した。2%不足しているプロ精神が生んだスタイル部材ではないか? 彼の見事な演技力と同じくらいスタイルも整えていたらどんなに良かっただろうかという物足りなさが残る。


メディアス


「メディカルトップチーム」第3話(3)~あらすじ♪


「韓国なんでもブログ」さんからお借りしています。


1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg
1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

ヘソングループの御曹司のところに行き、テシンは、
「こうしている場合ではないです。早く検査と手術を受けないと」
と言うが、御曹司もその母も、病室から出て行くようにテシンたちに言う。

その後、病院の会長から呼び出され、スンジェは、
「必ずよい結果を出しますから、信じて任せてください」
と言うが、会長はダメだと一蹴する。

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg
1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

スンジェは、病院に戻ると、
「ヘソングループ御曹司の手術を成功させる自信はありますか?成功率は低いです。
もしうまくいかなければ、メディカルトップチームへの打撃も大きいです」
と言い、テシンは、
「ヘソングループとこの病院が密な関係にあるのは知っています。
私をこのチームに誘う時、患者を助けたいと言っていたスンジェ先生の気持ち、
変わらないことを願います」
と、スンジェに告げる。

そして、スンジェがヘソングループ御曹司の母のところに行き、
テシンの手術成功率が100%で、メイスンメディカルセンターの担当医の成功率が
80%であることを説明し、
「息子さんは、私たちが必ず助けます」
と話すと、母親はカンヘ病院での手術を承諾する。

会長はそれを聞いて、手術をやめるよう告げるが、スンジェは、
「それはできません。必ず成功させますから」
と言って、反対を押し切る。

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg
1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

手術の日になると、直前に問題が発覚し、
もうひとり医師が必要になることを知ったジュヨンは、
「私がやります。私の患者ですから」
と、自ら名乗り出て、
「頑張りましょう」
と、テシンはジュヨンにほほ笑む。

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

そして手術が始まるが、心臓に影響を与えるかもしれない問題が見つかり、テシンは悩むのだった。

★4話 予告




「メディカルトップチーム」第3話(2)~あらすじ♪


「韓国なんでもブログ」さんからお借りしています。


1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg
1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

ヘソングループの御曹司が呼吸不全になり、VIP患者として救急車で運ばれてくるが、
「早く手術をした方がよいと思います」
と言うジュヨンに、御曹司の母は、夫に聞いてみると答える。

ソンウが朝食を作ってアジンの家に行くと、アジンは、
「見てみて!メディカルトップチームのメンバーが発表になったわ」
と言ってソンウに見せて、テシンの名前があるのを見ると、
「手術したのを見て、スンジェ先生が惚れたんだな」
とソンウは言い、アジンは、
「これから、面白くなりそうだわ」
と言って、嬉しそうな様子。

★ソンウと話すアジン




そして、ヘソングループの御曹司とその母に、ジュヨンが、
「1日も早く手術した方がよいと思われます」
と言うと、その母は、アメリカのメイスンメディカルセンターで手術する予約を既にしたと答える。

それに対して、スンジェは、
「手術をメディカルトップチームに任せてください。名をあげるよい機会です」
と言うが、副院長のヘスは、メディカルトップチームの実力をまだ信頼できないと言い反対する。
その後ヘスは、ヨンソプに、
「メディカルトップチームを作る理由は、VIP患者をウチの病院に集めることなんです」
と、今後のビジョンについて語る。

その頃スンジェは、テシンに電話をかけ、
「明日朝、病院に来てください。メディカルトップチームの先生たちが集まりますので」
と、話す。

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg
1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg
1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg
1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

翌日になり、メディカルトップチームのメンバーが集まると、スンジェは、
ヘソングループの御曹司についての会議を始め、
チームメンバーのサンギュがヨンソプにその話をメールで送ると、
ヨンソプはジュヨンにそれを知らせ、

「私が担当医なので、メディカルトップチームのメンバーではありませんが、
参加させてもらいます」
と、ジュヨンは会議に現れる。

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg
1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

そして、1日も早く手術をするべきだと言うジュヨンの意見に、
「私も賛成です」
と、テシンは答えるが、会議が終わった後にジュヨンは、
「なぜメディカルトップチームで手術しなければいけないんですか?
ヘソングループの御曹司だからですか?」
と、スンジェに聞く。

すると、スンジェは、
「手術したいなら、メディカルトップチームに来い。実力を見せるよい機会だと思うぞ」
とジュヨンに告げて、去って行く。

★結集した、メディカルトップチーム





「メディカルトップチーム」第3話~あらすじ(1)♪

「韓国なんでもブログ」さんからお借りしています。


1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg
1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg


★登場人物

●パク・テシン (クォン・サンウさん)
●ソ・ジュヨン (チョン・リョウォンさん)
●ハン・スンジェ (チュ・ジフンさん)
●キム・ソンウ (ミンホさん)
●チェ・アジン (オ・ヨンソさん)

★あらすじ

テシンが、スンジェのところに行き、ジュヨンもいる目の前で、
「いただいた提案を受けます。メディカルトップチームで働きます。
自分の気持ちで動く人間なので、後で後悔するかもしれませんよ」
と告げると、スンジェは、
「後悔はしませんよ。自分で決めたことですから」
と、テシンに答える。

そして、メディカルトップチームのメンバーを報告すると、副院長のヘスは、
「外部の医師を招くことに、他の先生たちは何と言うか、心配ね」
と、スンジェに話す。

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg
1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

一方ソンウは、ジュヨンから不手際を責められていたアジンをかばおうとするが、
「他人に責任をなすりつけたくないの」
と、ジュヨンが去った後に言うアジンに、
「他人だって?」
とソンウが言い、
「それじゃ、あなたは彼氏?それともお兄さん?」
と言うため、ソンウは不機嫌な顔で何も言わず去って行く。

★不機嫌になるソンウ



1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg
1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

そしてジュヨンが、スンジェに会うと、
「メディカルトップチームに入るのを、キャンセルしたいんです。
スンジェ先生のおかげで私がうまくいっているとまわりから言われるのは、もう嫌なんです」
と言うため、スンジェは、
「そうじゃないってことを、周りに見せてやればいいじゃないか。
お前がいないメディカルトップチームは考えたこともない。
胸部外科医のポジションは、空けておくから」
と言って、去って行く。

★スンジェにキャンセルを伝えるジュヨン




ヨ·ジング、 "メディカルトップチーム '現場びっくり訪問..."'太陽を抱いた月 '家族見たかった "

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg
ヨ·ジング(写真=キム·ジョンウク記者)

俳優ヨ·ジングが1年8ヶ月ぶりにキム·ドフンPDと再会した。

ヨ·ジングは最近MBC水木ミニシリーズ 'メディカルトップチーム'の演出を引き受けているキム·ドフンPDを 'びっくり訪問'した。 ヨ·ジングは、ソウル新村(シンチョン)セブランス病院の近くを通り過ぎる "メディカルトップチーム"がここで撮影をしていることを知っている現場を "急襲"した。

ヨ·ジングは、イーデイリースターinとのインタビューで、 "この前キム·ドフン監督の言葉もなく訪ねて行った"とし、 "他のスタッフ兄さん、お姉さんたちにも知らせずに行っただろうととても緊張した"と笑った。 続いて、 ""カット "するだけ待って隠れていた"監督!して走ってから喜んで迎えてくれた "としながら"ふと見たい心に突然訪れたのに、久しぶりに会った監督が良かった "太陽を抱いた月"に会ったスタッフもおられて、挨拶も分けて幸せだった "と付け加えた。

ヨ·ジングは、昨年2012年2月にMBC "太陽を抱いた月"で全国民的な人気を得た。 俳優キム·スヒョンの子供時代を演じて 'フォン'の役割に大きな愛を受けた。 以後MBCドラマ '見たい'と映画 'ホワイトモンスターを飲み込んだ子供たち、ケーブルチャンネルtvNシチュエーションコメディ'ジャガイモ星2013QR3 'に歩みを引き継いで俳優としての地位をがっちりしている。

ヨ·ジングは ""メディカルトップチーム 'とドラマを与えているという話を聞いて心の中で熱烈に応援した "とし、"いつもTVでのみ見たクォン·サンウ先輩との挨拶もさせてくれたが震えた "と笑った。 ドラマ '自鳴鼓'で会ったチョン·リョウォン 'お姉さん'は久しぶりにマンナトウムもまだ温かい心で満員与え抱いてくれたと感謝の気持ちを伝えた。

ヨ·ジングは、現在の "ホワイトモンスターを飲み込んだ子供たちに、観客と会っている。 時代劇とメロなど太い感情線が明らかになった作品で好演を見せたが、今回の映画に限っては誰かの子役ではない話という完全な文字かを十分に消化したという好評を受けている。 "ジャガイモの星2013 QR3"は皮肉を吐く過去がはっきりしないコンピュータの天才枚彗星逆に視聴者と会っている。

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg
太陽を抱いた月"のヨ·ジング様子。(写真= MBC)

イーデイリースターin


ヨ·ジング君が、撮影場所を訪問したようです。
「アンティーク」では、ジニョクの子供時代を演じたし、縁がありますね。


『メディカルトップチーム』初盤視聴率不振…遅延放送の効果無

1_SDIBBURS_20131008000342b21.jpg

MBCの水木ドラマ『メディカルトップチーム』の初盤の視聴率が低迷を見せている。

視聴率調査会社ニールセンコリアによれば16日に放送されたMBCの水木ドラマ『メディカルトップチーム』第3話は全国視聴率7.2%を記録した。

これは10日に放送された第2回話が記録した7.0%に比べて0.2%小幅上昇した数値だ。この日『メディカルトップチーム』第3話は、2013プロ野球プレーオフLGツインズ対斗山ベアーズ第1戦生中継のため、約20分遅れて放送された。二つのドラマの放送終了後、視聴者の流入効果も期待されたが、大きな影響はなかった。

一方、KBS第2の『秘密』とSBSの『相続人たち』すべての視聴率が上昇し、『メディカルトップチーム』との差は更に広がった。この日の『秘密』は自体最高視聴率の15.1%で水木ドラマ1位の座を固めた、『相続人たち』は10.6%だった。

この日『メディカルトップチーム』はトップチームの医師らが一ヶ所に集まった。ハン・スンジェ(チュ・ジフン)はトップチームの最初の手術に、海外の有名病院で手術を受けたがっていた財閥2世のソン・ボムジュンを選んだ。ハン・スンジェは、周囲の引き止めにも宣伝効果を考慮して手術を強行し、状態が悪化したソン・ボムジュンの手術をパク・テシン(クォン・サンウ)とソ・ジュヨン(チョン・リョウォン)が執刀を担当して緊張感を高めた。 [写真=MBC ]

イノライフ


「メディカルトップチーム」現場撮影~動画♪




動画は、AMYさんからお借りしました。
ありがとうございます~~


「メディカルトップチーム」第4話予告映像~♪


[HOT]メディカルトップチーム4回予告




MBCdoramaより





sidetitleプロフィールsidetitle

ぴあの

Author:ぴあの
★韓国俳優「チュ・ジフン」さんを応援しています★

チュ・ジフンさんの記事や画像を中心に、韓国ドラマ、映画、芸能ニュース等もアップしています。

*当ブログで使用している画像、動画等の著作権は、出処である各サイト・出版元にあります。
不適切なコメント及び悪質なコメントは、管理人の判断で削除させて頂きますのでご了承ください。

♥チュ・ジフン出演作品~放送中&放送予定(随時更新)

☆WOWWOW
映画「私は王である」
5/12(月)午後9:00~

☆KNTV
「メディカルトップチーム」
5月17日(土)からスタート!
毎週(土・日) 午後10:00~午後11:15
再放送毎週(月・火) 午後2:05~午後3:15

☆BS-TBS(吹替版)
「蒼のピアニスト」
毎週日曜日 午前10:00~10:54(放送中)

☆TBSチャンネル
「蒼のピアニスト」(完全版)
4月17日(木)からスタート!
毎週(月)-(金)午後5:50~午後8:10[2話ずつ]
※4/24(木)は午後7:00~午後8:10[1話]
※4/28(月),4/29(火),4/30(水)は休止

☆ホームドラマチャンネル
「宮 Love in Palace」
5月12日(月)スタート!
毎週(月)午後2時14:00~15:15

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ランキングに参加しています!1日1回ポチっとお願いします!(^-^)b

FC2Blog Ranking

sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle韓流タウンsidetitle
韓流タウンさんで「第3期ベストブロガー」として紹介していただきました♪
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。