FC2ブログ

アイドルグループ`ベビーVOX`出身演技者ユン·ウネ

"俳優に三十歳は魅力的な私です"

ha_519.jpg

天下壮士 'ユン·ウネ(29)は、その場にいなかった。 最近、ソウル小公洞ロッテホテルで会った彼は青ざめてやつれていた。 ドラマ最終回の撮影を控えて気絶をして点滴を打って頑張ったと言った。

彼女の写真をぐいっと漏らした主犯は最近放映終了したドラマ '会いたい'だ。 ユン·ウネは幼い頃性的暴行にあったが、過去の痛みを胸に埋めてたくましく生きていくデザイナーイ·スヨン役を熱演した。

"作家の先生が痛みがありますが、肯定的なエネルギーがある人がすべきだとしました。悲しい絶対憂鬱てはならない役割だとしたんです。実際私の性格がそうです。"

優しくて純粋なキャラクターなので、泣くシーンが多かった。 視聴者掲示板には "スヨンがちょっとつい響け"は、抗議の声も上がってきた。

"2週間続けて泣くだけなこともあります。寒い天気にたくさん泣いて、後には目がない浮いてしまった。目に異常が生じたことを知って心配しましたよ。要領よく目薬を入れることもありますが要領を咲かせる姿を見せたくなかった。後には自分満たさました。 "

彼はインタビュー始終きちんとした口調で率直に意見を現わした。 自分の言葉が間違って映ってないか何度も言葉を繰り返して確認した。

"私、実は人見知りが隠れて。親しい人には大変明るく陽気だが、心を開かない人には近づかない話せません。デビュー初期にそのインタビューがとても大変でした。どんどん聞きたい話を導いて出そうと繰り返し質問のに....私は第言い方も正確に書いてくれれば、私が好きでも、まずギサト距離致します。(笑) "

1999年ガールグループ 'BABY VOXの `で芸能界にデビューした彼は、アイドル出身の俳優1世代だ。 彼は最近、歌手と俳優活動を並行する後輩たちを大見解だった。
また、歌手生活に対する物足りなさも残るした。

"私が歌手だったときは、完璧な姿を見せてくれませんでした。歌手が嫌いなのではなく、かっこよくなくて嫌いでした。戻ったらちょっと輝く歌手活動をしたいです。当時はあまり準備もできず、環境が劣悪だった。今の後輩たちのようにダンスや歌のトレーニングをよく受けて多くの準備をはしないんです。私も時間が与えられたら、少しはより学んで踊りもよく踊って歌が上手な演技者という声を聞きたいです。当時を考えると恥ずかしい恥​​ずかしいは思わないしようとしている。 "

`お嬢さんをお願い '`私に嘘をついてみ `など近作が興行に不振ながら、多くの傷を受けたという彼は、"歳月が積もりながら下に置くことも分かった "と語った。 今年、彼はそのように望んでいた三十歳になった。

"27〜28才の時から早く30代になりたかった。幼い頃は年配の役をしても認めてくれないでしょう。とても幼く見えるからね。30代なったので演技にも社会的に認められて頂きたく、られなかった重量挙げ務めたい。女としてはどうか分からないが俳優としては非常に楽しみです。 "

毎日経済より


ウネちゃんも、来年30代に突入しちゃうんですね。


スポンサーサイト



ユン・ウネ&BoA、ランウェイファッションの活用法

ha_519.jpg
写真=MBC放送画面キャプチャー、エンポリオ・アルマーニ

先日最終回を迎えたMBCドラマ「会いたい」で毎回華麗なファッションを披露し、いわば“完売女子”(ドラマなどで着用したアイテムがすべて売り切れになる女性)になったユン・ウネとSBS「K-POP STAR」シーズン2で審査委員兼メンター(良き指導者)として活躍しているBoAが、ランウェイ衣装を日常のファッションとして披露し、視線を引いている。

ユン・ウネとBoAは、エンポリオ・アルマーニのランウェイで海外のモデルがそれぞれ披露したファージャケットを自分たちの個性に合わせて選択した。コレクションでとは違い、シンプルなシャツと合わせ、真似しやすいながらも感覚的なファッションを披露した。

ha_519.jpg
写真=SBS放送画面キャプチャー、エンポリオ・アルマーニ

ユン・ウネは、様々なカラースプレーを散らしたようなカラー配色が際立つエンポリオ・アルマーニファージャケットにゴールドステッチが目に入るブラックインナーウェアでトーンダウンしたスタイルを完成させた。また、くるくるのカールが視線を引く素材が、明るくゆったりとした、可愛らしい雰囲気を強調している。

一方BoAは、様々なカラーの縦ライン配色が際立つ大胆なエンポリオ・アルマーニファージャケットを選択した。ファージャケットが派手なだけに、インナーウェアとしては白いシャツを合わせ、清潔感のある洗練されたファッションを披露した。ここに、ボールドなイヤリングで華やかさを加えた。

OSENより



”チュ・ジフン”カード~34♪

ha_519.jpg



あんにょ~ん

私的には、一番やりやすいので・・・
ついつい、花を素材にしてしまいます~~



応援お願いします

 



(フォト映像)mawang part 1.2~MV♪

あんにょ~ん

Jugalの햇살주쥰さんからお借りしました。
ありがとうございます~~

スンハを、たっぷり堪能出来ますよ~~~


フォト映像)mawang part 1 ★ legend of オ・スンハ★





フォト映像)mawang part 2 ★ 光の香り★






応援お願いします

 



希望にはならない... 1人2役、俳優をテストする

ha_519.jpg

ha_519.jpg


ha_519.jpg

ha_519.jpg

ha_519.jpg

ha_519.jpg

ha_519.jpg

ha_519.jpg

ha_519.jpg

"夜王" "シリウス" "幽霊" "光害" "私は王である"など

俳優たちが続々と1人2役に挑戦している。 時には全く異なる二人の人物を演じたり、時には根から出てきた双子を演じることもある。

いずれにせよ外見が似ている二人の人物を交互に演技するという点で俳優として演技力のテストケースの上に上がることになる。 みたいな顔をしたまま、他の人物を演じるということは、それを視聴者あるいは観客に理解させるということは一つの人物を演技するよりも倍以上の努力と悩みが必要だからだ。

ところが、昨年からこのような1人2役を素材にした物語が続いており、俳優たちの勝負欲を刺激する。 見る人の立場では、俳優たちの演技力を比較する楽しみがある。

誰が誰も1つ。

◇双子そしてフェイスオフ= SBS TV月火ドラマ "夜王"でクォン·サンウが体を売るホスト出身下積み人生と弁護士の1人2役を演じている。

二人は幼い頃孤児院で別れた双子の兄弟だ。 先月29日放送された6回までは弟の下流が主人公だった。 愛するつきのためにすべての事を投げる愚かな純情男だ。

ところが下流の末端の生活をする中でたまにモルクムしたスーツ姿のクォン·サンウが登場した。 下流の型ジェウンだ。

クォン·サンウは下流とジェウンを行き来して二人の人物を演じている。 感性的で素朴な下流と断定して知的なイメージのジェウン。 下流とジェウンは用品類とキャラクター、周辺の人物が異なることから、差別化を成す。

しかし、ドラマは7回からは二人の運命的に混合するしかない混乱の中に入る予定だ。

クォン·サンウは連合ニュースとのインタビューで、 "7回から本格的に1人2役が開かれるんだけど、できるだけ楽しくしようとする"と述べた。

"型か弟か周りの人が皆混乱させながら、重く万行かずに楽しみを与えることができる要素を最大限に生かして見ようと思う。"疑わしかっ "することから来る衝突を細かく表現しながら憎らしく見えるようにもして、同時に尽くしに対する復讐心はより強く表現でしょう。 "

先立って2009年ドラマ "シンデレラマン"も1人2役を広げた彼はもう一度挑戦する1人2役演技に強い挑戦意識を見せている。

先月27日幕を閉じたKBS 2TVドラマスペシャル4部作 "シリウス"も双子の兄弟の話だった。

ソジュニョンが殺人前科者型は、ウィンドウ司法試験をパスした刑事課長腎盂を同時に演じた。 ウンチャンは前科者だが、暖かく優しいキャラクターであり、シヌは鋭く冷たいキャラクターであった。

別に離れていれば相反が二人のキャラクターは、しかし、劇中でぶつかることが多かった。 このため、ソジュニョンは自分が自分を見て演技するシーンが多かったし、視聴者は混乱しプリプロセッサやすい状況が続いた。

それだけ微細な演技力の差が要求された。

ソジュニョンは "まったく別のドラマを二編撮ると思って撮影した"とし、 "シヌとウンチャンは顔の部品が同じだけでまったく別の人生を生きてきた人物だと双子だということにとらわれだ場合、まったく別の二人の人物を演じるのと同じ"と述べた。

しかし、双子という設定は、二人の人物が違うながらも仕方なく同じだという点で、他の1人2役は違いがある。

ソジュニョンは "いっそ最初から他の人を同じふりを演技するのが楽のような気がした"とし、 "はウィンドウと腎盂のように、同じ根から出てきた人物を演じるのはどうしても本質的には同じポイントが存在するしかない複雑だった"と吐露した。

昨年放送されたSBS "ゴースト"はソ·ジソプがフェイスオフで顔が同じだが、実際には全く別の二人の人物を演技した。 警察ギムオヒョンとハッカーパク·キヨンが同じ日の火災事故に遭いながらギムオヒョンが死ぬと全身火傷を負ったパク·キヨンがギムオヒョンの顔に手術を受けたこと。

これにより、ソ·ジソブは序盤にギムオヒョンを演じてギムオヒョンが死んだ後は、ギムオヒョンあるふりをするパク·キヨンを延期した。

ソ·ジソブは "幽霊"について "私はこの式の延期やキャラクターをやり遂げたことがうれしい。次のようになれば、より上手にできそうな自信を与えた作品だ"と話した。

王子と乞食。父と息子=昨年映画では "王子と乞食"の概念の1人2役が話題だった。

イ·ビョンホンが光海君と広大下船を行き来した "光害、王になった男"とチュ·ジフンが世子チュンニョンと奴婢ドクチルを行き来した "私は王である"がそれ。

どんな縁もなく出身も全く違う二人の人物がただあきれる似ているが縁での役割の変更]をすることになる。

この場合は、二人の人物がお互いに知っていることもなく、生まれた教頭もないという点で、双子の演技の割には感情的な負担が少し減るという特徴がある。

しかし、やはり同じ顔で全然違った二人の人物を演じて、それを観客に説得させるには、特別な演技力が要求される。


イ·ビョンホンが "光害、王になった男"で、 "やはりイ·ビョンホン"という絶賛を受けたのは、彼が王と道化師の違いを驚くほどよく表現しているからだ。

彼は当時、 "光害は、歴史の中の人物なので、私たちが知っているものを基本的に持って行こうし、下船の性格はどの程度のシナリオで私が作っていかなければする部分があった"とし、 "1人2役の難しさより下船のキャラクターを捕まえて行くことが大変だったようだ "と話した。

JTBC史劇 '引数比 "でペク·ソンヒョンが世祖の息子桃源君と夭折した桃源君の息子成宗の1人2役を消化した。 した作品で、父と息子を相次いで延期したもの。

ペク·ソンヒョンは "父と息子を一度に演じることができる機会が何ハンテ与えられるものではないので、本当によく出したかった"とし、 "演技するのが面白かった"と話した。

大人の演技者が1人2役をするのではない。

"隣人"は、十二歳のキム·セロンが殺人犯に犠牲になった後、継母の歓迎に表示される中学生の少女 "ヨソン"のようなヴィラに住む同年代の少女 "スヨン"を演じた。 鬱陶しいヨソンと溌剌としたスヨンを行き来したもの。

キム·セロンは当時両方の役割を観客が混乱リッジないようにするのが一番カギだと思い発表した。

彼は "違いを明らかに置かなければならないと考えた。声のトーンや歩き方も異なるし、"ヨソン "のときは体に力が抜けたように動いた"と伝えた。

KBSメディアのジョンヘリョンドラマ本部長は "一演技者が二人の人物を演じるのはとても難しい作業です。特に双子を演じるのは難しい"と話した。

チョン本部長は続いて "だからこそ1人2役を素材にした物語は基本的に極性が高いものだ"としながら "俳優として演技力をテストして証明見える良い機会になる"と付け加えた。

連合ニュース


Dal★shabetのセリ「ユン・ウネ先輩に感謝」

ha_519.jpg
ユン・ウネに感謝の気持ちを伝えるDal★shabetのセリ。

Dal★shabetのセリがガールズグループの先輩であるユン・ウネに感謝の言葉を述べた。

セリは1日、自身のミートゥデー(韓国版ツイッター)に、「ユン・ウネ先輩の記事を見て驚きました。本当にありがとうございます! もっと一生懸命にやるDal★shabetになります。一緒にごはん食べましょう。ヘヘ。いつも応援しています」という書き込みを残した。

これ先立ちユン・ウネは先月31日、MBC 「会いたい」放映終了関連インタビューで「最近注目している後輩歌手は誰か」との質問に、「 Dal★shabetが本当にかわいい」と答えた。ユン・ウネは、「あいさつもしっかりしている。偶然に会ったが顔まで赤くしながら『会いたい』よく見ています」と話した。そのように話すのも本当にかわいらしい。練習生時代を過ごし苦労した人たちがあいさつもしっかりし、先輩たちにもよくしているようだ。確かに苦労を多くしており、していない人とは違う」とほめた。セリはユン・ウネの称賛によろこび書き込みを残した。

ネットユーザーらは「良い先輩と後輩だ」「Dal★shabetからもユン・ウネのような人物が誕生するだろう」などと反応した。

中央日報



sidetitleプロフィールsidetitle

ぴあの

Author:ぴあの
★韓国俳優「チュ・ジフン」さんを応援しています★

チュ・ジフンさんの記事や画像を中心に、韓国ドラマ、映画、芸能ニュース等もアップしています。

*当ブログで使用している画像、動画等の著作権は、出処である各サイト・出版元にあります。
不適切なコメント及び悪質なコメントは、管理人の判断で削除させて頂きますのでご了承ください。

♥チュ・ジフン出演作品~放送中&放送予定(随時更新)

☆WOWWOW
映画「私は王である」
5/12(月)午後9:00~

☆KNTV
「メディカルトップチーム」
5月17日(土)からスタート!
毎週(土・日) 午後10:00~午後11:15
再放送毎週(月・火) 午後2:05~午後3:15

☆BS-TBS(吹替版)
「蒼のピアニスト」
毎週日曜日 午前10:00~10:54(放送中)

☆TBSチャンネル
「蒼のピアニスト」(完全版)
4月17日(木)からスタート!
毎週(月)-(金)午後5:50~午後8:10[2話ずつ]
※4/24(木)は午後7:00~午後8:10[1話]
※4/28(月),4/29(火),4/30(水)は休止

☆ホームドラマチャンネル
「宮 Love in Palace」
5月12日(月)スタート!
毎週(月)午後2時14:00~15:15

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ランキングに参加しています!1日1回ポチっとお願いします!(^-^)b

FC2Blog Ranking

sidetitleカレンダーsidetitle
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle韓流タウンsidetitle
韓流タウンさんで「第3期ベストブロガー」として紹介していただきました♪
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle