FC2ブログ

チュ・ジフン「ALL OF ME」より~GIF

23c_20120613092935.jpg
23c_20120613092935.jpg23c_20120613092935.jpg


23c_20120613092935.jpg
23c_20120613092935.jpg23c_20120613092935.jpg


23c_20120613092935.jpg
23c_20120613092935.jpg23c_20120613092935.jpg


AMYさんからお借りしました。ありがとうございました~~

幸せなちゃんですよね~~~



スポンサーサイト



「五指(仮題)」放送開始は、”8月4日”から!!

0a_20120613210539.jpg
(韓国サイトからお借りしました)

 

五指(仮題) (2012)放映予定

TV情報>国内ドラマ

放映情報SBS |土、日21時50分| 2012-08-04 ~

要約情報 韓国製作

チェ・ヨンフン(演出) |キム・スンオク(脚本) 

出演チュ・ジフン


8月4日から放送開始のようです。早いですね。
ということは、7月には撮影が始まるのでしょうか?
あっと言う間に、忙しくなりますね~~~


1日1回、ポチっとしていただけたら嬉しいです。



チュ・ジフン「申し訳なくて復帰を悩んだ…失望させません」

日本語版です~~
元記事が、キーイースト公式サイトの”PRESS”に紹介されていました。

元記事は こちら


23c_20120613092935.jpg

俳優チュ・ジフンが、8月に放送予定のSBSドラマ「5本の指」(仮題)でテレビドラマに復帰する。

現在放送中のSBSドラマ「紳士の品格」の後続番組である「5本の指」は、ドラマ「薔薇の戦争」「愛の選択~産婦人科の女医」を演出したチェ・ヨンフンプロデューサーと、ドラマ「妻の誘惑」「笑ってお母さん」などを執筆したキム・スンオク脚本家がタッグを組んだ作品だ。

「5本の指」は、悲劇的な過去を持つ青春の若者たちが、自身に忍び寄る不幸と傷を克服し、再び自身の夢と愛を探して行くストーリー。チュ・ジフンは天才的な才能を持っているが、悲運の家庭の事情を持つピアニストに変身する。

チュ・ジフンのドラマ復帰に懸念を抱く声があるにも関わらず、出演が確定したのは、何人もの候補の中で悩んでいた製作陣が、芸術的なイメージを持つチュ・ジフンが最も適した人物だと判断したためだ。

演出を担当するチェ・ヨンフンプロデューサーは、「善と悪が共存する変幻自在な主人公のキャラクターを、ソフトさと刺々しい魅力を同時に持つチュ・ジフンが、最もうまく表現できると判断した」とし、起用の理由を説明した。

さらに、「天才的な才能を持つピアニストの役を演じるためには、演技だけでなく音楽に関する基本的な理解もやはり必要だ。ピアノやギターなど、楽器の演奏に加え、平均以上の歌の実力を持つチュ・ジフンにかける期待は大きい」と話した。

「5本の指」を執筆する脚本家のキム・スンオクもやはり、「人間の様々な感情を表現できるだけの、深みと時間を十分に持った俳優」と話し、信頼を見せた。

チュ・ジフンの所属事務所キーイーストは、「チュ・ジフンが多くの方々を失望させた事件について、心から反省している。今も申し訳ない気持ちが大きく、テレビを通じて多くの方々の前に立つことについてたくさん悩んだ。キャスティングに積極的に動いてくれた監督と脚本家に対する大きな信頼だけでなく、様々な感情が共存するキャラクターに魅力を感じ、悩んだ末に出演を確定した」と、控えめに話した。

さらに、「初心に戻って、いい演技を見せることで謝罪し、機会をくださった多くの方々を失望させないという本人の確かな意思がある。最善を尽くし、より成長した姿でお会いしたい」と話した。

チュ・ジフンのテレビドラマ復帰作「5本の指」は、現在メインキャスティング作業の真っ最中だ。

マイデイリーより


ジフニの他に、チェ・シラさんが確定していますよね。
その他のメインキャストも、とても気になりますね~~~

チュ・ジフン、SBS『五本の指』で5年ぶりに復帰“演技で謝罪”

お馴染みのイノライフにも、アップされましたよ~~

23c_20120613092935.jpg

チュ・ジフンが5年ぶりにテレビドラマに戻ってくる。
チュ・ジフンは8月放送予定のSBS新週末特別企画『五本の指』でテレビドラマカムバックを確定した。

『紳士の品格』の後枠で放送される『五本の指』は『バラの戦争』、『産婦人科』を演出したチェ・ヨンフンPDと『妻の誘惑』、『笑って、ママ』などを執筆したキム・スンオク作家がタッグを組む作品。

悲劇的な過去を持つ若い青年たちが自分に降りかかった不幸と傷を乗り越えて、もう一度自分の夢と愛を探しにいくストーリーを描く『五本の指』で、チュ・ジフンは天性の才能を持っているが悲運な家庭事情を持つ青年ピアニストに変身する。

2009年に麻薬投薬疑惑で非拘束起訴され懲役6ヶ月、執行猶予1年と社会奉仕命令を受けて軍に入隊するなど、自粛の時間を持ってきたチュ・ジフンは、約5年ぶりに『五本の指』でなんとかテレビドラマ復帰を決定した。チュ・ジフンのドラマ復帰に対する憂慮にも、制作陣はチュ・ジフンが最もふさわしい人物だという判断によってキャスティングを決めた。チェ・ヨンフンPDは「善と悪が共存する千変万化の主人公のキャラクターをチュ・ジフンが最もよく消化するだろうと判断した」と明らかにし、キム・スンオク作家もやはり「人間の多様な感情を表現するほどの深みと時間を十分に持った俳優」とチュ・ジフンに対する深い信頼を示した。

チュ・ジフンの所属事務所KEYEAST側は「チュ・ジフンが多くの方々に失望を与えた事件に対して心から深く反省している」とし「相変わらず申し訳ない気持ちが大きいため、ブラウン管を通して大衆の前に出ることについてとても悩んだ。しかし、キャスティングに積極的に出してくれた監督や作家に対する大きな信頼のみならず、様々な感情が共存するキャラクターに魅力を感じ苦心の末に出演を決めた」と明かした。

続けて「初心に帰っていい演技をお見せすることで謝罪する」とし、「機会を下さった多くの方々を失望させないという本人の確固とした意思くらい、最善を尽くし成熟した姿でお会いします」と語った。

一方、チュ・ジフンが出演する『五本の指』は『紳士の品格』の後枠として8月頃放送される予定だ。

イノライフ

チュ・ジフン「5本の指」の主演に確定…放送局が選んだ理由とは?

”TVREPORT”日本版です~~


23c_20120613092935.jpg

麻薬事件で地上波放送の出演が規制されている俳優チュ・ジフンが8月から放送されるSBSの新週末ドラマ「5本の指(仮題)」(脚本:キム・スンオク、演出:チェ・ヨンフン)の出演を確定した。雑音の多いチュ・ジフンを選択したSBSの大胆な決定を巡って、様々な話が取りざたされている。

チュ・ジフンは2009年4月、エクスタシーやケタミンなど向精神性薬品を投薬した疑いで不拘束起訴され、懲役6ヶ月執行猶予1年、社会奉仕命令を宣告された。その後、2010年2月に特戦士常勤予備役として入隊、昨年11月に除隊した。最近撮影を終えた映画「私は王である」の韓国での公開を8月に控えている。

除隊後、初めての作品として映画を選んだ理由は、地上波放送の復帰が難しかったためだ。公営放送局であるKBSはチュ・ジフンの放送復帰を反対する世論を意識してチュ・ジフンを出演禁止芸能人のリストにあげており、公営の性格の強いMBCも同じような動きを見せている。

そんな彼にとって、地上波放送の復帰時期は最も重要なことだった。そして8月にSBSを通じて視聴者に再会できることになった。SBSがスタートを切った理由は、民営放送局であるためKBSやMBCに比べて世論をそれほど意識する必要がないからであろうとされている。
これに先立って昨年末には、SBS重役の反対でチュ・ジフンの「大風水」出演が白紙に戻った例もある。当時、SBSの重役は「どうしてSBSが物議を巻き起こした芸能人を真っ先にキャスティングしなければならないのか」とチュ・ジフンの起用に反対した。しかし今回は制作陣の強い要請とチュ・ジフンのスターとしての才能が認められて出演が確定した。
チュ・ジフンが地上波放送に復帰するというニュースに「罪はすでに償ったし、兵役の義務も済ましたから問題はない」と復帰を賛成する側と「それでもまだ地上波出演はダメだ」と反対する側の意見が厳しく対立している。

このニュースを対してネットユーザーはSNS上で「チュ・ジフンTV復帰、おめでとう。待ち望んでいた」「演技力で勝負しよう」「もう復帰するの?」「他の俳優も多いのに、あえてチュ・ジフンにこだわる理由は何?」など、様々な反応を見せた。

このような反応に対してSBSの役員は13日、TVレポートの電話取材で「劇中の主人公は天才ピアニストだ。チュ・ジフンはピアノも上手で音楽的な能力が高いので、脚本家と監督がチュ・ジフンを強く薦めた。チュ・ジフン側も同じ意向を見せた」と話した。

続いて「もちろん世論をまったく意識しないわけではない。しかし特定の俳優にぴったりな配役なら、その俳優に演じてもらうのが筋ではないか。昨日(12日)、内部で出演審議規制委員会を開いて出演を決定した」と付け加えた。

最後に「チュ・ジフンはもともと演技が上手な俳優だった。厳しい経験をしながら内面も成熟したと思う。結局、人々に再び認められる方法は演技しかない。本人もこのことはよく分かっているから、もっと頑張ってくれると思う。先入見を持てたずに、暖かく見守ってほしい」と述べ、視聴者に見守ってくれるよう頼んだ。

チュ・ジフンが出演する「5本の指」は、「妻の誘惑」「笑ってお母さん」「天使の誘惑」などを執筆したキム・スンオク脚本家と「バラの戦争」「愛の選択~産婦人科の女医」などを手がけたチェ・ヨンフンプロデューサーが手を組んだドラマで、女性主人公にはチェ・シラが出演する。

TVREPORTより

We were born to Love❤ Ju Jihoon ! ~MV(GIF追加)

去年、除隊記念に作ったMVですが
音楽が今の気分に合うような気がして・・・

映画にドラマ・・・
8月が待ち遠しいですね~~~


We were born to Love❤ Ju Jihoon !
「私達は、チュ・ジフンを愛するために生まれた!」





AMYさんが、GIFを作ってくださいました~~
ありがとうございます。

23c_20120613092935.jpg

23c_20120613092935.jpg

23c_20120613092935.jpg

23c_20120613092935.jpg

23c_20120613092935.jpg

チュ・ジフン「キッチン」より~キャプチャー画像(23)&GIF追加

23c_20120613092935.jpg

2a141a.jpg


あんにょ~ん

今日も、ドゥレと遊んでいってくださいね~~

ライン9

AMYさんからGIFをお借りしました。いつもありがとうございます~~

2a137.jpg
2a137.jpg2a137.jpg


2a137.jpg
2a137.jpg2a137.jpg


2a137.jpg
2a137.jpg2a137.jpg


ライン9

2a137.jpg

2a138.jpg

2a139.jpg

2a139a.jpg

2a140.jpg

2a140a.jpg

2a142.jpg

ライン9

1日1回、ポチっとしていただけたら嬉しいです。




チュ・ジフン'五指'出演確定、大衆との温度差は'まだ苦心中'

23c_20120613092935.jpg

俳優チュ・ジフンが来る8月放送予定のSBS特別企画‘五指’に出演する。

チュ・ジフン所属会社キーイースト側はレビュースターとの通話で“チュ・ジフンが‘五指’に出演を確定した”と明らかにした。

ドラマ‘五指’は‘バラの戦争’、‘産婦人科’を演出したチェ・ヨンフンPDと‘妻の誘惑’、‘笑います、ママ’等を執筆したキム・スンオク作家が呼吸を合わせる作品で悲劇的な過去を持った若い青春が自身に近づいた不幸と傷を克服してまた自身の夢と愛を訪ねて行く話だ。

劇中チュ・ジフンは天性の才能を持ったが悲運の家庭事情を持っているピアニスト役に変身する。

チュ・ジフンの居間復帰に対する憂慮の視線があったが、キャスティングが確定したところは色々な候補を置いて苦心した製作スタッフが芸術的イメージを持っているチュ・ジフンが最も適合した人物という判断したために伝えられた。

演出を引き受けたチェ・ヨンフンPDは“善と悪が共存する変化の激しい主人公キャラクターをやわらかいということと経た魅力を同時に所有しているチュ・ジフンが最もよく消化することだと判断した”としてキャスティングの理由を明らかにした。

また“天賦的才能を持ったピアニストの役割を演技するためには延期(煙、演技)だけでなく音楽に対する基本的な理解やはり必要なだけピアノとその他など楽器演奏と水準級歌実力を整えているチュ・ジフンにかける期待が大きい”と伝えた。

これにキーイースト側はレビュースターとの通話で“チュ・ジフン氏がピアノ実力が優秀なものではないが、ファンミーティングでバンド公演をリリースするほど音楽に関心が多い”
として“主人公の才能を表わすのに困難がないものと見られる”と話した。

また、麻薬波紋で地上波放送に出演可否を置いて甲論乙駁が繰り広げられたのと関連してチュ・ジフンの所属会社キーイースト側は“チュ・ジフンが多くの方々に失望を抱かれて差し上げた事件に対して胸深く反省している”と明らかにして“相変らず申し訳ない心が大きいからブラウン管を通じて大衆の前に出ることに対して多くの悩んだがキャスティングに積極的に立ち向かった監督と作家に対する大きい信頼だけでなく色々な感情が共存するキャラクターに魅力を感じて苦心の末に出演を確定作った”としながら用心深い立場を伝えた。

引き続き“初心に帰って良い演技をお見せすることで謝罪して、機会を与えられた多くの方々を失望させないという本人の意志が確かなだけ最善を尽くしてみて成熟した姿にお伺いする”と話した。

また、8月封切りを控えている映画‘私は王である’でスクリーンそれだけでなくドラマ‘五指’でブラウン管に訪ねてくるだけに大衆との距離を狭める契機を用意する計画がインニャは質問にキーイースト側は“まだ用心深い。 生半可に判断できるのではないから何か決めつけて話しにくい”として慎重な立場を見せた。

引き続き“今まさにキャスティングが報道されただけ広報計画はまだ確定したのがない”として“映画とドラマで演技者としてごあいさつすることが優先だと考える”と話した。

一方チュ・ジフンの居間復帰作‘五指’は現在の主要配役キャスティング作業に真っ最中であり、‘神社(紳士)の品格’後続で放送される。

韓国日報

「GQ 2004.6」のチュ・ジフン~画像

unningmoonさんからお借りしました。
ありがとうございます~~

こういう独特の雰囲気は、ジフニならではですよね。

23c_20120613092935.jpg


23c_20120613092935.jpg


23c_20120613092935.jpg


23c_20120613092935.jpg



1日1回、ポチっとしていただけたら嬉しいです。



”チュ・ジフン SBSドラマ「五つの指(仮)」の出演決定”のお知らせ~公式サイト

17b6_20120613151311.jpg


日本公式サイトに、今回のドラマ出演決定のお知らせが
アップされています~~

日本ペンのみならず、世界中のペンが心を一つにして
ジフニを応援していきたいですね。

日本公式サイトは こちら


「公式モバイルサイ」トでも、アップされていました~~


"チュ・ジフン キャスティング、SBS内部でも論議あったが.."

23c_20120613092935.jpg

俳優チュ・ジフンが来る8月放送予定のSBS新しい週末ドラマ'五指'(仮題、脚本キム・スンオク・演出チェ・ヨンフン)で居間復帰を確定しながら視聴者らの間に意見が入り乱れている。

SBSは13日チュ・ジフンの出演を確定しながら"チュ・ジフンの居間復帰に対する憂慮の視線があることにもかかわらず、キャスティングが確定したところは色々な候補を置いて苦心した製作スタッフが芸術的イメージを持っているチュ・ジフンが最も適合した人物という判断により成し遂げた"とキャスティング理由を明らかにした。

'五指'は悲劇的な過去を持った若い青春が自身に近づいた不幸と傷を克服してまた自身の夢と愛を訪ねて行く話を描いた作品. チュ・ジフンは天性の才能を持ったが悲運の家庭事情を持っているピアニスト駅に変身する。

チュ・ジフンの復帰の便りに一部ではこれを喜ぶ一方、'ノイズ マーケティングでないか','まだ復帰するには達するのでないか'などの不便な視線も少なくない。 チュ・ジフンの出演が論議を予告していることにもあえて彼をキャスティングした理由は何だろうか。

SBSドラマ局高位関係者はスターニュースに"内部的にも論議があった"として"二度出演者規制審議委員会議をたどりながら苦心の末にキャスティングすることに決めた"と話した。

関係者は"それでもチュ・ジフンをキャスティングしたことはドラマの競争力という側面と一緒に俳優に機会をもう一度与えようと思う意図であった。 軍服務と自粛の期間を経て多くの反省をした若い俳優にまた機会を与えることが必要だと考えた"と伝えた。

一角で論議が予想されるのにもあえてチュ・ジフンをキャスティングしたことはノイズ マーケティングを誘導したことではないかとの指摘に対しては"放送局立場であえてそのような形で広報をする必要はない。 あくまでも韓流スターとしてのチュ・ジフンの位置づけ等を通して今後ドラマの輸出など競争力と役割に適合したキャスティングを通じてクォリティーを高めようと思う次元で決めただけ"と説明した。

また、演出者と作家がチュ・ジフンに対して肯定的な立場を見せたのが内部的に出演を決めた最も大きい理由と付け加えた。

演出を引き受けたチェ・ヨンフンPDはこの日SBSを通じて"天賦的才能を持ったピアニストの役割を演技するためには延期(煙、演技)だけでなく音楽に対する基本的な理解やはり必要なだけピアノとその他など楽器演奏と水準級歌実力を整えているチュ・ジフンにかける期待が大きい"と明らかにしたし、キム・スンオク作家は"人間の多様な感情を表現やり遂げるほどの深さと時間を十分に持った俳優"と話した。

チュ・ジフンは所属会社を通じて"初心に帰って良い演技をお見せすることで謝罪して、機会を与えられた多くの方々を失望させないという本人の意志が確かなだけ最善を尽くしてみて成熟した姿にお伺いする"と覚悟を伝えた。

果たしてチュ・ジフンが製作スタッフと待ったファンたち、視聴者たちの心を変えられるか成り行きが注目される。

マネーツディ スターニュース


チュ・ジフン、'五指'キャスティング確定…ピアニスト役

23c_20120613092935.jpg

俳優チュ・ジフンが来る8月放送予定のSBS特別企画‘五指’(仮題)でブラウン管に帰ってくる。

現在の人気の下に放送中のSBS ‘神社(紳士)の品格’の後続作の‘五指’は‘バラの戦争’ ‘産婦人科’を演出したチェ・ヨンフンPDと‘妻の誘惑’ ‘笑います、ママ’等を執筆したキム・スンオク作家が呼吸を合わせる作品.

悲劇的な過去を持った若い青春が自身に近づいた不幸と傷を克服してまた自身の夢と愛を訪ねて行く話の‘五指’でチュ・ジフンは天性の才能を持ったが悲運の家庭事情を持っているピアニスト駅に変身する。

チュ・ジフンの居間復帰に対する憂慮の視線があることにもかかわらず、キャスティングが確定したところは色々な候補を置いて苦心した製作スタッフが芸術的イメージを持っているチュ・ジフンが最も適合した人物という判断により成し遂げた。

演出を引き受けたチェ・ヨンフンPDは“善と悪が共存する変化無双な主人公キャラクターをやわらかいということと経た魅力を同時に所有しているチュ・ジフンが最もよく消化することだと判断した”としてキャスティングの理由を明らかにした。 また“天賦的才能を持ったピアニストの役割を演技するためには延期(煙、演技)だけでなく音楽に対する基本的な理解やはり必要なだけピアノとその他など楽器演奏と水準級歌実力を整えているチュ・ジフンにかける期待が大きい”と伝えた。

‘五指’を執筆するキム・スンオク作家やはり“人間の多様な感情を表現やり遂げるほどの深さと時間を十分に持った俳優”としながら信頼感を表わした。

チュ・ジフンの所属会社キーイーストは“チュ・ジフンが多くの方々に失望を抱かれて差し上げた事件に対して胸深く反省している”と明らかにして“相変らず申し訳ない心が大きいからブラウン管を通じて大衆の前に出ることに対して多くの悩んだがキャスティングに積極的に立ち向かった監督と作家に対する大きい信頼だけでなく色々な感情が共存するキャラクターに魅力を感じて苦心の末に出演を確定作った”としながら用心深い立場を伝えた。

引き続き“初心に帰って良い演技をお見せすることで謝罪して、機会を与えられた多くの方々を失望させないという本人の意志が確かなだけ最善を尽くしてみて成熟した姿にお伺いする”と話した。

チュ・ジフンの居間復帰作‘五指’は現在の主要配役キャスティング作業に真っ最中だ。

スポーツワールドより


チュ・ジフン、『5本の指』出演確定・・・所属事務所「演技で謝罪する」

こちらも、日本語版(KSTAR NEWS)です~~

23c_20120613092935.jpg

SBS週末特別企画ドラマ『5本の指』(原題)で地上波復帰を確定したチュ・ジフンの所属事務所が、復帰についての背景と感想を語った。

13日、チュ・ジフンの所属事務所は『5本の指』出演確定の知らせを伝え「チュ・ジフンは、多くの方々を失望させてしまった事件について、心の底から反省している」と伝えた。

彼らは、「相変わらず申し訳ないという気持が大きいため、ブラウン官を通し大衆の前に現れることに対し凄く悩んだが、キャスティングに積極的になってくれた監督と作家に対する信頼だけでなく、様々な感情が共存するキャラクターに対し魅力を感じ、苦心の末に出演を確定させた」と明かした。続けて「初心に帰って良い演技をお見せすることで謝罪し、チャンスを与えて下さった多くの方々を失望させないという本人の意思が固い分、ベストを尽くしより成熟した姿でお目にかかりたい」と語った。

『5本の指』は、『産婦人科』を演出したチェ・ヨンフンプロデューサー(以下チェPD)と『妻の誘惑』などを執筆した作家キム・スノクがタッグを組む作品。悲劇の過去をもつ若い青年が、自身の不幸と心に抱えた傷を乗り越え、再び夢と愛を見つけ出してゆくというストーリーを描く。チュ・ジフンは先天的な才能を持っているが、悲運な家庭事情の抱えているピアニストを演じる。

チュ・ジフンのお茶の間復帰に対し、制作陣はあのような事件があったにも関わらず幾人かの候補の中から芸術的なイメージをもつチュ・ジフンが最も『5本の指』のキャラクターに適していると判断し、キャスティングに至った。

演出を担当するチェPDは、「善と悪が共存する、変化の絶えない主人公のキャラクターを、ソフトさとタフな魅力を兼ね備えているチュ・ジフンが最も上手く演じ切るだろうと判断した」とし、「先天的な才能をもつピアニストという役柄を演じるためには、演技だけではなく音楽に対する基本的な理解もやはり必要である。その分ピアノやギターなど、楽器演奏の実力と優れた歌唱力も備えているチュ・ジフンに大きな期待を寄せている」と伝えた。

キム・スノク作家もまた、「人間の様々な感情を表現できる深みと時間を十分に備えた俳優」と明かした。

一方2009年に麻薬投薬容疑で不拘束起訴されたチュ・ジフンは、その後2010年に入隊、昨年11月に除隊。自粛の時間を過ごした。

『5本の指』は、8月頃の放送開始予定。

KSTAR NEWSより


「善と悪が共存する、変化の絶えない主人公のキャラクターを、ソフトさとタフな魅力を兼ね備えているチュ・ジフンが最も上手く演じ切るだろうと判断した」

期待に答えられるように、頑張ってほしいですね。
でも・・・ジフニにぴったりの役だと思います~~

チュ・ジフン、麻薬事件以来5年ぶり地上波ドラマ出演へ(エンタメコリア)

日本語版です~~

23c_20120613092935.jpg

俳優チュ・ジフンが地上波テレビ局のドラマに出演することになった。

 放送関係者が13日に発表したところによると、チュ・ジフンはSBS週末特別企画ドラマ『5本指』で主演することが決まったという。地上波ドラマに出演するのは2007年の『魔王』以来5年ぶりだ。

 このドラマは、『妻の誘惑』『天使の誘惑』などを手掛けた脚本家キム・スンオクの新作。麻薬類管理法違反で執行猶予付きの有罪判決を受け活動自粛中に入隊、昨年11月に除隊したチュ・ジフンが、「ヒットメーカー」キム・スンオクとタッグを組む。

 制作サイドがまずチュ・ジフン側に出演をオファー、チュ・ジフンも悩んだ末にこれを引き受け、ドラマ復帰が実現した。所属事務所では「いい演技でファンに応えたいという気持ちだけ」と話している。

 映画『私は王です』がクランクアップし次第、ドラマの撮影準備に入る見通し。『5本指』は現在放送中の『紳士の品格』の後続ドラマとして、8月スタートの予定だ。

エンタメコリア

チュ・ジフン、SBS '(紳士の品格'後続'五指'キャスティング確定

23c_20120613092935.jpg

俳優チュ・ジフンがSBS週末ドラマ‘五指’(仮題)でブラウン管にカムバックする。

チュ・ジフンは‘神社(紳士)の品格’後続で来る8月放映される‘五指’で天性の才能を持ったが悲運の家庭事情を持っているピアニスト役を担った。

‘五指’は悲劇的な過去を持った若い青春が自身に近づいた不幸と傷を克服してまた自身の夢と愛を訪ねて行く話を描いた作品. ドラマ‘バラの戦争’、‘産婦人科’を演出したチェ・ヨンフンPDと‘妻の誘惑’、‘笑います、ママ’等を執筆したキム・スンオク作家が呼吸を合わせる。

チュ・ジフンの居間復帰に対する憂慮の視線があることにもかかわらず、キャスティングが確定したところは色々な候補を置いて苦心した製作スタッフが芸術的イメージを持っているチュ・ジフンが最も適合した人物という判断によりなされた。

チェ・ヨンフンPDは“善と悪が共存する変化無双な主人公キャラクターをやわらかいということと経た魅力を同時に所有しているチュ・ジフンが最もよく消化することだと判断した”と話した。

引き続き“天賦的才能を持ったピアニストの役割を演技するためには演技だけでなく音楽に対する基本的な理解やはり必要なだけピアノとその他など楽器演奏と水準級歌実力を整えているチュ・ジフンにかける期待が大きい”と付け加えた。

所属会社キーイーストは“チュ・ジフンが多くの方々に失望を抱かれて差し上げた事件に対して胸深く反省している。 相変らず申し訳ない心が大きいからブラウン管を通じて大衆の前に出ることに対して多くの悩んだがキャスティングに積極的に立ち向かった監督と作家に対する大きい信頼だけでなく色々な感情が共存するキャラクターに魅力を感じて苦心の末に出演を確定作った”と伝えた。

引き続き“初心に帰って良い演技をお見せすることで謝罪して、機会を与えられた多くの方々を失望させないという本人の意志が確かなだけ最善を尽くしてみて成熟した姿にお伺いする”と付け加えた。

アジアトゥデイより


ピアニストの役なんですね~~
久しぶりに、ジフニがピアノを弾く姿が見れそうなので、楽しみです。


"演技で贖罪する"…チュ・ジフン、悩みの末にドラマ カムバック

あんにょ~ん

午前中仕事をしていたので、今を開けてみてびっくりです!
ドラマ出演が確定したのですね~~~

とりあえずこれから、記事をアップしていきます~~

23c_20120613092935.jpg

チュ・ジフンがSBS-TV '五指'(仮題)に復帰する。 去る2009年麻薬物議をかもした後復帰作だ。

チュ・ジフン所属会社'キーイースト'とは"チュ・ジフンがブラウン管復帰に対して多くの悩んだ"としながら"キャスティングのために積極的に乗り出した'五指'製作スタッフに大きい信頼を持ったし色々な感情が共存するキャラクターに魅力を感じて苦心の末に出演を決めた"と明らかにした。

達した復帰ではないのかという指摘には"チュ・ジフンが胸深く反省している"として"初心に帰って良い演技をお見せすることで謝罪する。 機会を与えられた多くの方々を失望させないという本人の意志が強い"と話した。

製作スタッフはチュ・ジフンの持って生まれた感覚に出演を提案したと分かった。 '五指'チェ・ヨンフンPDは"チュ・ジフンが善と悪が共存する主人公キャラクターを最もよく消化することだと判断した"として"芸術的感覚を持ったチュ・ジフンにかける期待が大きい"と伝えた。

物議をかもした時間が延期(煙、演技)には薬になるものと展望することもした。 キム・スンオク作家は"チュ・ジフンは人間の多様感情を表現やり遂げるほどの深さと時間を持った俳優だ"と強い信頼を見せることもした。

一方'五指'とは'神社(紳士)の品格'の後続作で悲劇的な過去を持った若い青春が自身に近づいた不幸と傷を克服してまた夢を訪ねて行く内容を描く。 チュ・ジフンは天性の才能を持ったが悲運の家庭事情を持っているピアニスト役を担った。

ディスパッチより


「TO JIHOON 心のままに・・・ 」~MV(へんじゃさん)

あんにょ~ん

昨日紹介した「If we hold on together」の曲で
早速へんじゃさんが、MVを作ってくださいました~~

とても素敵なMVに仕上がっています~~


「TO JIHOON 心のままに・・・ 」




へんじゃさん、お借りしました。
ありがとうございます~~

sidetitleプロフィールsidetitle

ぴあの

Author:ぴあの
★韓国俳優「チュ・ジフン」さんを応援しています★

チュ・ジフンさんの記事や画像を中心に、韓国ドラマ、映画、芸能ニュース等もアップしています。

*当ブログで使用している画像、動画等の著作権は、出処である各サイト・出版元にあります。
不適切なコメント及び悪質なコメントは、管理人の判断で削除させて頂きますのでご了承ください。

♥チュ・ジフン出演作品~放送中&放送予定(随時更新)

☆WOWWOW
映画「私は王である」
5/12(月)午後9:00~

☆KNTV
「メディカルトップチーム」
5月17日(土)からスタート!
毎週(土・日) 午後10:00~午後11:15
再放送毎週(月・火) 午後2:05~午後3:15

☆BS-TBS(吹替版)
「蒼のピアニスト」
毎週日曜日 午前10:00~10:54(放送中)

☆TBSチャンネル
「蒼のピアニスト」(完全版)
4月17日(木)からスタート!
毎週(月)-(金)午後5:50~午後8:10[2話ずつ]
※4/24(木)は午後7:00~午後8:10[1話]
※4/28(月),4/29(火),4/30(水)は休止

☆ホームドラマチャンネル
「宮 Love in Palace」
5月12日(月)スタート!
毎週(月)午後2時14:00~15:15

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ランキングに参加しています!1日1回ポチっとお願いします!(^-^)b

FC2Blog Ranking

sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle韓流タウンsidetitle
韓流タウンさんで「第3期ベストブロガー」として紹介していただきました♪
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle