FC2ブログ

ドラマ「神のクイズ」リュ・ドックァン「ドラマを通じて、生活の癒しになれば」

ha_519.jpg

2月2日(土)韓国ドラマ「神のクイズシーズン3」レンタルDVD vol.1~7がリリースを開始した。また、6日(水)にはセルDVD-BOXがリリースとなる(発売・販売元:エスピーオー、(C)Orion Cinema Network Inc. all rights reserved.)。

 同作はドラマの完成度の高さに惚れ「『神のクイズ』を見なければ寝られない、見たら見たで寝られない」というファン続出、続編希望の署名活動も起き、シリーズ化された大人気ドラマだ。そして、演技派俳優リュ・ドックァン(リュ・ドクファン)がコミカルでありながらもカリスマ溢れる天才医師を演じ、見るものを虜にした。彼は「神のクイズ」シリーズでのブレイクにより、最新作「シンイ-信義-」では物語の重要人物である高麗の恭愍王を熱演している。

【STORY】
「珍しい病はまるで<神のクイズ>と同じだ。不完全な人間たちが傲慢にならないように、神が下したクイズ。これは際限なく解いていかねばならない残酷な課題だ。」死亡原因不明の死体を調査、国内最高のエリート医師が集まる「韓国大 法医官事務所」。ここは死因が不明確な事件や、珍しい病気に関連する事件を専門で担当している。天才嘱託医ハン・ジヌの傲慢ながらも冗談も言える性格に初めは皆反感をもったが、事件を解決するため努力する彼の執念と新しい視点に驚き尊敬するようになる。ハン・ジヌの新パートナーとしてベテラン刑事ペ・テシクが加わり、その関係はまさにシャーロック・ホームズとワトソンのよう。一方、新米女性刑事イ・ランとの恋の行方は…。

 この度、主演俳優リュ・ドックァンのオフィシャルインタビューが届いた。

-韓国ではドラマがシリーズ化されるのは珍しいと思うのですが、シーズン化が決まってどうでしたか。
もちろん光栄でした。俳優が自分の(ドラマ)シリーズができるということは、とても大きな栄光で、なかなかやってこないチャンスですから。しかしそれだけ責任感も大きくなり、一般的な努力では足りないと思うようになりました。シーズン2、3はシーズン1よりパク・ジェボム作家とたくさん話し合って、物語を作っていきました。

-ハン・ジヌを演じるにあたって シーズン1・2とシーズン3とで意識して変えたことはありますか。
意識的に変わったところはなかったです。僕はもともと全てのキャラクターを演じる時、(撮影が)始まる前にそのキャラクターと似たような生活をします。ハン・ジヌと全く同じではないですが、似たようなユーモアと真面目さを持とうと努力しました。あえてひとつ例をあげるとするなら、シーズン3が終わって心理的にとてもつらかったことです。二重人格が残って、ふたつの自我を演じなければならなかった僕は心身ともに疲労困憊するくらいでしたから…、僕にとって意味深い経験でした。

ha_519.jpg

-もし、犯人役を演じるとしたら、どの話数の犯人あるいは、どんな犯人を演じてみたいですか。
「神のクイズ」は一般的な捜査ドラマに登場する犯人とは違い、社会が目を背けた珍しい病の患者たちが味わう痛みがもたらす結果がどれほど惨憺な結末をもたらすのかを伝えます。そしてそのクイズを解決し、見守り、成長していくハン・ジヌの物語です。このような意味のあるドラマの犯人役であれば、そのどんな役割でもやってみたいです。「神のクイズ」の全ての役割はそれぞれが持っている社会に対する痛みと因果関係がうまく生かされているから、全ての役割が記憶に残り、演じてみたいです。
その中でも記憶に残る役割があるとすれば、シーズン1の第1話「ドラキュラの悲劇」でキム・テウ先輩が演じたプリピリンという奇病をもったキャラクターが記憶に残っています。最もドラマティックでありながらも一般的な痛みが表現されていて、社会が彼に背を向けた結果が非常に痛ましかったからです。

-韓国のみならず、日本でも「神ク」中毒者が増えつつありますが、日本の視聴者にどのような点に注目して欲しいですか。
一旦感謝の気持ちが一番ですね。僕はやはり日本のドラマをよく見る方です。何か異なるようでありながらも似たような、物事の情緒は観客たちに静かな感動を呼び起こします。日本のドラマはもっと静かで静的な流れで見られているとすれば、「神のクイズ」はもう少し多様なテンポで緊張感が持つカタルシスを感じていただければと思います。もちろん僕を重点的に見てもらえればもっといいですね(笑)。

-子役出身のリュ・ドックァンさんですが、ご自身にとって演技とは(演技をする上で大切にしていることなどあれば)。
いつも悩みます。たぶん一生悩まなければならない問題ではないかと思います。「俳優」という職業は人を表現する職業です。しかし、そんな俳優が彼らと違う人生を生きる人(例えば芸能人という名称)と認識されれば、結局は意思疎通できないと思います。それで最大限人々と変わらない生活を送るために努力しています。
また俗に巫女が神懸かりをするとか、催眠術師が催眠術をかけるように自分に魔法をかけないといけません。僕は実際にハン・ジヌにはなれないけれど、自分さえも自分をハン・ジヌだと信じなければ、観客は結局ハン・ジヌを見ることができません。それで自分に魔法をかけること、また俳優が持たねばならない集中力だと思います。

-新人時代と現在とで、演技に対する考え方や、俳優という職業についての思いに変化はありますか。また、俳優としてターニングポイントとなった作品はありますか。
新人というには本当に幼い頃から始めたので、新人とベテランが何かまだよくわかりません。ただ幼かった頃は子役の友達に勝ちたいという劣等感で演技をしていたとすれば、今は自分に勝ちたい考えで演技をします。このような考え方は他の人に比べて、早くから身に付いた方です。2006年「ヨコヅナ・マドンナ」を通じて多くのことを悟り、また他の人に見せる俳優である以前に自分に嘘をつかない俳優になろうという考えを持たせてくれた作品でした。

-今後の活動予定があれば教えてください。(シーズン4もあり得ますか。)
シーズン4はまだわかりません。先に話したように俳優にとってシリーズ化は非常に意味のある栄光ですが、簡単ではない選択によります。イメージが固まってしまうことは非常に怖いことだと思います。ハン・ジヌというキャラクターがとても魅力的でいいキャラクターであるから、こんな幸せな悩みをするようになったのかと。今後僕の活動計画は元々僕の活動の中心であった演劇と映画を重点的にやることになりそうです。

-ファンの方へ、メッセージをお願いいたします。
「神のクイズ」に関心をもっていただき、本当に感謝の気持ちしかありません。僕たちの努力が観客の皆様にも感じていただければうれしいですし、そうすれば一層通じるものがある、そしてドラマティックなカタルシスを感じられるドラマになればと思います。ハン・ジヌが解決していく「神のクイズ」を通じて、今の生活の癒しになればとうれしいです。

WoW!Korea



スポンサーサイト



「私は王である」が”5月11日”に日本公開!?

make an animated gif



あんにょ~ん

まだ正式に発表されていないので、半信半疑なのですが・・・

ツイッター情報です~~


チュ・ジフン『私は王である(原題)』
5月11日日本公開。
配給:ポニーキャニオン。




本当に実現するなら、ジフニの来日は~~
期待したいですね~~~
それに、地方でも観れるといいのですが・・・

公式サイトでの、正式な発表が待たれますね~~



こちらも、応援お願いします!

 



「もっと知りたい!韓国TVドラマ vol.53」にチュ・ジフン掲載!

「もっと知りたい!韓国TVドラマ」編集部ツイッターより~~



ha_519.jpg



「もっと知りたい!韓国TVドラマ」vol.53本日発売!表紙はキム・スヒョン。
NHKで放送中の「太陽を抱く月」巻頭大特集。
もう一つの特集はチュ・ジフン5年ぶり出演ドラマ「蒼のピアニスト」。
2012年をおさらい!韓国エンタメ総決算。本誌独占企画ノ・ミヌとバレンタインデート♥♥→



本日発売なので、もう手にされている方がいるのかな?



ドラマ「アイリス2」出演者ら、空港であわや大惨事

ha_519.jpg

 日本での撮影を終えて4日夜に帰国したKBS2新ドラマ「アイリス2」の出演者と制作スタッフが、仁川国際空港で大惨事に巻き込まれるところだった。

 同ドラマの制作会社テウォンエンターテインメントによると、チャン・ヒョクやイ・ダヘ、イ・ボムス、イム・スヒャンなど主演俳優らとスタッフを乗せて4日、秋田県を出発した大韓航空770便は同日午後6時、仁川国際空港に到着した。

 しかし、機体が着陸しようとした瞬間、車輪が一度地面についたところで再び離陸。飛行機は上空へと向かい南に飛行し、およそ1時間後に再び空港へ戻り2回目の着陸を試みたのだ。

 制作会社側は「大雪のためなのか、機体の車輪は全て出ている状態で滑走路に降りようしていたが、バタンという大きな音と共に車輪が地面に激しくぶつかり再び離陸した」とし、「その週間、乗客全員が戸惑い驚き、大惨事になるのではと思った。なぜ再び離陸したのか、というアナウンスもすぐには流れず、とても不安だった」と当時の状況を説明。

 また「主演俳優やスタッフは全員同じ飛行機に乗っていたため、もし事故が起きていたら多方面に影響が出ていただろう」と語った。

 制作会社側によると、再び離陸し旋回した後、機長の判断で安全な着陸のために再び離陸したというアナウンスが流れたという。しかし、搭乗していた関係者は「再度、着陸するときまで、私たちを含めた乗客全員が不安で震えていた」と恐怖を語った。

 テウォンエンターテインメントのチョン・テウォン代表は「”九死に一生”という言葉はこの時に使うのだと感じた」とし、「ここで厄落とししたため、放送はうまくいくと願っている」と述べた。

 今回の件について大韓航空側は「航空機が着陸しようとして再び離陸したのは、機体の姿勢が不安定でかつ突風が吹いたなどの天候変化によるもので、悪天候の際は特に頻繁に起こる」とし、「この日、770便も安全な着陸のために通常の手順を踏んだ」と一連の流れを説明している。

 「アイリス2」は、2009年にイ・ビョンホン、キム・テヒ主演で放送された「アイリス」の続編。国際秘密組織アイリスと国内情報機関要員らの対決を描く。放送は今月13日にスタートする。

WoW!Korea


恐ろしい体験をしてしまいましたね。
「厄落とし」となって、ヒットさせてほしいです~~


イ・ソンギュン夫妻、演劇で初共演

ha_519.jpg

俳優イ・ソンギュン(38)が演劇『LOVE,LOVE,LOVE』に出演し、夫人で女優のチョン・ヘジン(37)と初共演する。

 イギリスの劇作家マイク・バートレットが脚本を執筆した同作は、2010年にイギリスで初演された作品。1967年に出会って結婚した夫婦の人生を通して、ベビーブーム世代の情熱や夢、現実を描く物語。

 イ・ソンギュンとチョン・ヘジンは3幕で構成されたこの作品で、少年っぽさが残る19歳の青年から42歳の中年、そして63歳の老人を演じる。

 ミュージカル『ロッキー・ホラー・ショー』でデビューしたイ・ソンギュンは、ミュージカル『グリース』(2003年)以来10年ぶりの舞台。『LOVE,LOVE,LOVE』は3月27日に明洞芸術劇場で幕を開け、4月21日まで上演される。

朝鮮日報


みなさんもご存知だと思いますが、奥様のチョン・ヘジンさんは
「キッチン」のモレの先輩役でしたね~~


「会いたい」ユン・ウネ“私の演技点数?高くつけても70点”

ha_519.jpg
写真=THE HOUSE COMPANY

女優ユン・ウネは変わっていた。

MBCドラマ「会いたい」のイ・スヨンより髪が少し短くなって肩より少し長いほどで、青みを帯びた明るい髪だった。声は沈んだ感じで、体の調子はよくないと言った。「会いたい」の最後の撮影では病院まで運ばれ点滴を受けたほど体の状態が悪く、今もコンディションは回復していないように見えた。

しかし、彼女ははっきり自分の考えを加減なくきれいな声で話した。私的な質問をした時も記事で公開されることを知っているにもかかわらず私的な答えをしてくれた。質疑後、「嘘をつくこともできるけど、そうしたくありませんでした」と述べた。インタビューを終えた後“素直な本音”という感じが残った。

彼女は、イ・スヨンから抜け出すことは意外と大変ではなかったと言った。「会いたい」でイ・スヨンが治癒されたため、イ・スヨン役を演じたユン・ウネも治癒されたままドラマから抜け出した。視聴率は気にしないといい、停滞していた視聴率について自分なりの分析をしていた。「イ・スヨンを演じた自分に自ら点数をつけるとしたらどうですか?」と質問した時は「自分に優しく点数をつける方ではありません。それでも賞賛してくれたことに感謝し、自ら誉めたりもします。しかし、私は短所とより努力していくべき部分がもっとよく見えます。高い点数をつけることはできません。足りない部分が多くあります」と語った。そのためもう一度「何点ですか」と聞いた。

「足りなくて90点ですか」と聞いたら「私はそんなに上手でしたか」と笑い、再三促す声に結局「本当に高くつけて70点です」と話した。自分の演技について足りなく見える部分を教えてほしいという要請には「短所は話せません。話すとそれしか見えなくなってしまいます。代わりに自ら直していきます」と約束した。

「会いたい」が児童性暴力の被害者であるイ・スヨンの傷を温かくできなかったことや、エンディングでイ・スヨンが主体的ではなく、とても受動的な女性として描かれたことなどすべて満足できなかったのが事実だった。こんな話をユン・ウネと話し合った時、イ・スヨンを演じたユン・ウネが誰よりイ・スヨンをよく理解していたことを知り、「会いたい」を選択した理由は「色々な苦衷があったけど、私が『会いたい』を見て慰められたような感じを多くの方が感じるようにしたかったです」と説明した。悲劇的ではない結末もイ・スヨンのために必要なエンディングだったと強調した。

ただイ・スヨンの幼少時代を演じた子役キム・ソヒョンの演技を見た時は「不安でした」と述べた。

「毎回作品に出演するたびによくない記事が出る方ですが、子役まで演技が上手で不安でした。放送前にソヒョンの撮影分を見ましたが、本当に上手でした。その時も不安でしたが、放送された後、より演技が上手だと感じられ、予想していた記事が出始めました。『成人俳優たちは子役俳優のバトンを受け継ぐことができるだろうか』というような記事でした。どうすればいいか、上手くやっても何もないだろうという考えで大きな期待もできませんでした。そのため最初は本当に大変でした。撮影現場に行くことが楽しくなく、他人の食卓でスプーンを持っているような感じでした。ドラマの中間で投入されたのは初めてでしたから。すでに進行されている段階で私が参加し評価される感じでした。それにスヨン役は何か見せられるキャラクターではなく節制された演技をすべきだったためもっと大変でした。実は良い反応は諦めていました。ところが実際私の出演シーンが放送された後、良い話をしてくれるのをみて『どうしたのだろう』という気持ちでした。期待もしていなかったため、むしろ気分がよくなりました。その後はより気楽に撮影することができました」

ガールズグループ出身であるユン・ウネを女優として記憶するようにしたドラマ「コーヒープリンス1号店」については「作品への愛着も深く、演技だけに夢中になった記憶はその時が初めてでした。すべてが好きでした。ただ、貴重な経験を早くからして残念です。もっと後だったら、その前により多くのものに簡単に挑戦し、怖く感じることも少なかったと思います」と語った。

ha_519.jpg

「コーヒープリンス1号店」以降、ユン・ウネにはプレッシャーが生じた。また、その程度の関心は受けなければならないと考え、自ら作品を導いていかなければならないようなプレッシャー。「考えたように進まない部分が生じ、誤解を招くこともあった。キャラクターから脱することができないと二度とメロドラマの様な演技ができなくなるような感じもありました。歌手出身の俳優として認められたと考え、私に対する視線に余裕が生じるのではないかと自分なりに期待もしましたが、私が考えたよりもさらに大きな期待がありました。冷たい視線が感じられ、気にしないために頑張っても小心者な性格で気になりました。怖かったです。周りでも私が傷付けられるのではないかと、“大丈夫”だと慰めはしませんでした。友達に電話をして一人で泣いたりしました」とユン・ウネは告白した。

しかしユン・ウネは結局その時期を克服した。自ら作り出した圧迫感を自慢できないきっかけとし、女優として演技に対し本気で最善を尽くすと、誰かは認めてくれることも分かった。「コーヒープリンス1号店」のコ・ウンチャンを消す代わりに、人々の記憶の中にチェ・ハンギョル(コン・ユ扮)と一緒に永遠に残したまま、我慢して女優の道を歩いてきた。

そしてユン・ウネは「会いたい」のイ・スヨンで自分の女優人生において意味のある一歩を踏み出した。どんな女優も簡単に演じることは難しいイ・スヨンであり、ユン・ウネはつまりイ・スヨンだった。それで70点という数字はユン・ウネにとって適切な点数だと思う。30点はユン・ウネがまだ埋められなかった余白であり、ユン・ウネが今後必ず見せるべき潜在能力であるためだ。

マイデイリーより



「五本の指」”ジホ”~スチール写真♪

Jugalからお借りしました~~

ピアニストジホ、素敵ですね~~


ha_519.jpg

ha_519.jpg

ha_519.jpg

ha_519.jpg


ha_519.jpg

ha_519.jpg

ha_519.jpg

ha_519.jpg

ha_519.jpg




応援お願いします

 




グァクジョンウク、8年前捕捉 "オジョンホの反抗と他のまろやかな姿"びっくり

ha_519.jpg

グァクジョンウク8年前の写真が公開された。

最近オンラインコミュニティに "学校2013オジョンホ、8年前の姿捕捉"というタイトルで写真が掲載された。

これは、ドラマ魔王のチュ·ジフン子役で出演した姿で子役俳優パク·ウンビンといきいきとしたラブラインを描いていて目を引いた。 特に "学校2013"の反抗児オジョンホとは異なり、まろやかな顔で反転魅力を誇っている。

これに接したネチズンたちは "グァクジョンウクとても可愛い"、 "反抗目つきが消えた"、 "グァクジョンウクの再発見"、 "グァクジョンウクの多様なフィルモグラフィー"などの反応を見せた。

一方、先にグァクジョンウクは "学校2013"で独立独行の型日進オジョンホ役を引き受けて視聴者たちの多くの愛を受けた。

レビュースターより



スンハの子供役をした俳優さんでしたね~~


sidetitleプロフィールsidetitle

ぴあの

Author:ぴあの
★韓国俳優「チュ・ジフン」さんを応援しています★

チュ・ジフンさんの記事や画像を中心に、韓国ドラマ、映画、芸能ニュース等もアップしています。

*当ブログで使用している画像、動画等の著作権は、出処である各サイト・出版元にあります。
不適切なコメント及び悪質なコメントは、管理人の判断で削除させて頂きますのでご了承ください。

♥チュ・ジフン出演作品~放送中&放送予定(随時更新)

☆WOWWOW
映画「私は王である」
5/12(月)午後9:00~

☆KNTV
「メディカルトップチーム」
5月17日(土)からスタート!
毎週(土・日) 午後10:00~午後11:15
再放送毎週(月・火) 午後2:05~午後3:15

☆BS-TBS(吹替版)
「蒼のピアニスト」
毎週日曜日 午前10:00~10:54(放送中)

☆TBSチャンネル
「蒼のピアニスト」(完全版)
4月17日(木)からスタート!
毎週(月)-(金)午後5:50~午後8:10[2話ずつ]
※4/24(木)は午後7:00~午後8:10[1話]
※4/28(月),4/29(火),4/30(水)は休止

☆ホームドラマチャンネル
「宮 Love in Palace」
5月12日(月)スタート!
毎週(月)午後2時14:00~15:15

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ランキングに参加しています!1日1回ポチっとお願いします!(^-^)b

FC2Blog Ranking

sidetitleカレンダーsidetitle
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle韓流タウンsidetitle
韓流タウンさんで「第3期ベストブロガー」として紹介していただきました♪
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle