スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「五本指」最終回観覧ツアー”舞台挨拶編”2

あんにょ~ん

舞台挨拶での撮影は、禁止されなかったので
動画を撮ってみましたが・・・

席がなにしろ後ろのほうだし、会場は暗過ぎるので
ジフニの顔は、ほとんど映っていませんが
声だけでも、聴いてもらえると嬉しいです~~

終了前4分間の動画です・・・
途中、デジカメを持つ手が疲れちゃって、プルプルしていますが
あしからず~~~





ジフニは、風邪気味だったので、声もいつもより低かったです。
連日の撮影で、疲れていたのでしょうね。


「五本指」最終回観覧ツアー”舞台挨拶編”1は こちら



応援お願いします!

 



スポンサーサイト

[インタビュー]チュ·ジフン、 ""五本指 "は感情的に最も難しい作品"

あくどい波風を迎えて、より堅くなった彼が帰ってきた。 一本のドラマでスターダムに上がってその一般的な演技力論難一度もなし常勝疾走た彼はたった一回のミスで大衆の非難を受けた。 俳優チュ·ジフンの話だ。 彼は当時、言い訳さえしないまま過ちを認めて長い自粛期間を経た。 そして30代なってからSBS週末ドラマ "五本指"を使って所定の位置を探した。 5年ぶりにテレビ劇場復帰だ。 歳月の重さだけ成熟した演技力で大衆の心を返した彼eNEWSが会った。

013b.jpg

- 大変な仕事を経験した後初めての復帰だ。

""五本指 "は私いくつかの意味がある。私の作品の中で最も長編だった感情の起伏も激しかった。そして、様々な年齢層と会うことができたのも良かった。昨日チキン家に行った叔母が私の手を握って涙があふれそうに橋いたよ。私の演技がその方たちに役に立つというのがありがたい。私が好き選択したことが、誰かが生きていく感情的に役立つならうれしいことだ。ドラマの多くの議論があったがそのようなものとして満足している。 "

- 放送前から果実のヒロイン交換など議論が多かった。 どうだったか?

"ゴシップに暗い方だ。インターネットやTVをよく見る。ヒロインが交換されるとしたときの理由も知らなかった。痛いですか?した。もちろん問題なく行ったらもっと良かったが、大きな問題はないと考えていた。どん詰まりドラマになるだろうという点では作家と会って話をたくさんしました。最初から内容を蓋然性なく書こうとする作家はいないと思った。 "

013b.jpg

- ピアノを弾くこと大変ではないか?

"実は切迫しキャスティングされた。クラシックと事実完璧に打つことはできない。ピアニストの伝説という映画の主人公は、一日10時間ずつ1年半を打ったと言っていた。国内制作環境が俳優にそれだけの準備時間を与えない。私は実際にピアノを直接打つのがより便利である。演技をしなくてはとなるから。ピアニストを扱った映画と、実際の演奏者たちの映像をたくさん見て曲の解釈を試みた。技術的なことは、帯域が演奏してくれたシンクを合わせるようにしようと努力した"

- 感情神​​ほとんど多かった。

"劇展開が本当に早かった。演技が私が実際に行動なので心にたくさん残っている。ところが、1年後に突然変わった状況に、また劇的な感情をメインうとすれば大変だった。演技していない時間を一人で創作したからだ。話は継続劇を走る感情まで過剰であれば感動がないようだった。その高低を入れるほぼすべての時間を割いた。 "

013b.jpg

- 演技に対する欲が多いようだ。

"職業だからせいぜいれるのが当然だ。当然熱心にしなければならない。プロは他人のお金を受け取るのだ。私の能力を売るのだ。よく作ったものを売らなければならないと考える。こんな話も演技の先生がおっしゃってくれたのだ。演技というのは芸術という領域なのでお金の価値を卑下するそうではないと思う。学ぶボランティアではない。演じる職業だと思う。もちろん私の好きな​​仕事をしてのことは幸運だ。 "

- 相手俳優たちとの呼吸は良かったか?

"チェ·シラ先輩はすべての神に集中して演技れる。チェ·シラという俳優私評価することができる領域ではない。権威意識もないのであれと演技力は言うまでもない。·チャンウクがも気さくでいい人だ。セヨンがは撮影現場全体で美しさを受けた。キスシーンを撮る監督が警察呼ぶって言われたよ。(笑)またチャ·ファヨン先輩の魅力は最高だ。会話を交わしてみると吸い込まれていく。現場の雰囲気はどんな作品よりも良かった。 "

013b.jpg

もう30代だ。 恋愛はないのか?

"しなければならない。人生は愛である。しなければならない。以前に恋愛をしてみると私一人じゃないよ。私の周り社人を大きく気を使わない。最近も明洞に公演を見に一人で出かけ道でダルゴナを買って食べる。同じ職業を持つ友人に会えば、その友達がほしくなければ仕方がない。振り返ってみるととても残念だ。戻って来ない20代を愛する人とやりたいことをすべてしていなかったのは死ぬまで後悔するようだ。 "

- 残り2012年の計画は何か?

"3日休んだのに酒を飲んだ。その他にも継続学ばなければなり歌も続けなければならない。体が壊れて運動もしなければなり見られなかった映画公演だ見なければすべきことが多い。飲みすぎでもう終了する必要がないようだ。(笑) "

enews24より


この記事の写真、いいですよね~~


キム・ジェウク”The Moment ”DVD より~GIF&画像2

013b.jpg

013b.jpg


013b.jpg
013b.jpg



013b.jpg

013b.jpg


013b.jpg



013b.jpg

013b.jpg


013b.jpg
013b.jpg
013b.jpg
013b.jpg


AMYさんからお借りしました。ありがとうございます~~

この短い頭も、今では懐かしいですね。
メガネが大きくて、可愛いです~~


キム・ジェウク”The Moment ”DVD より~GIF&画像1



DVDの詳細は こちら


013b.jpg

013b.jpg


013b.jpg
013b.jpg
013b.jpg



013b.jpg

013b.jpg


013b.jpg
013b.jpg
013b.jpg
013b.jpg
013b.jpg
013b.jpg
013b.jpg


AMYさんからお借りしました。ありがとうございます~~


チュ·ジフン""光害"千万突破、船痛かったかって?" [インタビュー]

012b_20121129213927.jpg

去る29日、ソウル鍾路区のあるカフェで行われたチュ·ジフンのインタビューは和気あいあいとした。 5年ぶりにブラウン管に正常に復帰した彼に続いて続いたインタビューはどのように見れば、どんな美辞麗句よりも貴重な賞賛のようなものだったから。

それでもそれはやはり不便な質問は避けることができなかった。 だから "五本指"とは無関係だがチュ·ジフンとは、関連するいくつかの原因となるのだった質問だけを選んで処分思う。

012b_20121129213927.jpg

Q1。 なぜ"五本指"だったのか?

チュ·ジフンは軍除隊後復帰作で映画 '私は王これソイダ "を選んだ。 ここで彼は奴婢の身分に若い頃、世宗の帯域を必要するキャラクターを引き受けて壊れるように壊れた姿を見せてカムバック信号弾を撃った。

しかし、その後に選んだ作品が "五本指"だったが、天才ピアニストでありママであるヨウンラン(チェ·シラ)と弟の引き下げ(チ·チャンウク)と感情的に継続ぶつかってなければならないゴセンギルを選んだのだ。

"わざわざイメージ変身のような計画を持って選択したのはなかったです。事実"今度はこんな役割をヘブワヤジ "と心を食べても提案が入らないと、できないのだから。元々そのように緻密に計画を立てるタイプではない

続いてチュ·ジフンは "事実最初からユジホにささったのはなかった。会社から"してみたら良いだろう "と推薦を受けたドラマを撮影してますます合わせて行った。多くのことを学ぶことができる作品だった"と話した。

012b_20121129213927.jpg

Q2。 "私は王である" VS "光害、王になった男"

チュ·ジフンが出演した映画 "私は王これソイダ"とイ·ビョンホン主演の "光害、王になった男"は賎民身分のキャラクターが王の帯域をマᆾゲという設定を共有している。 しかし、すでに大衆に開かれた結果は、 "光害"の圧勝で終わりを結んだ。

"実は映画の後すぐに"五本指 "の撮影を入ってまだ"光害 "を見ていない。それでも(この)イビョンホン先輩演技上手なのはすべて分かるでしょう。前、まだ私の個人の力で映画を興行させるだけの力量がない良いです "

以後チュ·ジフンは "映画を見て総合芸術だとするためにスタッフたち、俳優たちがお互いに頑張っなければならないことも重要だが、明ら​​かに運が作用することもある"とし、自分の能力に対する冷静な診断を下すこともした。

012b_20121129213927.jpg

Q3。 "公開恋愛VS秘密の恋愛"チュ·ジフンの選択は?

インタビュー末尾チュ·ジフンが息をゴルドン刹那、彼は恋愛についての質問を受けて "もうしますよ"と言いながら照れくさい笑いを作って見せた。

"私は独立した方がいいですよ。私が仕事のためにちょっと会うことができなくなってもそのまま​​"働いている。私は友達と遊ぶ "こんな感じ?自由分専門の特性上、会うより快適だと思う"

また、彼は公開恋愛については "芸能人なのか一般人なのかに関係なく、相手の意思が最も重要なようだ。相手がしたくないのに私が出て公開することはないようだ"と話した。

続いてチュ·ジフンは "公開恋愛といっても騒がしく事実を明らかにすることよりは、女友達と明洞のような距離で自然に動き回るようだ。だから誰が私を調べて、"二人に会うのか "と言えば"はい "と答えてくれればなるだ "と自由よどみない性格を現わした。

約1時間ほどのインタビューでやり取りされたことが、多くの質問のうち、この三つを別々に引いた理由は、この質問に対処する彼の答えがチュ·ジフンの性格を最も克明に見せてくれているからだった。

彼は "光害"の話も、恋愛の話も避けなかった。 よく使う返し言う方もいなかった。 その時になって分かった。 なぜ女性が "チュ·ジフン '、'チュ·ジフン"の歌を呼ぶ。

TVdailyより


チュ·ジフン "私はハリウッド行けばダメですか?" 美進出欲

012b_20121129213927.jpg

俳優チュ·ジフンがハリウッド進出に対する欲を表わした。

チュ·ジフンは最近、アジアトゥデイとのインタビューで演技活動のほか、今後の計画について"曲を作る作業が楽しい。 今は公演する曲だけギターを弾くことができるレベルなのにもっと学ぶ。 時間になるとピアノも習いたい。 ところが楽器二つを一緒にするのは本当に大変だ"と話した。

チュ·ジフンは普段バンドを結成して曲作業と演奏に参加している。 彼は去る10月に釜山国際映画祭の野外ステージでびっくりコンサートを開いて自作曲 "タイム(TIME)"と "アウェー(Go Away)"などを発表した。

彼はまた、 "英語も学ばなければならない。 ハリウッドに行きたい "と付け加えた。 記者が "ハリウッドに進出したいのか?"と問い返すと、 "一人だけの夢である。 私はそんな夢持てばならないになるのか。 行かなくちゃ "と言いながらかっとする姿を見せて笑いをかもし出した。
チュ·ジフンは "俳優たちがほとんどハリウッドに行けばアクション演技をする。 私は俳優なのにアクションのロマンがない方だ。 そのようなことはなく、長い呼吸を持った作品をやってみたい風がある。 最近アメリカのドラマ "ニュースルーム"の短い映像を見たが、同じディテールな作品もやってみたい "と話した。
一方チュ·ジフンは除隊後初のブラウン管復帰作SBSドラマ "五本指"でものすごい運命の天才ピアニストユジホ役を演じて好評を博した。

012b_20121129213927.jpg

アジアトゥデイより


先日の舞台挨拶の時も、今度また”ピアニスト”の役をやりたいと
言っていたので、ピアノは好きらしいですね。


チュ・ジフン“来年上半期公演計画中、が取り替えている”

015b_20121129213926.jpg

多才多能な俳優チュ・ジフンが公演計画に対して明らかにした。

チュ・ジフンは最近ドラマ‘五指’(キム・スンオク脚本、チェ・ヨンフン演出)と関連したTVリポートとのインタビューで“来年上半期に公演を進める予定”としながら“歯ぎしりしている”と話した。

去る10月チュ・ジフンは第17回釜山(プサン)国際映画祭(BIFF)の海雲台(ヘウンデ)ビーフ ヴィレッジ野外舞台でびっくりコンサートを開いた。 自作曲‘タイム’ ‘故アウェー’等はもちろん俳優チェ・ガンヒと映画‘ウォンス’ OSTを熱唱してファンたちを熱狂させたことがある。

これに対してチュ・ジフンは“ドラマ撮影中だと練習をたくさんできなかった。その上に監督が感情をさらに強く要求して叫びをものすごく怒鳴った。コンサート当日午前10時まで撮影しながら激しい感情を注いだところ声が出てこなかった”と当時を回想した。

引き続き“五味子物2リットルを飲んだ。親指人差し指足の指の間の部分が首指圧点(店)といったよ。声が出てこないからマネジャーが熱心に飲むがした。痛かったが首が産むべきだとの信念でこらえた。結局かさぶたまでできた”と説明した。

練習不足とコンディション乱調で惜しい公演であっただけに新しく準備してまともに実力を発揮するというチュ・ジフン. 彼はまた“私の友人も暮らさなければならない”と率直ながらも機転が利くように付け加えて笑いをかもし出した。

そうかと思えばチュ・ジフンは旅行計画も知らせた。 彼は“去る4年の間まともに旅行らしい旅行したことがなくて心が疲弊する。 公演前にひとまず旅行を一度行ってこなければならない”と明るく微笑を浮かべた。

TVリポートより


来年の2月のイベントは、やはり・・・ 


"五本指"チュ·ジフン、 ""恋愛するのか "聞くと会うでしょう?"(インタビュー②)

012b_20121129213927.jpg

012b_20121129213927.jpg

012b_20121129213927.jpg

殺人濡れ衣を冠した人が分かってみれば実の母だ。 現実なら避けたいと思って理解したくない最悪の状況だ。 チュ·ジフンは、過去数ヶ月間維持号されて普通の人が想像していなかった生活を送った。 ドラマの中の母親のチェ·シラがなく、チュ·ジフンの実の母親が見たら "私の息子痛ましい"という考えが自然に入るほど。 "五本指"を見た母は、意外に本音を息子に明らかにされたんたとした。

"私の母は子に被害を与えればならないと考えてください。 被害を与えるというのは撮影現場に訪ねてきて、私に気を使うというですね。 私が軍隊でミュージカルを全国を回って44回んですよ。 後で友人に聞いた私の母が私のミュージカル公演をすべて見たと言うんですよ。 私は一度だけ電話や文字もない喋る控室にも訪れたことがありませんか息子に被害を与える。 だからいつも息子に会いに行きたいと父と戦うでしょう。(笑)今年の釜山国際映画祭の公演も私こっそり見ガショトダヌンにマネージャーハンテ後聞いて知っていた。 "

<五本指 "の結末はハッピーエンドである、サッドエンディングで結末の話が多かったが、主演俳優のチュ·ジフンはドラマ展開上、優れたエンディングだったと語った。 "ヨウンランがシルジョクサで死亡し​​先端を結んだ結末は満足している。 和解の結末を結んだ面も親切です。 29回すべてを無視するわけでもあります。 今のエンディングはむしろハッピーエンドはないでしょう? ジホはかわいそうですけどね。 "

<五本指>で最終回を除く29回まで母親のチェヨウンランと戦って、極端な感情の神披露した。 ますます目が遠ざかっていく母親と最後まで戦わなければならな息子の心情はどうだったのだろうか。 "お母さんが息子に殺人濡れ衣までスイウォトじゃないですか。 私たちは俳優だから、その事実を本物と考えるべきでしょう。 私の母は私を殺そうとしたと思ったら、より集中がよくできてましたよ。 台本に加えて、より多く作って表現しなければしました。 "

チュ·ジフンなら濃いメローも、音楽、映画ジャンルでも十分に消化できましたが、本格的な復讐劇を復帰作に選んだ。 結果的には、様々な年齢層の視聴者に顔塗装を撮って演技スペクトラムを広げたきっかけだった。

"計画的にこの作品は、このキャラクターをしなければと実行に移すタイプではない。 作品も制作陣も接続されてなければ可能で、シナリオが点灯可能なようです。 ミステリースリラー物のドラマを撮って、低予算映画に出演してミュージカルをして、コメディ映画をする第フィルモグラフィーを見ても、わざとするようにしてもできない踏む手順がないでしょうか? 私の同じ年頃の俳優たちよりかなり自由に生きることと思います。 "

インタビュー始終チュ·ジフンは率直で淡泊な回答で一貫した。 言葉に素直を与えるか、不必要な回答をしておらず一抹のためらうことなしにすべての質問に、速戦即決で答えた。 このような自由奔放な性格を示す逸話を公開した。

"私背が高くて肌も黒くどうしてもモデルのイメージが強いため、街で私と出会う方々が私を険しくつかはないです。 そのためか、普段にも何はばかることなくよく動き回る方です。 週末には "明洞芸術劇場"に行って公演を見たんです。 明洞芸術劇場が次の進入が困難な道の真ん中にいてみると歩いて行くべきなのにそうして私を知っているご覧の方々がいらっしゃれば、 "こんにちは?"と挨拶して行きます。 "

恋愛になったら公開する意思があるかという質問にもチュ·ジフンはクールな回答を出した。 "私(公開恋愛を)したいと押し通すことができる部分ではないようです。 "公開すべきだ"と心を食べると記者会見でも、SNSに文を書きた何かの行為をしなければないでしょう。 私は恋愛するときに私の愛以外に関心がない。 愛する忙しいでしょう。 相手が私と同じことをする友人も一般人の友人でも明らかになっても関係がないとすれば、誰かが私に "恋愛するのか"と尋ねたとき、 "はい会いましょう"と答えることはできるでしょう。(笑) "

今恋愛をしているのかは石の直球質問にチュ·ジフンは "しますよ。 よ "と多少慌てたような反応を見せた。 それでも "記者たちの恋愛かという質問に俳優や歌手たちが恋愛しないという回答は互いに意識的にすることではないか"と冗談をたたく余裕を見せた。

チュ·ジフンの心を捕らえる理想のタイプは "独立した女性"と付け​​加えた。 "スケジュールが不明な職業なので、何のスケジュールがないがも10分前に約束が生じることが多いです。 そうしたら "私がいて会えない"と言った時、 "うん。 働いてと。 分かって遊ぶ "という友達がいいんですよ。 男でも女ですよ。 事実友人がマンジンありません。(笑) "


映画とドラマの二つの作品を相次いで終えたチュ·ジフンはしばらく個人的なスケジュールを持ち、休息期に突入する予定だ。 惜しむこれらのためにチュ·ジフンは来年にジェスターズのコンサートを計画していると明らかにした。 "バンドの作業は友達と共同で作業しても、私はディレクターから面白いと思います。 最近では歌を作ることもしてよ。 考えをたくさんしてい。 余暇時間が生じてもスポーツより本見て、映画を見て、公演見てそういえそうです。 運動は漢江(ハンガン)​​で走って、自転車に乗って酒を飲むくらい?(笑)こんな日常が繰り返されるのです。 "

(記事情報提供および報道資料お問い合わせ:ザ·スターthestar@chosun.com )

朝鮮日報より



"五本指"チュ·ジフン、 "すべてをソクヨド自分はできないソクイジョ"(インタビュー①)

015b_20121129213926.jpg

015b_20121129213926.jpg

015b_20121129213926.jpg

30部作の長い呼吸を必要とする作品を終わらせて、さらに成熟したと俳優チュ·ジフンは言った。 去る25日ヨウンラン(チェ·シラ)のシルジョクサで悲しい結末を結んで幕を閉じたSBS週末ドラマ<五本指>(脚本キム·スンオク、演出チェ·ヨンフン)でチュ·ジフンはすさまじく痛くて、イライラして、再び起きて俳優としても一人の人間としても大きく成長した。

"台本には"巻投信 "と書かれていても急激な突き、遠投、ストレートをする場面を何度も撮影しなければないでしょう。 した新でもいろいろと分けて撮影していると思います。 膨大な量です。 さらに、角材もぶよぶよぶよぶよしたのではなく本物の察知んですよ。 効果は本当に..(笑) "

軍除隊後5年ぶりに映画 "私は王これソイダ>とドラマ<五本指>でスクリーンとブラウン管攻略に積極的に出て俳優活動を再開した彼は変わった制作環境にまだ適応していない様子だった。

"今回の作品撮影時に私が演技しながらヌキギエン頭を下に下げて、カメラはもっと遠くからとるのが正しいと思ったが、実際には、カメラを見つめて、より近くで撮るようなディテールたカメラ撮影技法で撮影が進行されて驚きました。 展開も速いでしょう。 前作である映画<西洋骨董洋菓子店アンティーク>は、長い呼吸で撮影して細かな編集に作品が完成したんだけど、最近製作システムは、それの半分と、かなり急速に進ん迎えました。 そのような点が以前と違うようです。 "

特に撮影テクニックだけでなく、生放送で進行されるドラマ撮影日程も以前とは別の部分なので、ドラマ序盤には適応がないたという。 "5年前には1週間に一度は休みの日があったようだが、最近はそうではないんですよ。 毎作品、様々なジャンルに出演してみると、実際に適応するのが毎回難しいです。 すべてのジャンルを渉猟することができる年齢になったらその時ちょっと楽にしますか? "

準備するひまもなく撮影にイムハダてみると他の人々がいくら "演技よかった"と賞賛しても、自分の足りない部分だけ見せた。 "すべてを欺く順も自分はない騙してね。 徹夜の撮影で寝られない寝音が正常に出ないことも、集中が乱れることもあるじゃないですか。 僕は、自分のモニタとそのような部分が見えることでしょう。 "

なぜこのように自らの足りない部分だけを見て反省しているか気になった。 作品の大衆と評壇の評価を除いて俳優たちの演技だけを見た時はかなりの好評が相次いだためだ。 その自ら "私、今回の作品ではかなりよくしたの"と喜んでいてもおかしくない状況である。

"持つことができないことをウォンハニカ僕は、自分疲れなると思います。 たとえば、映画 "ティンカーテイラーソルジャースパイ>(Tinker Tailor Soldier Spy、2011)の中ゲイリー·オールドマンが朝起きて水泳で落ち着いて歩いていくロングテイク(long take:長時間撮影)シーンは、その年齢でなければ絶対できないです。 とてもうらやましくしたい私は年齢が若いから筋肉自体が力が入っていてすることができないのです。 それでもずっとそのような演技をしたいと思いウォンハニカ満足させないいいんですよ "

本人自らはまだ満足段階ではない重ね適度な言葉を並べたが、実際にドラマ視聴者掲示板やSNS、いくつかの記事では、 "五本指"でテレビ劇場にカムバックしたチュ·ジフンに甘い点数を出してくれた。 このような大衆の評価については、どう思うかと尋ねたところ、ようやく明るく笑う。

"そう見ていただければそのようなことでしょう? 自己満足することは容易ないでしょう。 その部分は、あのようにしなければしている物足りなさがいつもナムウニカ。 多くの言葉が記憶に残るのに "維持号に見える"という言葉が一番印象深いものと思います。 俳優としては "よく泣く"、 "化をよくネネ"という言葉よりは "チュ·ジフンに見えない"という言葉だけ補償を受ける気がする賛辞もないんですよ。 "

もう一歩ガールだったから、次の一歩を踏み出す番だ。 <五本指 "を使ってチュ·ジフンを再見た視聴者も彼を長い間応援してきたファンも息ぜわしく駆け付けチュ·ジフンの次期歩みにすでに関心を示している。

"次の作品を早くしなきゃこんな計画はありません。 シナリオは常に見ている良い作品が点灯すると思います。 来年になって見なければなら分かるが、他のフンミトゴリも見つけてみたい。 コー​​ヒーを飲んで車を飲まなければ、茶道に関する映画を撮ることになった時に共感ができないようになるでしょう。 それでは、 "ああ、茶道が楽しみね!"と渡してしまうことがあるんだ茶道を学ぶと、 "あ〜これ面白いね!"と感じることができるのだから。 これからまたどんな経験と向き合っかと期待しています。 "

朝鮮日報より



チュ・ジフン写真~3

015b_20121129213926.jpg

015b_20121129213926.jpg

015b_20121129213926.jpg

015b_20121129213926.jpg

015b_20121129213926.jpg

015b_20121129213926.jpg

015b_20121129213926.jpg

015b_20121129213926.jpg

015b_20121129213926.jpg

015b_20121129213926.jpg

015b_20121129213926.jpg

チュ・ジフン写真~2(OBSNEWS編)

013b.jpg

013b.jpg

013b.jpg

013b.jpg

013b.jpg

013b.jpg

チュ・ジフン写真~1(STARN編)

凄い記事と写真の多さ!凄いです~~(嬉しい悲鳴!
インタビュー記事を、全部載せることは難しいので・・・
写真だけを載せますね~~


013b.jpg

013b.jpg

013b.jpg

013b.jpg

013b.jpg

013b.jpg

013b.jpg

013b.jpg

チュ·ジフン "彼女できたら公開恋愛は..."

素直で気さくだ。 虚飾なく魅力的だ。 最近放映終了したSBSドラマ "五本指"の主人公チュ·ジフンの初印象だ。

彼は "五本指"で数奇な運命を持ったままホロ分解幅広い感情シーンを消化、大衆から演技力好評を受けた。

チュ·ジフンは去る28日、ソウル三清洞のあるカフェで灰色に染めた独特のヘアスタイルを翻して記者たちといちいち目を合わせて最初の挨拶を交わした。 そして50分余りのインタビューずっと自分の演技哲学から恋愛観まで、まるで友人との会話するように打ち明けた。

以下一問一答。

-4ヶ月間の大長征を終えた所感がどうなのか。
▲いい。 非常にいい。 もう休むこともできる。(笑)除隊して一日も休まずに働いた。 近いうちに旅行も行く予定だ。


-前作"紳士の品格"に比べて"五本指"の視聴率は高くなかった。
▲悪くない視聴率だと思う。 12〜13%程度出てきた。 もちろんそれよりも高ければいいのですが、それでも私は(視聴率を)どのようにすることはできない。(笑)視聴率を大きく気を使う方ではない。 演技に集中したいタイプだ。

-ブラウン管に久しぶりに姿をうかがわせた。 以前と雰囲気が大いに変わったか。
▲以前より変わったようだったよ。 劇の流れが "五本指"のようにそうすぐに流れる作品に出演したことがなかった。 適応期間が必要だった。

-女主人公が交換される異例のことがあった。
▲実はTVをよく見なくてゴシップをわからない。 (製作スタッフにハム·ウンジョン下車事実を聞いた時) "なぜ?" と言いながら困惑した。 どこ痛いと思った。

- 'どん詰まりドラマ'と呼ばれたりもした。
▲最初にミーティングをしながら手薄するだろうと考えたことがない。 ご存じのようにドラマは頑固が出てこない。 製作陣を信じて行った。

-劇中でピアノを弾くの役割だった。 興味がブトオトナ。
▲ピアノを弾くことに確かに興味ができた。 これから本格的に学んでみるつもりをしている。 でも、たくさん練習はできなかった。 映画なら分からないのにドラマは時間的な余裕が​​ない。 だから準備する過程が難しかった。 私は直接するのがよい。 演技をしなくて実際にしてしまえばいいから。

-チェ·シラと母子関係に出演した。
▲チェ·シラ先輩はすべての神に集中を上手にする。 私は実際にチェ·シラ先輩を評価する暇(?)はありませんが、(チェ·シラとの演技は)非常に良かった。(笑)チェ·シラは権威意識もなく良い先輩だ。 そしてチャ·ファヨン先生も本当に魅力的だ。 (か)·チャンウクがも気さくでよくして(された)セヨンがも美しさをたくさん受けた。

-ほとんど感情神多かった。 難しさはなかったか。
▲すごく難しかったです(笑)劇展開が速いたら途中で感情神再度受ける場面がない。 感情の高まりを置くことにすべての時間を割いた。 大変だった。

- "五本指"は本人にどのような意味なのか。
▲様々な意味がある。 私の作品の中で最も長編で、感情の起伏も激しく、、復讐、痴情、ピアノ、メローなどドラマの中で多くのこともあった。 最近のレストランに行ったイルハシヌンおばさんが私の手を握って涙をドラマとても悲しかったといったよ。 私が好きなので、選択した日は誰かに感情的に助けになると気持ちの良いことだ。 大人たちが "五本指"をたくさん好きなのたから満足している。

-演技力で好評を受けた。 自分でも満足してや。
▲満足できない。 たとえば、神がよく出たが、私は体調がない良かったことがある。 そのような場合には、満足していないということを私だけ知っている。 常にベストコンディションで撮影をしたい、それは不可能である。 だから、常に満足することはない。

012b_20121129213927.jpg

-演技に対する欲が多いようだ。
▲面白い話だ(笑)自分の職業をよくするのが当然だ。 そんなことがプロのようだ。 プロは他人のお金れる人々である。 よく合うことを売らなければならない。 演技の先生がしてくれた言葉だ。 当然(俳優も)職業だから絶対特権層ではない。

-今後の作品活動に注力する予定である。
▲以前より多くのことらしい。 以前は1年に1回ずつ(作品を)した。 今はその時より数年が経った。 年を取るほど、実際に経験したことがあるので、以前より関心のものより生じた。 おもしろが多くなり、共感シナリオが多いだろうという気がする。

- "無限挑戦"を好むのに芸能出演計画はないのか。
▲実はTVをほとんど見ない。 "無限挑戦"が取りまとめてみる。(笑)以前に芸能プログラムに出演したことがあるのに、ほとんど戦場だったよ。(笑)どのタイミングで言葉をすべきか分からないし、雰囲気に合わせなければならに適応すべきだと思う。 私芸能天才ではない以上、芸能に出演することを考えると恐ろしい。(笑)

-恋愛はないか。
▲なければならない。 人生は愛である。(笑)

-公開恋愛についてはどう思うか。
▲恋愛をしてんだから恋愛は私一人でするものではない。 私は(恋愛をしても周囲の視線を)気にしない。 しかし、もし同じ職業を持つ友人に会うが、この友人が公開恋愛をしたくなければ私もしていないと思います。

ノーカットニュースより


ジフニ自身は、相手が承諾するなら、公開恋愛をしてもいいということですね。
でも・・・もうちょっと先にしてほしいなあ~~


チュ·ジフン ""五 "、友好的なドラマなので難しかった"(インタビュー)

013b.jpg

カフェの中に響いた愉快な笑いは維持号再び俳優チュ·ジフン(30)に戻ったことを実感できるようにした。 SBS週末ドラマ "五本指"で耐え難い悲しみの中に涙と怒りを買うキドン彼はドラマの中の悲劇を乗り越えてさらに成長した姿だった。

灰色の色の髪が光を受けて銀色に輝いた。 "そのままです。ただ気分転換でした"と髪の色を変えた理由を語る彼の姿も訳もなく身軽になった感じが伝わった。

"五本指"は友好的なドラマ..俳優には難しい作品。"

それもそのはず、 "五本指"でチュ·ジフンは自分を心底嫌いし、自分も唯一のきつい心を抱いて複数しようとしていた存在である継母が分かってみれば生母であったプロットの中で嵐のような感情演技を繰り広げた。 後半には、毎回怒りや涙をこぼし出した彼だった。

"家を出た母親を発見した済扶島でジホが嗚咽ですね。そして車に乗って行きながらまた泣いた。通常は一つだけ出て、今回の作品は感情神多かったです。"

毎回休みなし感情とセリフを吐き出しなければならない場面が多く俳優として容易ではない作品だった。 しかし、自分の思っていたのと少し違って難しかった作品なので噛みより痛い指でもある。

"個人的にジャップ必要がありフックがあると思います。体がダメージを記憶するでしょう。だから最初からフックを迎えKOは容易ではないそうです。ところが今回の作品は、大きな神が相次いでいてたくさん相談して、分割しながら作業しました。"

彼はそのような "五本指"を "親切なドラマ"と表現した。 視聴者に親切するためには、俳優たちももっと努力して努力しなければした。

"状況説明をセリフにもしてくれる作品でした。それが演技することは容易ではないですね。感情が大きい大使が多ければ、それをすべて表現するのが大変です。静かだ一度怒る大きく近づいじゃないですか。でもキャラクターがずっと怒ってある見るから表現が難しかったんです。展開を早くしてみると、中間になぜこのような場面があるの説明がされている背景を俳優が自ら作り出さなければならよ。難しかったけど、それだけ本当にたくさん学びました。 "

013b.jpg

"女主人公交替、出演俳優皆に容易でなかった。"

"五本指"は出生の秘密、不倫、殺人、復讐など刺激的な素材を扱っただけ "大引け"の議論を避けて持つなかった。 キム·スンオク作家の前作 "妻の誘惑"、 "天使の誘惑"、 "笑ってママ"などに照らしてドラマがふたを開く前から、このような懸念があることもした。

"ドラマが最初からシナリオが最後まで出ていなかったから監督と作家様の言葉を信じていくことでしょう。監督がジホという役割に私持っているイメージ、前作で見せてくれた感性などよく似合うおっしゃってくれました。繊細で女てた人だが、後で復讐することになるという説明も。その時は複数が中心になるとは思わなかったし、元の企画と他の部分に行くようになったのもきっとあるでしょう。でも最後まで信じてたし、視聴者が楽しんで見てくれればいいと思いますよ。 "

強い素材を編み出した話自体も実に強烈おり、毎回戦争のような展開が繰り広げられた。 死んだと思った人が生きてきたり与えるように憎しみた人の実の息子で明らかになった。 共感する容易ではなかっこともある。

"劇中の状況を理解していない時もあります。そんな時は、独り言でぶつぶつ言っまくって"さあ、行きましょう! "と集中している。すべての作品は、視聴者が見て感じるのが答えだと思います。見て面白いとすると、面白いゴゴ面白くないと面白くないんですよ。俳優が云々の評価を下す難しいようです。 "

ドラマの撮影開始前ヒロインの交換も "五本指"の出演俳優たちに試練だった。 結果的にすべての俳優たちが一緒に努力してドラマをよくリードしたが、作品を一緒に準備していた仲間として切なさはなくはなかった。

"ウンジョンが大変でしょう取り上げすれば余計状況が良くないんじゃないかたい注意甘い。仲間と幼い弟でもないからです。ぜひウンジョンだからではなく、俳優が一週間前に変われば、すべての演技者が大変です。個人的にもサダムも分けて練習もしながら台本にその人のイメージを挿入して準備をするようになり、女主人公だけでなく、すべての役割が同じです。ところが、基礎工事から直す必要がありだから。簡単ではなかった、当然。 "


013b.jpg

"母は14歳年上、恋人は12歳年下。呼吸どうだったかと..."

タミ役ではなく合流することになったのは19歳で、複数の作品で女主人公を横取りしたチンセヨン。 クイック94年生まれのチンセヨンは82年生まれのチュ·ジフンとは12歳の年齢差があった。

"セヨンが幼いうえ恋愛経験がないてみる。ラブシーンでそんなことがついて出てくると思います。現場で監督が"岩木セヨン "と冷やかした時期もしましたよ(笑)でも、元のタミのキャラクターがセヨンのそのような場面と似ているキャラクターなので、より自然で良かったと思います。 "

相手役との年の差が多かった一方母親の役割であるチェ·シラとは年齢差があまりない私は妙な状況が演出されたり。 二人が並んでカメラの前で感情をキャッチしようとすれば、 "恋人みたいでだめだ"という監督のボールマン音が自然に出たりしたのに。

"下に12歳の上14歳呼吸でした。最初から"チェ·シラ先輩 "としなくて、わざわざ"ママ "と呼びました。"白井ママ "があまりにも間石田みる監督が恋人みたい嫌いだと冗談も言ったんです。スキンシップがある場面でもあればそのような話がたくさん出ました。チェ·シラ先輩はすべての神に集中する部分が本当にすごいと思います。先輩たちがあんまり上手だから、私もその気持ちを受け継いで演技するのが容易だったようです。 "

013b.jpg

"バンド活動は幸福のためのもの...皆誰かのために作った曲。"

ピアノが主な小物で登場した今回の作品で、彼のピアノの実力が断然光を放った。 実際に作曲をしてジェスターズというバンド活動もしているチュ·ジフン。 歌手としての彼の姿も見られるか気になる。

"バンド活動はそれだけで私良くするんです。私が扶養しなければなら家族があり、すぐに儲けが急務とするのが難しかったでしょう。でも、私はそんな状況ではないのだから、個人的な満足のために小さくしている活動です。"

もしアルバムを発表することもあるのかという問いに彼は "希望の方があれば出すかもしれません、よく分からない。お金や人気が目標な活動はないので、もしかしたらアルバムを出す場合でも歌謡プログラムはないいくと思います"と笑って答えた。

彼の音楽の土台は昔の縁との思い出をもとにしています。 "私が作った歌は全部誰かのために作ったんです。最近ではなく、少し古い...多く深かった人々を思いながら"という彼の言葉が彼の音楽を気にさせた。

"大衆文化というのが嬉しい時を楽しみ、悲しいとき慰められることがあるじゃないか。だからジャンルも多様にあるので。私にバンドがそうです。私も幸せでいたいから、私の好きな​​ことをするんです。"

音楽が彼に喜びと同時に上で幸せなように、チュ·ジフンも自分を見る人々にそのような演技を広げたいのだろう。 インタビューを終えてからこそ、先に "ドラマは、見る人の気が答え"という彼の言葉が違って感じられた。 作品に対する反応に 'クール'なものできたが、ただ見て、そのための演技をしたいという彼の繊細さが音楽のように届いた。

012b_20121129213927.jpg

マネートゥデースターニュースより


髪の色を変えたのは、気分転換のためだったんですね~~


チュ·ジフン "復讐?涼しくはなかったようだ"(YONHAPMEWS編)

012b_20121129213927.jpg

012b_20121129213927.jpg

012b_20121129213927.jpg

012b_20121129213927.jpg

SBS "五本指"でユジホ役

最近終放したSBS TV週末ドラマ "五本指"。 "追い討ち"と後ろ指を指されたが、視聴者を試みTVで目をはなすことができないようにする吸引力は優れていた。

その絶え間ない陰謀、裏切り、復讐の渦の真ん中には、チェ·シラが熱演したチェヨウンランと一緒に劇中の天才ピアニスト、出生の秘密を抱えて生まれたまま号あった。

最近鍾路区徐のあるカフェでユジホを演じた俳優チュ·ジフン(30)に会った。

"リベンジ?涼しくはないらしいですよ(笑)"

まるでキム·スンオク作家のヒット作 "妻の誘惑"で焼き材(チャン·ソヒ)が顔に点を打ち、帰ってきて復讐を開始したように、ユジホは、米国で1年間去ったが復讐の化身になって帰ってきた。

"ジホが変わっては私が少しきつくしました。内容的には私が被害者と、彼らが加害者じゃないですか。ところが、ドラマが長いから加害者である彼らが苦しんでいる姿もたくさんビーチましたよ。"

彼は "曖昧になっ部分があってするときは、確かにしようとした"とし、 "台本にもジホが"強く "するように出ていた"と説明した。

でも継母ヨウンランが実の母親で明らかになってドラマは、その主題を複数の親子の縁で劇的に転換し、ジホの復讐も止まった。

"葛藤があるだろうと思ったが、ここまで復讐劇だとは思いなかったよ。あらかじめ"知ってい​​る "演技をしたくなくて結末を聞いて見ていないんですよ。"

チュ·ジフンは "助詞一つ違わずそのままにする演技が好きな俳優がいて、セリフをわざわざ忘れてしまおうと努力する俳優もいる"とし、 "ここでは後者を試してみたかった"と説明した。

"台本が口語ではなかった。その点を買うたんです。アクセントでポイントを与えて、まったくキャラクター化しました。"

そういえば、彼のTV前作の "魔王"も復讐劇であった。

彼は "製作陣が"魔王 "をレポートピアニストの維持号画像や、維持号表現しなければなら感性が出てよく似合うよ"と出演のきっかけも一緒に説明した。

息を弾ませ走った話の速度と比例して主演俳優としてチュ·ジフンが感じた難しさも大きかった。

"展開が速いたら演技者としてはその間のない場面を頭の中に写真のように打ち込んで囲む必要があり良いです。ように感情が出てくるからね。学んだ点が多かったです。"

彼は "感情も"川 - 約 - 中強度 - 約 "が必要だと思う"とし、 "大きな感情が相次いで身動きが取れないときは、監督と相談して分割しながらの作業だった"と演技に入れたボールを説明した。

去る25日の最終回でジホと引き下げ(チ·チャンウク)が済扶島を見つけヨウンランと再会する場面がその例。 ジホが来た事実をヨウンランは知らないよなかったのでチュ·ジフンは出てくる涙を熱心にこらえて感情を爆発させた。

"彼ら(カット·ヨウンラン)の話に集中しました。状況が1年が経ちじゃないですか。1年の間に母親を捜し回って、心配になって眠ることもでき成す場面を想像したんです。"

劇中で彼と母子関係に登場したチェ·シラはわずか14歳年上。

"私はだから最初から現場で"白先輩 "と呼んでいない。口に慣らさ作成"ママ "と歌った。ところが、"シラーママ "があまりにも間とPD様が"恋人だ "と嫌いくれました。(笑)"

一方、彼とのラブラインを描いダミエ役のジーンセヨンは、それよりもなんと12歳年下、帯同い年です。

"ぎこちなさがにじみ出出てくるのがあったが、仕方ないですね。十九歳のがとても上手くやっても異常じゃないですか。ダミエがそのようなキャラクターだと大丈夫でした。"

彼は "どうしても上より下が楽だ"とし、 "選挙より後任が楽ではないか"と冗談も投げた。

"五本指"の視聴率は10%前半に留まって幕を閉じた。 '大引けドラマ'が通常の非難を受けながらも、視聴率では、 "楽しさ"をみる "五本指"はそうでもなかった。

"そのような部分に気を使うより自分の演技に集中しようとしました。私の性格もそうです。"

彼は "視聴率は幼い時から気にしないようにして楽になった"とし、 "仕方がないのは仕方がない"と淡々と話した。

チュ·ジフンは演技とは別に片手間にバンド活動も楽しんでいる。 先月釜山国際映画祭では舞台に上がって自作曲を披露した。

"もうした8曲を作りました。私が望むほどの曲がいっぱいになるとアルバムも出しますよ。歌作るのが面白くて、魅力を感じてバンドをしています。"

"五本指"で生まれつきのピアニストに変身したチュ·ジフン。 実際のピアノの実力はどうだろうか。

彼は "よく打たはない"と言いながらも "軽いポップソングやニューエイジ音楽は1週間程度練習すればトンをたどることはできなくても違わないことはある"と紹介した。

劇中で "運命のライバル"で演奏対決を繰り広げたチ·チャンウクの実力も気になった。

"私が見るには私よりもできなかっ張り上げる。自分はよく打ったそうです。練習もたくさんしたというが、あまりない。(笑)·チャンウクと一緒にはとても親しい間です。"

総合ニュースより



012b_20121129213927.jpg

012b_20121129213927.jpg

012b_20121129213927.jpg


俳優チュ·ジフン(newsis編)

013b.jpg

バクジョンミン記者=俳優チュ·ジフンが29日午後、ソウル鍾路区三清洞のあるカフェでニューシスとのインタビュー前でポーズを取っている。


インタビュー前のポーズとるチュ·ジフン

013b.jpg


ポーズとるチュ·ジフン

013b.jpg


ポーズとる俳優チュ·ジフン

013b.jpg


チュ·ジフン

013b.jpg


秘密の雰囲気、俳優チュ·ジフン

013b.jpg


ドラマ "五本指"の俳優チュ·ジフン

013b.jpg


あれ?髪が黒に戻りましたか~


チュ·ジフン ""五本指 "、私の予測がならなかった"(インタビュー②)

012b_20121129213927.jpg

012b_20121129213927.jpg

012b_20121129213927.jpg

放映終了したSBSドラマ "五本指"(脚本キム·スンオク演出キム·ジウン)は、天才ピアニストユジホ(チュ·ジフン)と継母だと思った彼の実の母チェヨウンラン(チェ·シラ)の話だ​​。 見れば話は単純ですが、その中にはイボクヒョン製の対決は、企業の経営権争い、ロマンス、母性愛など、様々なジャンルが和えロジョている。

速射砲のように咲き誇る俳優たちのセリフとキム·スンオク作家特有の速い展開などが強みですが、この作品を俳優チュ·ジフンが選択したときは意外だという気がした。 前作と他の高速呼吸のこの作品をチュ·ジフンがどのように消化かも懸念された。

幸いなことにチュ·ジフンはユジホキャラクターをよく実現しました。 緊迫した流れは、状況の中で、チュ·ジフンは安定した演技力で、チェ·シラと一緒に主演俳優の役割を正確にやり遂げた。 放送序盤ヨウンランに従う姿を見せていたジホはヨウンランの実体を知った後は、彼との対決を広げてカリスマある姿に変身した。 5年ぶりのテレビ劇場復帰に合格点だった。

その後、30部作のドラマの中で多くのことを一度に経験したチュ·ジフンはどんな考えを持って演技したのか。 29日、ソウル三清洞のあるカフェでチュ·ジフンに会い、 "五本指"の話を聞いてみた。

[次はチュ·ジフンと分けた一問一答]

- ユジホの役割が大変だったようだ。 毎回ごとに非常に多くの話が進行されることもしたし。

役割が多く大変だった。 大きく分けをする母性愛、ピアノ、企業の競争なのに展開が非常に早かったので容易ではなかった。 おそらく視聴者は展開が早くて面白かったのだろう。 演技する人の立場では大変だったが(笑)終わってからこそ後遺症があるようだ。 最後にジホはお母さんが死ぬのも知らずに終わってないか。 たまに家でコーヒー一杯飲んでいれば自然に思い出す。 心が良くない。

- ジホはヨウンランが最初に実の母だということを知らずに演技したのか?

演技が複数あるのに俳優にスタイルが全部違う。 どんな学ぶ先端を知らなけれ演技をすることができるとしてどのような学習結末を忘れて演技しようとする。 個人的に作家に電話してこんなことを問うスタイルではない。 実の母というのは俳優同士知らない演技だった。 さらに、すべてのドラマが視聴者たちの意見に基づいて少しずつ変わったりしてまた話の展開もあまりにも早いので、次の回が予測が残念。

- 例えば音楽的な話をして、企業経営争いに話が移ったりした。

私はディテールを見つける作業をする俳優だ。 急速に移行していく作業が容易ではなかった。 私は一回の事件が20個起これば、その中にある感情は、すべて異なると考える。 その状況高まりをすべて交わした。 "ジャブジャブストレストフック"を多々与えた。 演技を感性だけ持ってすることはないのに技術的な部分で多くの助けになった。

- 劇中にユジホ泣く場面がとても多かった。 その部分も多盛り上がりを交わしたのか?

涙信徒盛り上がりに気を使った。 たとえば台本に主人公三人が嗚咽するシーンがあり、また車に乗って行きながらジホ一人で泣くシーンがある。 台本には両方嗚咽とだけ記載されている両方のポンポン泣くのが、観客はもっと悲しいかわからないが俳優たちには偽だ。 演技する人が偽物だと思ってはいけない。 だから、常にいくつかのシーンごとに多ければ3つ少なければ二つほどの案を持って監督を訪ねて行く。 これにより、監督が何をしたいこととするようにする。

- 劇中ママで登場するチェ·シラとの作業はどうだったか?

本当にすごいことした信徒ない置く(感情を抱いていく)。 ただ通り過ぎる信徒ありプルシャッで遠くとる信徒いると、本当にした信徒ない置いてすごいと思った。 チェ·シラ先輩の演技スタイルであるようだ。 私は見て "うわ"そうだった。 どのような信徒ならおいてあのようにしようかと思った。 すごい。

- 劇中ラブラインを形成していたチンセヨンとの呼吸はどうだったか?

チンセヨンさんは劇中ホンダミエ役割と本当によく似合った。 大きく難しいことではなかったが.... この友人(ジンセヨン)がキスをしないが試したからといってすることができないのだ。 台本にはフレンチ·キスと出ているのに、実際にフレンチキスをすることはできないのではないか。 ある程度要領が必要だが、この友人がみなければなら要領があるのだ。 セヨンさんはじっといるのに私は何とかしようとして。 結局私だけちゃうよう出てきた。 現場で監督が "警察を呼んで 'こうだったよ(笑)

- ファンは愛情シーンが少なく残念だったよ。

愛情神あまりない試みだから欲しいどうだろうかと思った。 両方の分岐点で分けて考えることができる。 多分(ジホがダミエに)傾くことがあるからよくしてまたギデトた後はガラになるからもっと大変たり(劇中ジホとダミエはお互いの愛が家の反対別れなければならいた)。 台本を見ながらたくさん分けて考えている方だ。

- 実際の愛する人と別れなければならならどうなのか。

似たような状況があった。 育ってきた環境が他の友人がいた本当に可愛らしくて純粋で善良な子供だった。 ところが育ってきた環境が違うから私は理解が残念。 腹が立つのではなく、 "あんないない場合は"し理解できないのだ。 それでも私の性格が "気に入らないドから変えて"こんなスタイルでもなく。 後にはそのようなことのために愛にも別れることになったよ。

- 本人はどんなスタイルが好きですか?

男でも女でも自分の仕事をしっかりする人を好む。 私のような場合は、俳優が仕事だと仕事が急に生じることが多い。 他の人々は突然仕事ができて約束をキャンセルすると、 "とても残念"に語った私は "私わざわざしかし? 日からだがこれは悪いのか? " たいと思う。 私の友人が何人いないか?(笑)

- ファンたちが好きな本人の魅力は何と思うか?

普通ではないことから来るようだ。 率直な方なのに、その部分を尊重してくれるようだ。 ファンたちと疎通するとき嫌なら嫌だと話す。 ファンが家に訪ねてくる場合もたまにあったが、私は来ないようにそうだった。 演技者は日常を生きなければなら演技をすることができると思うんだけどファンが家の外にあれば、水か買いに行く容易ではないから。 だから私置いておくという。 ファンも一定部分そんなことを尊重してくれるようだ。

- "五本指"をはじめ、映画もそうだし、軍除隊後復帰作が大きな成績をおさめることはできなかった。

残念ながらどうするか。 まだ私デベオもなくて。 私一人で何引き起こす可能性があるという考えはしない。 私は相手の俳優や小物、衣装にも助けをたくさん受けるから。 私一人でもなることができる俳優になるように熱心にするだけだ。 特に今年は年齢も前の席が変わって難しくなったこともある。 昔は監督が簡単に悪口をしたが今は "チフン、"そうする。 一方で気分は良いが、私は自己責任のもとになることが多くなるから肩が重くなったようだ。


[チュ·ジフン。 写真=ハンヒョクスン記者hanfoto@mydaily.co.kr]

マイデイリーより


台本には、「フレンチキス」と書いてあったんですって



チュ·ジフン、深みのある俳優になるまで(インタビュー①)

013b.jpg

013b.jpg

013b.jpg

>俳優を定義する多くの言葉の一つは、俳優(actor)は、学ぶ(learn)人だということだ。 チュ·ジフンはこの言葉がぴったり似合う俳優だった。

彼は毎作品を撮るたびに何かを学んできました、それ教訓に成長した、次の作品では、それが明らかに現われる俳優だった。 ドラマ "宮"の典型的な美男皇太子をはじめ、 "五本指"の天才ピアニストユジホまで、フィルモグラフィーの中で繊細な変化の過程が見える俳優、チュ·ジフンに会った。

"宮 "の撮影当時、正直さびしいことも多かった"

チュ·ジフンが初めて芸能界に足を踏み入れたことのモデルとしてだが、本格的に顔を知らせたのはドラマ '宮'を通じてだ。 顔も名前も疎い新人の破格的なキャスティング、さらに役割は大韓民国の皇太子。 役割の重みが大きかっただけに新人だったチュ·ジフンに続く苦情も多かった。 だから "宮"と関連して一番最初に彼が打ち明けたのは、演出者ファン·インレ監督に怒られたことだ。

"京畿道烏山にセットがあり、室内の温度が零下10度でした。 ある日(監督に)呼ばれてすごく怒られたのが "車の中でいない部屋にいろ"と怒られたんです。 だから部屋の中に座って台本を見ました。 ところが、そんなものに助けをたくさん受けました。 キャラクターを倒す時にとても役に立ちましたよ。 "

今は笑って話すが当時のチュ·ジフンは演出を引き受けたファンインルェ監督に "寂しいことも多かった"と打ち明けた。 明るいキャラクターを持っている相手俳優ユン·ウネと比較した場合チュ·ジフンが引き受けたイシンは相対的に暗い面を持っている必要がありました。 そのような感情を作るために監督が直接叱ったのだ。

画面はファンシー(fancy)が暗く見える場面があれば、それを実際に与えて捨てたんですよ。 実際そのようなスタイリングを持っておられることでしょう。 当時は大変だったが経ってから分かるんですよ。 "

そう最初に始めたドラマで彼は大ヒットを打った。 その後周辺のラブコールがたくさん入ってきたはずなのに、彼は自分を呼んでくれる所よりも、自分が望む場所を見つけ出そうドラマ "魔王"に会った。

"魔王は私の提案が入ってきた作品ではなかった。 キャスティング席が空いて台本を見て私が会社に本当にしたいとして訪ねて行ったんです。 パク·チャンホン監督( "魔王"の演出家)は私を全く知らない死亡した。 だから、お金もあまりない受けたんです。 直接訪ねて行ったのだから。 その当時ペイ3分の1程度受けそれでもとても第気に入っに残る作品だったありがとうございました。 "

そう出会った作品なので、簡単に延期することができなかった。 さらに、皇太子に秘密を抱いている冷徹な弁護士に変身するまでチュ·ジフンはまだ新人な状態。 苦情は続いた。

"私がシナリオリーディングをとても出来ません。 学校(演劇映画科)を出ていない俳優たちはそんなことをよくないんですよ。 小物がない状態だから不思議なくらい出来ません。 国語本読むように。 だから監督がシナリオリーディングしながら、私に '現場でそのようにすると死ぬ "そう死亡した。 これにより、手がぶるぶる震えて冷や汗が現れた。 "

"社会学や哲学、専攻に学びたい"

チュ·ジフンは当時を回想して、まだ自分で "シナリオリーディングにトラウマのようなものがあるようだ"と話した。 しかし、それを認めているチュ·ジフンの姿は既にトラウマが半分は消えたように見えた。 自分の恥部を認め始めとそれ客観的に見ることができ、これにより、修正することもあるからだ。 実際に彼はこういう演技的な面を補完するために、社会学科や哲学進学を考えているところだ。

"勉強をちょっとしたくて親しい監督に演劇映画科が演技的なものに役立つになろうかとお聞きしみました。 ところが社会学や哲学が俳優として役立つだろうとしましたよ。 周辺に哲学を出た友人がいる独立系の映画をする友人です。 のように話をしてみるととても面白い。 だから学校を行き、たい(演技)専攻ではないから活動して通うことが容認はならないようで.... まだよく分からない。 "

社会学や哲学、独立系の映画。 大衆はチュ·ジフンのこのような姿がぎこちないかもしれないが、実際に彼は着実に普及してかつマイナーな性向を帯びていた。 本人自らも "アート(芸術)とメジャーの中間地点にあるもの"だと話すほどだ。 そして、これからもよりメジャーなものも多く、マイナーなものもするつもりだ。

"簡単に得られることはないことを悟った"

メジャーとマイナーの間を自在に行き来するという彼は今、音楽の領域にまで近づいた。 最近釜山国際映画祭でバンドのボーカルでびっくり舞台を広げたのだ。 "歌を作ってバンド仲間とするのが面白い。 ところが音楽放送やそんな所に出て行っていることはないと思います。 公演を中心に行くようです。 弘大公演も考えますが、会社の立場があるので(笑)弘大道で歌って遊ぼうとしたバンドなのに、こうなったのです。 "

過去チュ·ジフンは何かを学ぶコースが嫌いな人だった。 彼は "ギターを弾く時も、それを学ぶ過程が嫌だった"と率直に告白した。 しかし、今は演技も、バンド演奏も何も簡単に得られることはないことを悟った。 また、今は "何に時間とボールを費やさなければするのが当たり前"という認識も生まれた。 勉強は大変だが、その過程を楽しんで受け入れる始めたのだ。

三本の映画、三編のドラマに出演する間、多くのことを感じて学んだチュ·ジフン。 その学びの深さだけに、今後の彼の演技もさらに深まっジギル期待してみる。

(SBSドラマ '五本指 "に関するチュ·ジフンの話はインタビュー②で続く)

[チュ·ジフン。 写真=ハンヒョクスン記者hanfoto@mydaily.co.kr]

マイデイリーより

[フォト] '五本指 "の俳優チュ·ジフン(イーデイリースターin編)

015b_20121129213926.jpg

SBS特別企画ドラマ "五本指"でユジホ役を演じた俳優チュ·ジフン。

イーデイリースターinより


[フォト]チュ·ジフンのカリスマ!

015b_20121129213926.jpg


[フォト]考えに浸った俳優チュ·ジフン

015b_20121129213926.jpg


[フォト]チュ·ジフンの笑顔

015b_20121129213926.jpg


[フォト]チュ·ジフン "のめり込む目つき '

015b_20121129213926.jpg


[フォト]チュ·ジフン "笑顔"

015b_20121129213926.jpg


久しぶりのインタビューで、嬉しいですね~~
しばらくこのままの髪の色でいきそう・・・



「五本指」最終回観覧ツアー”光のカフェ編”

あんにょ~ん

金浦空港に着いたのは、午後3時ごろだったのに
免税店に寄らされたので、ホテルに着いたのは
午後7時近くになってしまいました。

でも、フリータイムがほとんどない日程だったので
この日のうちに、「光のカフェ」と「ヨイドバス乗り換えセンター」に
行こうと決めていて、前日先に着いていた友達に待っててもらい
一緒に、タクシーで向かいました~~


着いた時は、みんなで「うわ~~!ここだよね~~!」と
感嘆の声~~~!!

013b.jpg

016b_20121129213926.jpg


本物~~

ロケ2



ジホが座っていたのは、ここのはずなのですが
椅子とテーブルの形が違っていました。

007b_20121129221734.jpg


多分、撮影の時は、この丸テーブルと椅子に替えたのでしょうね。

009b_20121129221733.jpg



本物~~

ロケ


012b_20121129213927.jpg


サンドイッチ等の軽食も置いてあると思ったのですが
飲み物類とクッキー、ケーキなどしかなく・・・
カプチーノだけいただきました~~

005b.jpg


帰り際に、もう一度外からパチリ!綺麗でしょ~~~

017b_20121129213926.jpg


次は、あの”キスシーン”のロケ地になった
「ヨイドバス乗り換えセンター」に向かいます~~


応援よろしくお願いします!

 



「五本の指」29話~GIF(1)

013b.jpg

013b.jpg

013b.jpg

013b.jpg



013b.jpg

013b.jpg

013b.jpg

013b.jpg


AMYさんからお借りしました。
ありがとうございます~~

今週からもう、「五本の指」の放送はないんですよね。
寂しいなあ~~~



JYJユチョン、『会いたい』でユン・ウネが殺人犯に?…関係者側「ノーコメント」

20121129シャネルa2

MBCドラマ『会いたい』(原題)が、回を重ねるごとにミステリー・サスペンス色が強くなり、視聴者たちの緊張感を倍増させている。

28日の放送の末尾で、成人したイ・スヨン(ユン・ウネ)が、15歳の自身を強姦した犯人を殺がいした容疑者だとみなされる内容が電波に乗った。この内容は、29日の放送分を通し本格的に描き出される予定だ。

視聴者は、ラストに公開された内容のようにイ・スヨンが強姦犯を殺がいしたのかに対する好奇心を爆発させている。

これに関し『会いたい』の関係者は29日午後、「ユン・ウネが真犯人なのかそうでないのかについてはノーコメント」と明かした。続けて関係者は、「JYJユチョン、ユ・スンホ以外の第3人物が犯人である可能性もある」と語った。

関係者によると、この日の放送分ではっきりと犯人は明かされない予定で、犯人に対する興味を更に掻き立てる見込みだ。

現在視聴者が犯人ではないかと予想しているのは、イ・スヨン以外にも現在のスヨンの恋人カン・ヒョンジュン(ユ・スンホ)、イ・スヨンの母キム・ミョンヒ(ソン・オクスク)などがいる。またイ・スヨンが死亡したと嘘の陳述をさせたハン・ジョンウの父ハン・テジュン(ハン・ジニ)などがいる。

結局イ・スヨンが自身を強姦した犯人を殺害したかどうかは、今後ドラマが展開される中で明らかになる予定だ。

正統派メロドラマを銘打つ『会いたい』が、ミステリー・サスペンス要素を加え見る面白味を倍増させていることで、視聴率の上昇効果も期待されている。

KSTAR NEWS&Moneytoday Starnewsより



”シャネルイベント(11/28)”参加のジフニ~2♪

20121129シャネルa1


20121129シャネルa2


Jugalからお借りしました~~

この髪型、大人っぽく見えますね。


『逢いたい』ユン・ウネ、美脚でパク・ユチョン誘惑

1353899507-3714614148.jpeg

ドラマ『逢いたい』でユン・ウネがパク・ユチョンを困らせるためにわざわざミニスカート姿で接近したシーンが電波に乗った。

11月28日放送されたMBCの水木ドラマ『逢いたい』第7話で、ジョイ(イ・スヨン/ユン・ウネ)は、ハン・ジョンウ(パク・ユチョン)がずっと自身を訪ねてくるので自分がイ・スヨンだという事実を隠したまま引き続きわざわと過去に自身が言った言葉や行動を繰り返して彼を困らせた。

また、15歳のスヨンとジョンウがそうしたように婚約者へリー(ユ・スンホ)に知られず秘密の友達になろうと言ったし、ジョイの言葉と行動からスヨンを感じたジョンウは「どうしてなんだ?君は何なんだ?」と、一人苦しんだ。またジョイはジョンウと別れるやいなやメールを送って漢江にあるカフェで会おうとデートを申し込んだ。だが、約束時間になると、ジョイはヘリーと一緒に自分を待つジョンウを見物してどれくらい待って行くか賭けをした。

一方この日の放送の最後にはジョンウが防犯カメラを通じてカン・サンドクと再会後驚愕するジョイの姿を確認、ジョイがイ・スヨンであることを知る。これに対しジョンウはジョイの誘惑を受け入れて「秘密恋愛をしよう」と答え、今後の展開に興味を集めた。 [写真=MBC『逢いたい』画面キャプチャー]

イノライフ


[MDフォト]チュ·ジフン "男のファッションの完成、スーツ"

画像が”特大版”で、嬉しいです~~


1353899507-3714614148.jpeg

俳優チュ·ジフンが28日、ソウル清潭洞ビヨンドミュージアムで開催されたファッションブランドシャネルの "リトルブラックジャケット:カールラゴペルトゥとカリンロイフェルド再度訪れたシャネルのクラシック"展示会の行事にスーツを着て出席した。

今回の展示会は、象徴的なアイテムを着たスターたちとセレブたちの姿をナイフラゴペルトゥが直接カメラに収めて発刊した写真集で、約100枚の写真を選択して展示しました。

[写真提供=シャネル]

マイデイリーより



こちらは、AMYさんからお借りしました。ありがとう」ございます~~

1353899507-3714614148.jpeg


ヒョンビン、12月6日に除隊…ファン約1000人集まる

1353899507-3714614148.jpeg

俳優ヒョンビンの除隊の現場に約1000人のファンが殺到する予定だ。

ヒョンビンは12月6日、京畿道華城に位置した海兵隊司令部で満期除隊する。最近、休暇をもらってから部隊に復帰したヒョンビンは身辺を整理して社会人としての復帰を準備中だ。この日、除隊の現場には韓国および海外ファン1000人以上が集まって社会に復帰するヒョンビンを歓迎する予定。

所属事務所の関係者によると、ファンクラブ会員をはじめ1000人を越えるファンがヒョンビンの除隊を祝うための簡単な場を用意するために準備中だと伝えた。所属事務所の関係者は「ヒョンビンが2年近い間変わりなく声援して待って下さった多くのファンの方々の心に感謝している。除隊現場に訪ねてくださるファンの方々と取材陣がいらっしゃるなら感謝のあいさつと所感などを伝える簡単な時間を計画している」と伝えた。

一方、ヒョンビンは最後の休暇を利用して長時間共にしたマネジャーが設立したマネージメント社オーエンエンターテインメントと専属契約を締結した。前所属事務所AMエンターテインメントで苦楽を共にしたシン・ミナと同じ釜の飯を食べることになる。

一方、ヒョンビンは去年3月、海兵隊に志願入隊して募兵広報兵として服務した。

イノライフ



”シャネルイベント(11/28)”参加のジフニ~♪(写真追加)

元画像~~

1353899507-3714614148.jpeg





1353899507-3714614148.jpeg


AMYさんからお借りしました~~

↑の元画像から、よくジフニがわかりましたね。凄い!



1353899507-3714614148.jpeg


mr.senseより


「5本の指」チ・チャンウク“チュ・ジフンさんは気難しいと思ったけど…優しい”


日本語版に差し替えました~~

1353899507-3714614148.jpeg

俳優チュ・チャンウクがチュ・ジフンとの関係について話した。

チ・チャンウクは28日、ドラマ「5本の指」(脚本:キム・スンオク、演出:チェ・ヨンフン)と関連したTVレポートとのインタビューで「チュ・ジフンさんと演技の息が合った」とし、「本当の兄のようだ」と切り出した。

「5本の指」でチ・チャンウクはチェ・ヨンラン(チェ・シラ)の息子で、ユ・ジホ(チュ・ジフン)の弟ユ・インハを熱演した。ユ・インハはユ・ジホに劣等感を抱き、葛藤する人物だ。

1987年生まれのチ・チャンウクは今年、25歳。「5本の指」で共演したチュ・ジフンより5つ年下だ。彼は「チュ・ジフンさんとはドラマが始まる時に開かれたパーティーで一緒に飲みながら仲良くなった」とし、「言いたいことははっきり言う率直なタイプ」と明かした。

またチ・チャンウクは「正直、僕はチュ・ジフンさんに先入観を持っていた。モデル出身の俳優で、“スター”という点と気難しそうなイメージがあった。また、自分しか知らず、演技において機械的なのではないかと思った」とチュ・ジフンに対して持っていた先入観を打ち明けた。

続いて「一緒に演技をしてみると違った。だから、人は実際に会ってみないと分からない。とてもいい人だった」とし、「チュ・ジフンさんとたくさん話をした。リハーサルの時、演技について意見交換もした。そのようにしてシーンを一緒に作り上げていった。いい経験だった」と付け加えた。

何よりチ・チャンウクは「チュ・ジフンさんは表に出して気にかけてくれるタイプではない。本当の兄のようだ。無愛想だが、内面で心配してくれて、気にかけてくれる。優しい。だからこそ、気が楽だ」とチュ・ジフンへの感謝の気持ちを述べた。

TVリポートより


ジフニにとっても、チャンウク君という若い有望な俳優さんと共演出来て
とてもプラスになったと思います~~


チュ·ジフン灰色の染毛衝撃 "きれいスーツに破格さして" [フォト]

1353899507-3714614148.jpeg


シャネル会場を訪れたスターたちは皆ファッショニスタたちだった。

11月28日午後ブランドシャネルはシャネルのジャケットの現代的でありながら時間を超越する魅力を扱った "リトルブラックジャケット:カールラゴペルトゥとカリンロイフェルド再度訪れたシャネルのクラシック"展示会のための行事を開いた。

今回の展覧会は、ソウルのファッションの中心地、江南に位置する現代美術ギャラリーの一つであるビヨンドミュージアムで開催され、象徴的なアイテムを着たスターたちとセレブたちの姿をナイフラゴペルトゥが直接カメラに収めて発刊した写真集 "リトルブラックジャケット:カールラゴペルトゥとカリンロイフェルド再度訪れたシャネルのクラシック "で約100枚の写真を選択し、展示した。

今回の行事には俳優ソン·ヘギョ、ユ·ジテ、ユ·アイン、チュ·ジフン、イ·スヒョク、2NE1シエル、ワンダーガールスソヒ、2PMのテギョン、写真作家キム·ジュンマンと海外モデル包皮デルレバイン(Poppy Delevingne)、ヤスミン·ル·ボン(Yasmin Le Bon)、ジェシカ·スタム(Jessica Stam)、フランキー·ライダー(Frankie Rayder)らが出席した。

一方、今回の展示は、2012年12月1日から12日まで一般に公開される予定だ。

ニュースエンより


このイベントに参加するために、髪を染めたのかな~?
しばらく、この色でいくのかしら・・・



"五本指"大引け論難にもかかわらず、チェ·シラ - チュ·ジフンの熱演光った

1353899507-3714614148.jpeg

SBS週末ドラマ "五本指"が同時間帯視聴率最下位に惜しい幕を下ろした。

去る25日放送された "五本指"の最終回は視聴率11.4%(AGBニールセンメディアリサーチ)を記録した。 これは前日放送分に比べて1.1%ポイント下落した数値だ。

この日の放送では、チェヨウンラン(チェ·シラ)とユジホ(チュ·ジフン)が和解する姿が描かれた。 ジホは視力を失って島で一人で住んでいるヨウンランを探すことになって心の扉を開くことになった。 ヨウンランは留学するジホとのお別れの挨拶を終えた後、彼の後行く途中足を踏み外して崖の端に落ちた。

ヨウンランは私ギェフェ(チャ·ファヨン)によって病院に運ばれたが、その事実をジホに知られたくないと述べた。 ヨウンランは電話で聞こえてくるジホの声を聞きながら息を引き取った。 3年後ジホとインハ(チ·チャンウク)の演奏でドラマの幕が降りたところ、彼がまだヨウンランの死を知らず、見る人にとって切なさを抱かれた。

"五本指"は "妻の誘惑" "天使の誘惑"などのキム·スンオク作家が執筆を引き受けて話題になったが、視聴率10%台を登ったり下ったりして苦戦を免れなかった。 放送序盤週末ドラマ視聴率1位を記録したが、大引け展開など物議に上がって視聴者たちの外面を受けるたのだ。

"五本指"は不倫をはじめイボクヒョン剤、夫殺害、ライバルとの対決、殺人濡れ衣を描くことで、大引け論難から脱することができなかった。 後半では、ジホとヨウンランが、実際には親母子の間で明らかになってまたヨウンランが視力を失い、死を迎えることなど無理な設定で視聴者たちの共感を買わなかった。 だけでなく、ヒロイン下車、小説 "殺人狂詩曲"盗作などでノイズを起こすこともした。

それでも "五本指"が輝いたのはチュ·ジフン、チェ·シラ、チ·チャンウクなど俳優たちの熱演があったからだ。

チュ·ジフンは放送序盤ヨウンランに主に従って純粋な姿を見せたが、ヨウンランの実体を知り、彼との対決を繰り広げるなど、カリスマ性のある姿を同時に描き出して正常にテレビ劇場に復帰した。

チ·チャンウクやはりこれまでの作品で明るいエネルギーを持ったキャラクターを演技した場合は、今回のドラマでは、イボクヒョンゼロから劣等感を感じる人物を引き受けて演技変身に成功した。

これらの中心には、チェ·シラがあった。 チェ·シラは今回のドラマで悪女に変身して劇の緊張感を高めた。 彼はジホの怒りとインハに向けた強い執着、父性楽器会長の野望などを披露して視聴者たちの好評を導き出した。

加えて、序盤に強烈なカリスマをお目見えしたチョ·ミンギ·ナ·ムニをはじめ、チャ·ファヨン、チョン·ノミン、チョン·ミソン、チャン·ヒョンソンなど中堅俳優たちの線の太い演技も注目をひきつけた。

一方、 "五本指"の後続で来る12月1日からムン·グニョンパク·シフ主演の "清潭洞アリス"が放送される。

アジアトゥデイより


本当にそう思います。
作品の内容では、共感出来ないところがたくさんありましたが
ジフニを始め、シラさん、チャンウク君、チャ·ファヨンさんが頑張ってくれましたね。
改めて、お疲れ様でした~~~


sidetitleプロフィールsidetitle

ぴあの

Author:ぴあの
★韓国俳優「チュ・ジフン」さんを応援しています★

チュ・ジフンさんの記事や画像を中心に、韓国ドラマ、映画、芸能ニュース等もアップしています。

*当ブログで使用している画像、動画等の著作権は、出処である各サイト・出版元にあります。
不適切なコメント及び悪質なコメントは、管理人の判断で削除させて頂きますのでご了承ください。

♥チュ・ジフン出演作品~放送中&放送予定(随時更新)

☆WOWWOW
映画「私は王である」
5/12(月)午後9:00~

☆KNTV
「メディカルトップチーム」
5月17日(土)からスタート!
毎週(土・日) 午後10:00~午後11:15
再放送毎週(月・火) 午後2:05~午後3:15

☆BS-TBS(吹替版)
「蒼のピアニスト」
毎週日曜日 午前10:00~10:54(放送中)

☆TBSチャンネル
「蒼のピアニスト」(完全版)
4月17日(木)からスタート!
毎週(月)-(金)午後5:50~午後8:10[2話ずつ]
※4/24(木)は午後7:00~午後8:10[1話]
※4/28(月),4/29(火),4/30(水)は休止

☆ホームドラマチャンネル
「宮 Love in Palace」
5月12日(月)スタート!
毎週(月)午後2時14:00~15:15

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ランキングに参加しています!1日1回ポチっとお願いします!(^-^)b

FC2Blog Ranking

sidetitleカレンダーsidetitle
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle韓流タウンsidetitle
韓流タウンさんで「第3期ベストブロガー」として紹介していただきました♪
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。