FC2ブログ

주지훈《나는 왕이로소이다》 Fighting ! ! ! ~MV(by AMY)

こちらは、AMYさんが作られたMVです~~

AMYさんのGIFが、たくさん使われていて
曲にぴったりです。カッコイイ~~

映画の完成が、ますます期待されますね~~

AMYさん 素敵なMVをありがとうございました~~





スポンサーサイト



「If we hold on together」~MV♪

0a_20120612225706.jpg


こちらの曲も、とても心に響きます~~

名曲ですが、歌詞までは知らずにいました。
歌詞のどれもが素晴らしく、胸に響きます。


[ダイアナ・ロス-訳詩 If we hold on together-Diana Ross.mp4]




YouTubeからお借りしました~~

このMVを教えてくれたmさん、どうもありがとうございました~~

「TO JIHUN&ALL JIHUN FANふぁいてーん」~MV(へんじゃさん)♪

あんにょ~ん

今日は、ジフニの記事をアップしていくうちに
どんどん心が重くなっていって、辛くなってきました・・・

でもこんな時こそ、下を向いている場合ではありませんね。
心を強くして、ジフニを応援していかなければ~~~

元気出していきましょう~~


へんじゃさんのMVをお借りました。
へんじゃさ~ん!ありがとうございます~~

[TO JIHUN&ALL JIHUN FANふぁいてーん]



麻薬水のチュ・ジフン、ドラマ復帰初読み取りに論議

22c_20120611144718.jpg

麻薬事件で物議をかもした俳優チュ・ジフンのテレビ劇場復帰が秒読みに入って論議がおきている。

チュ・ジフンはSBS特別企画'神社(紳士)の品格'後続作'五指'の男主人公で出演提案を受けて肯定的に出演を検討中だ。 '五指'に出演することになれば2007年KBS2 '魔王'以後5年ぶりのテレビ劇場復帰だ。

SBSは12日チュ・ジフンの出演問題を置いて出演子規制審議委員会を開いて激しい議論の末に"出演に問題がない"という結論を下した。 SBSのある関係者は"俳優があまりにもない中で韓流スターにドラマ興行のために若い人に機会を与えようという側に結論が出た"と明らかにした。 製作会社とチュ・ジフン所属会社が細部条件を調整した後出演を確定する予定だ。


2009年麻薬投薬疑惑で懲役6月、執行猶予1年を宣告されたチュ・ジフンは翌年軍入隊して昨年11月除隊した。 除隊後最近まで映画'私は王である'撮影を終えて来る8月封切りを控えている。 昨年SBSが'大風樹'でチュ・ジフンのテレビ劇場カムバックを用心深く打診したがKBS,MBCの出資金指名団に上がったチュ・ジフンを自社ドラマに先に復帰させることは負担になって失敗に終わった。

SBSと'五指'製作会社はチュ・ジフンが除隊後映画等を通してすでに演技者に復帰したし俳優飢謹現象とかみ合わさってキャスティングを推進してきた。

しかし放送界関係者たちは"麻薬犯人で出資金指名団に上がったチュ・ジフンが老若男女が見る地上波放送ドラマに復帰することはまだ時期尚早であるようだ"としながら"ドラマ興行も良いが地上波放送で私生活で物議をかもした俳優を性急に使うのは問題"と指摘した。

また、ネチズンは"麻薬で裁判所で有罪判決受けたが空中波放送出てくるのか?","麻薬イメージ ドラマ キャラクターに集中できないようだ"等拒否感を表わした。

一方'五指'はSBS '妻の誘惑','天使の誘惑'を執筆したキム・スンオク作家のドラマで、50部に放送される計画だ。

スポーツソウル


SBS側からは、OKが出ましたね。一歩前進です。
あとは、ジフニ側の決断を待つことにしましょう。
どういう結果になろうとも、ジフニを応援していくのみです!!

”CINE21 NO.858” より~「私は王である」撮影現場

JugalのGung7さんからお借りしました。
ありがとうございます~~


22c_20120611144718.jpg


世宗(セジョン)が笑わせると?
<私は王である>撮影現場

事実が1人2役であってチュ・ジフンは<私は王である>で1人4役、1人6役を演技していた。
チュンニョン、トクチルになったチュンニョン、トクチル、チュンニョンがなったトクチルの微妙なアイデンティティを適切に表現しなければならなかったという話だ。

"ひとまず分量が主人公で映画二編(便)とったようだ。 一日に六キャラクターが出てくる時もあるが、
そうする時は本当にこんがらかる" (チュ・ジフン)
"大韓民国ある俳優がするとしてもとても大変な役割だ。 一日にも何回ずつ王の服を着て
奴婢の服をイボッタが.... 計算が上手でなければならなかった。 私もそうで俳優もそうで。" (チャン・キュソン)

史劇が初めての監督とコメディが初めての俳優は
<私は王である>を始める前心配も多かった。

次期作を演出するまで5年の空白期があったチャン・キュソン監督は
"撮影初日、デビューの時よりさらに震えた"と告白した。

チュ・ジフンは"君はコメディ行くことがないと思うんだって。.."というチャン・キュソン監督の反復された話に
撮影前日恐れに包まれたと打ち明けた。

しかしこういう憂慮はきれいにはたいてしまっても良いようだ。
チャン・キュソン監督はチュ・ジフンのコメディ延期(煙、演技)が生きているといった。

-氏の家21 NO.858ホジュン-


'チュ・ジフン復帰論議'水の借金は芸能人の地上波復帰時期は?

22c_20120611144718.jpg

ファン・ソヨン記者]麻薬電力で地上波出演規制を受けているタレント チュ・ジフンがSBS週末劇‘神社(紳士)の品格’後続の‘五指’(キム・スンオク脚本、チェ・ヨンフン演出)主演で嘱望されたという便りが伝えられるとすぐに 論議がおきている。チュ・ジフンの他に過去物議をかもした芸能人はいくらぶりに地上波に復帰したのだろうか?

一番最初に飲酒運転で物議をかもした芸能人タレント キム・ジスとキム・ジョンフンを挙げることができる。 特にキム・ジスは2000年洋酒を飲んで無免許状態で車を運転して事故がおきたし、2010年には飲酒運転とひき逃げ疑惑で警察に不拘束立件された。 だが、彼の自粛期間なかった。 キム・ジスは直ちにKBS 1TV大河史劇‘クン草稿王’でテレビ劇場を探した。

キム・ジョンフンはやはり2011年7月泥酔状態で自身のベンツ乗用車を運転している間112申告を受けて出動した警察に捕まった。 飲酒測定結果キム・ジョンフンは免許取り消しに該当する血中アルコール濃度0.119%. これに免許取り消しにあった。 以後彼はSBS TV週末劇‘バカママ’で8ヶ月ぶりに地上波復帰に成功した。

2009年8月賭博士件で物議をかもしたコメディアン キム・ジュノは7ヶ月間の自粛期間以後KBS 2TV ‘ギャグコンサート’を通じて今一度地上波に戻った。

これと共に暴行事件にまきこまれたチェ・チョロは2010年7月暴行事件で物議をかもして出演中のMBC TVドラマ‘東夷’で自主的に下車したし休息期を持って地上波には来る8月放送予定のKBS 1TV新しい大河ドラマ‘太宗武烈王’で約2年ぶりに復帰する。

反面チュ・ジフンは2009年4月エクスタシーとケタミンなど向精神性医薬品を投薬した疑惑で不拘束起訴されて懲役6ヶ月執行猶予1年と社会奉仕命令を宣告された。 以後2010年2月特戦司令部常勤予備役で入隊して昨年11月除隊した。 そして2012年来る8月放送予定の‘五指’切り札で嘱望された。

彼は3年余りを越える自粛時間以後地上波復帰を待っている。だが、チュ・ジフンの復帰に冷淡な反応は相変わらずだ. 彼の復帰が違う芸能人らに比べて達したことかでなければ私たちが唯一彼に心を開けずにいるのではないだろうか今一度振り返ってみる時点だ。

TVリポート

チュ・ジフンのドラマ復帰に疑問の声高まる

22c_20120611144718.jpg

麻薬使用の容疑で物議を醸した韓国俳優チュ・ジフンのテレビドラマ復帰に、疑問の声が高まっている。

 チュ・ジフンは、現在放送中のドラマ「紳士の品格」の後続番組として準備に入った「5本の指」の男性主人公としてオファーを受けている。これを承諾した場合、チュ・ジフンはドラマ「魔王」以来、5年ぶりのドラマ出演となる。

 2009年に麻薬投薬の容疑で懲役6月、執行猶予1年の判決を受けたチュ・ジフンは、これを機に入隊し、昨年11月に除隊。その後は映画「私は王である」の撮影を行い、8月の公開を控えている。

 昨年、SBSはチュ・ジフンにドラマ出演を慎重に打診していたが、KBSとMBCでは出演禁止となっていることから、早期のテレビ復帰は好ましくないとの判断が下されていた。

 そしてことしに入り、SBSと「5本の指」制作会社側は、すでにチュ・ジフンが映画出演していることを理由にキャスティングに踏み切ったのだ。

 しかし、これに対して反対の声も多い。「地上派での復帰は、まだ早いのでは」、「視聴率を上げたい気持ちもわかるが、私生活に問題のある俳優を起用するのは正しくない」などの声が上がっている。

 麻薬のイメージがいまだ拭えないチュ・ジフン。ドラマ復帰はいつになるのか、配役決定に注目が集まっている。

WoW!Korea


ドラマ復帰は、まだ早かったのでしょうか?
それにしても、確定してから記事にしてほしかったです。

チュ・ジフン地上波復帰切迫の便りにネチズン甲論乙駁

22c_20120611144718.jpg

麻薬電力で地上波出演規制を受けているタレント チュ・ジフンがSBS新しい週末劇‘五指’(キム・スンオク脚本、チェ・ヨンフン演出)主演で嘱望されるとすぐにネチズンの間で甲論乙駁が広がっている。

'罰もすでに払ったし軍隊も行ってきた以上問題になることがない'という擁護論と'それでもまだ地上波はならない'という否定論がするどく対抗している。 'いくら民営であってもSBSがチュ・ジフン地上波カムバックになぜ銃を担ぐのか分からない'という意見もある。

チュ・ジフンの地上波復帰の便りが伝えられるとすぐにインターネットユーザーはSNSを通じて“チュ・ジフンTV復帰をおめでとう. 本当にたくさん待った” “いよいよ復帰するんだな! ファン(パン)として本当に良い” “他の芸能人論議起こしてもすぐ復帰したのになぜ論議なの? 演技力に勝負しよう”等肯定的な反応を見せた。

反面“すでに地上波に復帰するということなのか?” “できるなら静かにしているだろう” “あえて他の俳優も多いが麻薬したチュ・ジフンを使わなければならないのか?”等一部では否定的な反応を見せている。

チュ・ジフンはSBS高位層の反対に昨年末‘大風樹’が出演が挫折した前例がある。 当時SBS高位役員は“どうして、わざわざ私たちのSBSが水の借金は芸能人を一番最初に起用しなければならないか”としてドラマ局にチュ・ジフン カードを反対して失敗に終わったことがある。

これと関連して‘五指’製作会社の芸能人文化側は“‘五指’の主演で現在のチュ・ジフンが出演を確定作った状況でない。 編成権を握ったSBSの決定を待っているだけ”としながら用心深い立場を取った。

‘五指’はドラマ‘妻の誘惑’ ‘笑いますママ’ ‘天使の誘惑’等を執筆したキム・スンオク作家と‘バラの戦争’ ‘産婦人科’等を演出したチェ・ヨンフンPDが共に呼吸を合わせるドラマだ。

一方チュ・ジフンは去る2009年4月エクスタシーとケタミンなど向精神性医薬品を投薬した疑惑で不拘束起訴されて懲役6ヶ月執行猶予1年と社会奉仕命令を宣告された。 以後2010年2月特戦司令部常勤予備役で入隊して昨年11月除隊したし、最近撮影を終えた映画'私は王である'の8月封切りを控えている。

TVREPORTより

チュ・ジフン、‘五指’主演身を引かなければならないだろうか

22c_20120611144718.jpg

チュ・ジフンがSBSドラマ‘五指’主演で嘱望された中で、出演可否を置いて論議がおきている。

‘神社(紳士)の品格’後続作品で電波に乗る‘五指’は‘妻の資格’クォン・スンオク作家の次期作でチュ・ジフンが出演を確定するならば、彼は去る2007年KBS 2TV ‘魔王’以後5年ぶりのテレビ劇場に復帰することになる。

だが、彼は去る2009年エクスタシーとケタミンなど向精神性医薬品を投薬した疑惑で不拘束起訴されて懲役6ヶ月執行猶予1年と社会奉仕命令を宣告された履歴を持っている。 しばらく俳優として上昇株価を乗っている時さく烈したこの事件は大衆に衝撃を抱かせたし、以後チュ・ジフンは2010年2月特戦司令部賞金予備役で入隊して反省の時間を設けることになった。

そのようにチュ・ジフンは軍服務を終えて昨年11月除隊したし、最近撮影を終えた映画‘私は王である’の8月封切りを控えている。 ところで彼がSBS ‘五指’で主演嘱望されるとすぐに出演可否を置いてインターネットユーザーらの甲論乙駁が繰り広げられた。

まずチュ・ジフンが社会的物議をかもした芸能人として自粛期間を持ったが、MBC,KBSの放送規制が解けない状況なのでSBSの出演はチュ・ジフンに向かった鋭い視線をそそのかすことになった。 地上波放送出演に限界を持つ俳優が主演で他の地上波放送テレビ劇場に出演すること自体が曖昧な成立を呼び起こして、公営放送規制が適用されなかった民間放送で開かれた機会という点でも不便な反応を見せている。

また、このような甲論乙駁が広がる理由はチュ・ジフンが大衆に麻薬疑惑をきれいに洗ったという認識を完ぺきに植え付けないところで始まったことだ。 疑惑を認めて、罪を甘受するという立場を明らかにした後軍に入隊したチュ・ジフンは大衆との距離を狭められないままうわさなしで私たちのそばをしばらく離れることになった。

彼としては十分に自粛の時間を持ったと感じることができるだろうが、大衆が感じるには特別な反省の兆しを発見できなかった。 だからまだ狭まらなかった認識から始まった今回のチュ・ジフンの‘五指’主演嘱望は非難を避けることができなくなった。 自粛の時間よりも大衆の認識変化が芸能人としてより一層重要だということを見過ごしたと見られる。

麻薬疑惑を借金は大部分の芸能人らもその間はやい回復が不可能だった。 自粛の意味もまた、物理的な時間によったことでなく心理的な条件につながったし、頻繁に大衆の冷たい反応も甘受しなければならない立場に置かれることもした。

このような事例を後にしたままチュ・ジフンがSBS ‘五指’に出演を押し切るならば、より一層非難は加勢負けるしかない。 時期的に尚早の感が感じられる彼の出演に放送前から不便なそぶりを表わす視聴者たちが増える場合が発生する可能性が高くなるため。

もちろん彼も永遠の機会剥奪を持つことにはならない。 だが、もし彼が堂々と大衆の前に出る勇気があるならば、一番最初に認識の変化を持つ機会を用意して論議を寝かそうとする努力を見せるべきでないだろうか。 また、ドラマ‘宮’、‘魔王’と映画‘アンティーク’、‘キッチン’で演技力を立証した彼が再び演技者として大衆に姿を表わす予定ならば、大衆の視線と認識を変える方法を模索する過程は踏むべきではないだろうか。

一方チュ・ジフンは8月映画‘私は王である’封切りを控えている。

韓国日報より


記事のタイトルと内容が、だんだん厳しいものになっていって・・・残念です。

「私は王である」イム・ヒョンジュンさん(俳優)のつぶやきより~♪

AMYさんから教えていただきました。
ありがとうございます~~


22c_20120611144718.jpg

火旺山(ファワンサン)頂上で


22c_20120611144718.jpg

22c_20120611144718.jpg

ウォンヒ兄と

イム・ヒョンジュンさんのツイッターからお借りしました~~
ありがとうございました。

チュ・ジフン「魔王」behind the scenes~画像

runningmoonさんからお借りしました。
ありがとうございます~~

22c_20120611144718.jpg


22c_20120611144718.jpg


22c_20120611144718.jpg


22c_20120611144718.jpg


22c_20120611144718.jpg


22c_20120611144718.jpg


22c_20120611144718.jpg


1日1回、ポチっとしていただけたら嬉しいです。



チョン・ジヒョン「キム・スヒョンとの初キスに満足」

22c_20120611144718.jpg

12日午前、ウェスティン朝鮮ホテル(ソウル市中区)で映画『泥棒たち』(チェ・ドンフン監督)制作発表会が行われ、出演者のチョン・ジヒョンがキム・スヒョンとのキスシーンについて語った。

 チョン・ジヒョンは「監督が撮影前、『このシーンはOKでもNGでも10回以上撮る』とおっしゃったので『どうしよう。上手にやっても問題だし、できなくても問題になる』と精神的なプレッシャーを感じながら撮影に臨みました」と告白。

 そして「どの俳優もこうしたシーンを撮る時に緊張し、落ち着かないと思うんですが、私は特に年下の男性とこうしたシーンを撮るのは初めてですし、韓国でキスシーンをするのも初めて。でも、キム・スヒョンさんでよかったです。それに年下ですから。私はこれまで大切に取っておいた年下男性との初キスをキム・スヒョンさんとできて満足です」と笑わせた。

エンタメコリア


その場で爆笑しているスヒョン君も、可愛いですね。

チュ・ジフン、麻薬事件後初の地上波ドラマ主演となるか?

”TVREPORT”の日本語版なので、アップしますね~~

22c_20120611144718.jpg

SBSが麻薬事件で地上波放送の出演が規制されている俳優チュ・ジフンを、ドラマの主演に取り上げ、注目が集まっている。もし民営放送局であるSBSがチュ・ジフンを出演させることになれば、KBSとMBCでの出演も自然に解禁されると思われる。

チュ・ジフンが有力な主演候補になっているドラマは「紳士の品格」の後続番組である週末ドラマ「5本の指(仮題)」(脚本:キム・スンオク、演出:チェ・ヨンフン)だ。このドラマは女優チェ・シラの次回作でもある。

ある放送関係者は11日、TVレポートの電話取材で「SBSは8月4日にスタートする『5本の指』の男性主人公としてチュ・ジフンを考えている。当初、チ・チャンウクが取り上げられたが、インパクトが弱いという指摘があり、チュ・ジフンを有力候補として進めている」と話した。

この関係者は「『紳士の品格』の視聴率が15%となってはいるが、期待を下回るのも事実だ。そのため、後続作には特別に力を入れている。チュ・ジフンは、麻薬事件があったものの、十分に反省しているし、スター性があるので切り札として構想している」と背景を説明した。

チュ・ジフンが主演になる可能性が高い中、土壇場で変更の可能性もあるという懸念の声も依然として出ている。SBSが昨年末「大風水」にチュ・ジフンをキャスティングしようとしたが、社内の重役の反対で白紙に戻った例があるからだ。当時、SBSの役員は「どうしてSBSが物議を巻き起こした芸能人を真っ先にキャスティングしなければならないのか」とチュ・ジフンの起用に反対したのだ。

これに対してチュ・ジフンの所属事務所であるキーイースト側は「SBSと『5本の指』の外注制作社であるイェイン文化からオファーはもらったが、まだはっきりとした答えは聞いていない」と話した。拡大解釈を警戒しながら、SBSの決定を待つニュアンスだった。

「5本の指」はドラマ「妻の誘惑」「笑ってお母さん」「天使の誘惑」などを執筆したキム・スンオク脚本家と「バラの戦争」「愛の選択~産婦人科の女医~」などを手がけたチェ・ヨンフンプロデューサーが手を組んだドラマだ。

チュ・ジフンは2009年4月、エクスタシーやケタミンなど向精神性薬品を投薬した疑いで不拘束起訴され、懲役6ヶ月執行猶予1年、社会奉仕命令を宣告された。その後、2010年2月に特戦士常勤予備役として入隊、昨年11月に除隊した。最近撮影を終えた映画「私は王である」の韓国での公開を8月に控えている。

TVREPORTより

"五本指"有力な候補チュ·ジフン、地上波復帰甲論乙駁

22c_20120611144718.jpg

俳優チュ·ジフンがSBSの新しい週末ドラマ "五本の指"(脚本キム·スンオク演出チェ·ヨンフン)主演候補に上がって視聴者たちの賛否両論が起きている。

チュ·ジフンの所属事務所関係者は11日マイデイリーとの電話で ""五本の指 "の制作会社に出演提議を受けて前向きに検討している"と述べた。

"五本指"は、現在放映中のSBS週末ドラマ "紳士の品格"(脚本キム·ウンスク演出シン·ウチョル)の後続として放映される予定だ。 ドラマ "妻の誘惑" "スマイルママ" "天使の誘惑"などを執筆したキム·スンオク作家と 'バラの戦争 ""産婦人科 "などを演出しチェ·ヨンフンPDが意気投合した作品だ。 チュ·ジフンの出演が確定するならば、彼は去る2007年KBS 2TV '魔王'以後5年ぶりのテレビ劇場に復帰することになる。

チュ·ジフン出演の甲論乙駁は、彼が去る2009年4月のエクスタシーとケタミンなどの向精神薬を投薬した疑いで非拘束起訴された事実に起因する。 当時チュ·ジフンは懲役6ヶ月執行猶予1年、社会奉仕命令を言い渡された。 2010年2月の特戦司令部常勤予備役で入隊し、昨年11月に除隊し、彼は昨年SBS "デプンス"出演有力な候補に上がったことがあるが失敗に終わったことがある。

これと関連しSBS製作関係者は12日午前マイデイリーとの電話インタビューで "現在のチュ·ジフンの出演するかどうかに関連出演禁止審議委員会で深い議論が進行中だ"と言いながら "これまで社会的物議をかもした芸能人たちがどのくらいの自粛期間を持って帰ってきたが、この点は、企業全体で決定しなければならない問題だ "と伝えた。

この関係者は "キャスティングの推進の理由は、芸術家が主人公である"五本指 "の特性上、くれ·ジフンがふさわしいという判断がしたからだ。俳優たちごとのカラーが異なるため、作品に合ったキャスティングをすることは演出者の任務だ。現在の幅広いレベルの議論が進行中だ "と付け加えた。

前チュ·ジフンの所属事務所関係者も "まだ出演をおろそかに言う段階ではありません。慎重に見守っている"と述べた。

チュ·ジフンのキャスティング消息を接した視聴者たちは賛否様相を呈している。 あるネチズンは "他人に被害を与えておらず、在宅起訴を受けたとしてもアーティストとしての青少年たちに及ぼす影響力は無視できない。地上波主人公復帰は時期尚早"と主張した。

一方、一部では "公平性の次元で、チュ·ジフンより加えた水は、司法処理を受けても積極的に活動する芸能人が多い" "永遠の機会の剥奪はまた他の被害を生むことができる。罪を払って責任をなったら復帰してもかまいません"などの反応を示した。

一方、チュ·ジフンは来る8月封切り予定の映画 "私は王にソイダ"仕上げの撮影に真っ最中だ。

マイデイリー


キム・スヒョン、五輪選手の応援ソングを担当・・・レコーディング写真が公開

22c_20120611144718.jpg

レコーディングスタジオにいる俳優キム・スヒョンの写真が公開され、視線を集めている。

12日、あるオンラインコミュニティー掲示板に、キム・スヒョンがレコーディングをしている写真が載せられた。スタジオを背景に、リラックスした表情で笑顔を見せるキム・スヒョンはネットユーザーの関心を集めている。

サムスン電子の広報関係者によると、キム・スヒョンはロンドン五輪に出場する水泳のパク・テファン選手を応援しようと応援ソングを担当した。共にサムスン・ノートブックシリーズ9のモデルに抜擢されたことで親交を深めてきたパク選手を応援するため、暇を見つけてはスタジオを訪ねて練習しているという。

キム・スヒョンはこれまでドラマ『ドリームハイ』や『太陽を抱く月』(原題)などに出演し、OSTで優れた歌唱力を披露してきた。今回はどのような歌を披露してくれるのか期待が高まっている。この日公開されたキム・スヒョンのレコーディング写真を見たネットユーザーたちは、「キム・スヒョンが本当に歌手デビューするのかと思った!」、「キム・スヒョンの歌を聴いて、パク選手金メダルを!」、「キム・スヒョン最高!」などと熱い反応を見せた。

KSTAR NEWS


スヒョン君も、歌上手ですよね。この歌も聴いてみたいです~~

麻薬水のチュ・ジフン、ドラマ復帰の可能性に論議

22c_20120611144718.jpg

麻薬事件で物議をかもした俳優チュ・ジフンのテレビ劇場復帰の可能性に論議がおきている。

チュ・ジフンはSBS週末劇'神社(紳士)の品格'後続'五指'の男主人公で出演提案を受けて肯定的に出演を検討中だ。 '五指'に出演することになれば2007年KBS2 '魔王'以後5年ぶりのテレビ劇場復帰だ。

2009年麻薬投薬疑惑で懲役6月、執行猶予1年を宣告されたチュ・ジフンは翌年軍入隊して昨年11月除隊した。 除隊後最近まで映画'私は王である'撮影を終えて来る8月封切りを控えている。 昨年SBSが'大風樹'でチュ・ジフンのテレビ劇場カムバックを用心深く打診したがKBS,MBCの出資金指名団に上がったチュ・ジフンを自社ドラマに先に復帰させることは負担になって失敗に終わった。

SBSと'五指'製作会社はチュ・ジフンが除隊後映画等を通してすでに演技者に復帰したという点と俳優飢謹現象などを理由でキャスティングを推進してきた。 SBSは12日チュ・ジフンの出演問題を置いて内部会議に入った。

しかし放送界関係者たちは"麻薬犯人で出資金指名団に上がったチュ・ジフンが老若男女が見る地上波放送ドラマに復帰することはまだ時期尚早であるようだ"としながら"ドラマ興行も良いが地上波放送で私生活で物議をかもした俳優を性急に使うのは問題"と指摘した。

また、チュ・ジフンのドラマ出演の便りが知らされるとすぐにネチズンは"麻薬で裁判所で有罪判決受けたが空中波放送出てくるのか?","麻薬イメージ ドラマ キャラクターに集中できないようだ"等拒否感を表わした。

一方'五指'はSBS '妻の誘惑','天使の誘惑'を執筆したキム・スンオク作家のドラマで、50部に放送される計画だ。

スポーツソウルより


厳しい記事ですね~~
やはりまだ、時期尚早なのかなあ・・・
今日の結果は、あまり期待出来ないかもしれませんね。

ミュージカル「宮」制作側、「SJ」カンイン出演は事実無根と一蹴

22c_20120611144718.jpg

韓国アイドルグループ「SUPER JUNIOR」のカンインが日本版ミュージカル「宮」に電撃キャスティングされたというニュースに、制作会社側が「事実無根で、確定されていない」と一蹴した。

ある韓国メディアは11日、カンインが9月1日に日本・東京ゆうぽうとホールで開幕するミュージカル「宮」に、主人公イ・シン役でキャスティングされたと単独報道した。

これと関連し、「宮」の制作会社側は某メディアの取材に対し「主演キャスティング関連は、まだ何も決まっていない」とし、「カンイン主演の確定は、事実無根だ。主演キャスティング関連の話し合いが、まだ内部で進行している段階であるので、具体的なコメントはできない」と述べた。

一方、ミュージカル「宮」は韓国が立憲君主制という設定のもと、皇室で繰り広げられる物語で、韓国ドラマとして日本でも話題となった。

WoW!Korea


先に、誤った報道が流れてしまったようですね。

チュ・ジフン”BONサイン会(2006 8/16)にて~画像

22c_20120611144718.jpg

22c_20120611144718.jpg

22c_20120611144718.jpg

22c_20120611144718.jpg

22c_20120611144718.jpg

22c_20120611144718.jpg

22c_20120611144718.jpg

22c_20120611144718.jpg

22c_20120611144718.jpg

22c_20120611144718.jpg

22c_20120611144718.jpg


runningmoonさんからお借りしました。
いつもありがとうございます~~

百想の時とは少し違うけど、こちらもストレートヘアーで、可愛いです~~


1日1回、ポチっとしていただけたら嬉しいです。


チュ・ジフン、新ドラマの主演候補に~エンタメコリア版

22c_20120611144718.jpg

俳優チュ・ジフンのドラマ出演が秒読み段階に入った。

 チュ・ジフンは、現在放送中の週末ドラマ『紳士の品格』(SBS)の後枠のドラマ『5本指』の主演に有力視されている。同ドラマは、『妻の誘惑』『天使の誘惑』などを執筆した脚本家キム・スンオクの新作で、全50話制作。

 SBSドラマ局の関係者は11日、「チュ・ジフンに出演をオファーした。明日の最終会議を通じて、キャスティングが確定するかどうか、決まるだろう」と話した。チュ・ジフンの所属事務所関係者は「制作会社側から出演オファーを受けた。しかし、まだ検討段階なので、出演するかどうかを話すのは難しい」とコメントした。

 チュ・ジフンは2007年、ドラマ『魔王』に出演して以来、映画を中心に活動してきた。2009年6月、向精神性医薬品を投薬した疑いで懲役6月、執行猶予1年を宣告され、芸能活動を自粛して入隊。昨年11月に軍を除隊し、芸能活動を再開した彼は、最近映画『私は王です』の撮影を終え、8月公開を控えている。

エンタメコリア


しつこいようですが・・・(笑)
エンタメコリア版も出たので、アップしました~~

韓国ペンの方達の反応は、賛否両論のようですが
今日の最終会議の結果を待ちたいと思います。

”百想芸術大賞(2006 4/14)”のジフニ~画像♪

22c_20120611144718.jpg


22c_20120611144718.jpg


22c_20120611144718.jpg


22c_20120611144718.jpg


22c_20120611144718.jpg


22c_20120611144718.jpg


runningmoonさんからお借りしました。
ありがとうございます~~

この時のジフニも、大好きなんですよ。
ストレートヘアーも、かっこいいです~~~

sidetitleプロフィールsidetitle

ぴあの

Author:ぴあの
★韓国俳優「チュ・ジフン」さんを応援しています★

チュ・ジフンさんの記事や画像を中心に、韓国ドラマ、映画、芸能ニュース等もアップしています。

*当ブログで使用している画像、動画等の著作権は、出処である各サイト・出版元にあります。
不適切なコメント及び悪質なコメントは、管理人の判断で削除させて頂きますのでご了承ください。

♥チュ・ジフン出演作品~放送中&放送予定(随時更新)

☆WOWWOW
映画「私は王である」
5/12(月)午後9:00~

☆KNTV
「メディカルトップチーム」
5月17日(土)からスタート!
毎週(土・日) 午後10:00~午後11:15
再放送毎週(月・火) 午後2:05~午後3:15

☆BS-TBS(吹替版)
「蒼のピアニスト」
毎週日曜日 午前10:00~10:54(放送中)

☆TBSチャンネル
「蒼のピアニスト」(完全版)
4月17日(木)からスタート!
毎週(月)-(金)午後5:50~午後8:10[2話ずつ]
※4/24(木)は午後7:00~午後8:10[1話]
※4/28(月),4/29(火),4/30(水)は休止

☆ホームドラマチャンネル
「宮 Love in Palace」
5月12日(月)スタート!
毎週(月)午後2時14:00~15:15

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ランキングに参加しています!1日1回ポチっとお願いします!(^-^)b

FC2Blog Ranking

sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle韓流タウンsidetitle
韓流タウンさんで「第3期ベストブロガー」として紹介していただきました♪
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle