FC2ブログ

チュ・ジフン「ALL OF ME」より~ペットショップ編(GIF)

22c_20120611144718.jpg
22c_20120611144718.jpg22c_20120611144718.jpg


22c_20120611144718.jpg
22c_20120611144718.jpg22c_20120611144718.jpg


AMYさんからお借りしました。ありがとうございます~~

ネコが羨ましい~~~


1日1回、ポチっとしていただけたら嬉しいです。



スポンサーサイト



チュ・ジフン、『5本の指』出演を前向きに検討中…5年ぶりのドラマ復帰なるか?

内容は同じですが、日本版なのでアップしますね~~

22c_20120611144718.jpg

チュ・ジフンが、SBSの週末ドラマ『5本の指』(原題)でドラマ復帰を果たす見込みだ。

チュ・ジフンは、『紳士の品格』(原題)の後続作として放送予定のSBS週末特別企画ドラマ『5本の指』の主演オファーを受け、現在は前向きに検討している。

11日、放送関係者によると、最近編成を確定させた『5本の指』側が、チュ・ジフン側に出演を提案しチュ・ジフンもまたこれを前向きに受け入れた。出演を確定すれば、2007年の『魔王』以降5年ぶりのドラマ復帰となる。

『5本の指』は、『妻の誘惑』、『天使の誘惑』などを執筆した作家、キム・スノクの新作。2009年の麻薬投薬容疑で不拘束起訴された後、2010年に入隊、昨年11月に除隊したチュ・ジフンが‘視聴率製造機’とよばれるキム・スノク作家とタッグを組む見込みだ。KBS、MBCの出演禁止者名簿に名前が挙がっているチュ・ジフンとしては、地上波に復帰するにはSBSが最も適している。また、昨年出演を予定していたドラマの編成が遅れ復帰を延期せざるを得なかったチュ・ジフンであるため、今回の出演にはより多くの注目が集まっている。

一方、映画『私は王である』(原題)の主演で俳優業を再開させたチュ・ジフンは、今月中に撮影を終えドラマ撮影の準備に取り掛かることと見られる。『5本の指』は、8月頃の放送予定だ。

KSTAR NEWSより

チュ・ジフン「五本指」で地上波ドラマ復帰が有力に~KOARI版

22c_20120611144718.jpg

除隊後、映画「私は王である」で活動を再開したチュ・ジフンが今度はドラマに帰って来ることが期待されている。

11日、現在放送中のSBS週末ドラマ「紳士の風格」の後続として放送される予定の「五本指」の主人公候補にチュ・ジフンが挙がっていると、韓国の一部マスコミが報道した。

「五本指」は、「妻の誘惑」や「天使の誘惑」等を執筆したキム・スノク作家の新作で、全50話で企画されているドラマだ。

SBSのドラマ局関係者は「チュ・ジフンに出演オファーはしているが、明日の最終会議でキャスティングが確定する予定」と説明しており、チュ・ジフンの所属事務所関係者も「制作社側からオファーを受けた状態だ。しかし、まだ検討の段階で決定だとは言えない」と答えている。

チュ・ジフンは2009年に麻薬吸引容疑で懲役6ヶ月、執行猶予1年を宣告されていた。

コアリ

”明日の最終会議でキャスティングが確定する予定”だそうです~~

チュ・ジフン「キッチン」より~キャプチャー画像(22)&GIF追加

22c_20120611144718.jpg


あんにょ~ん

ドゥレの表情が、くるくる変わって可愛いです~~

2a130.jpg

2a131.jpg

2a132.jpg

2a133.jpg

2a134_20120611145113.jpg

2a135.jpg


ドゥレの”鎖骨”が・・・たまりません~~~

2a136.jpg

ライン9

AMYさんのGIFをお借りしました。いつもありがとうございます~~

22c_20120611144718.jpg
22c_20120611144718.jpg22c_20120611144718.jpg


22c_20120611144718.jpg
22c_20120611144718.jpg22c_20120611144718.jpg

ライン9

ドアノブにも、ドゥレを~~~

2a134a.jpg

ライン9


1日1回、ポチっとしていただけたら嬉しいです。



チュ・ジフン、'五指'出演提案"地上波復帰可能だろうか?"

22c_20120611144718.jpg

チュ・ジフンのテレビ劇場復帰の可能性に対する関心が集まっている。

チュ・ジフンは最近SBSドラマ‘五指’に出演提案を受けたと分かった。 ‘五指’はSBS '神社(紳士)の品格'後続で編成されたドラマで'妻の誘惑'を執筆したキム・スンオク作家の新作だ。

チュ・ジフンが‘五指’に最終キャスティングされたのかはまだ確定しなかった状態だ。 だが、チュ・ジフン側は“まだ確定したことではないが肯定的に検討している”と明らかにした。

もし出演が確定する場合、チュ・ジフンは2007年ドラマ‘魔王’以後5年ぶりにテレビ劇場にカムバックすることだ。 麻薬師範で地上波出演に制裁を受けたチュ・ジフンには朗報だ。

一方チュ・ジフンは去る2009年麻薬投薬疑惑で不拘束起訴された後2010年常勤予備役で入隊、2011年11月転役したことがある。

韓国日報より


ソン・スンホン「Dr.JIN」で演技力への疑問を吹き飛ばすか

22c_20120611144718.jpg

文字色2008年、MBCの演技大賞を受賞した俳優はソン・スンホンとキム・ミョンミンだった。実際に共同受賞自体でも論議が起きる状況だったが、これがネットユーザーの間でさらに大きい議論を呼び起こしたのは、ソン・スンホンと共に演技大賞を受賞した俳優が他でもないキム・ミョンミンだったためだ。

当時MBCドラマの中で最高の視聴率を記録したドラマ「エデンの東」の主人公として全力を尽くして演技したソン・スンホンだったが、「白い巨塔」に続き「ベートーベン・ウィルス」でも最高の演技を披露したキム・ミョンミンの単独受賞が適切だったのではないかという指摘があった。

ソン・スンホンとしては、このような反応に悔しいと思うかもしれない。本人がほしいと言って貰った賞ではないのだから。だが、当時にも指摘されたスター性に比べて足りない演技力への疑問は、彼が必ず解決しなければならない課題だった。そして4年以上経った今、彼は「Dr.JIN」で演技力を巡る論難をなくす機会を掴んだ。

変化した姿を見せている「Dr.JIN」のソン・スンホン

韓国で9日に放送された「Dr.JIN」では、現代から朝鮮時代にタイムスリップしたジンヒョク(ソン・スンホン)がコレラと死闘する姿が放送された。患者の命を救って喜んでいたが、すぐに自身がコレラにかかり、これを治療するためにヨンレ(パク・ミニョン)が両班(ヤンバン)家の体面を捨てながら全力を注ぐシーンが描かれた。

この過程でソン・スンホンは、コレラにかかって苦しむジンヒョクの姿を、白目までも見せる発作の演技でリアルに表現した。彼が出演した以前の作品ではなかなか見られなかった、従来の格好いいイメージを捨てた演技だった。

それだけでなく、利己的だった現代のジンヒョクが朝鮮時代にタイムスリップしてからは、皆を理解しながら医術を広げていく変化を見せている。主人公のソン・スンホンはより豊かな感情表現でその責任を果たし、常に持ち出された演技力への疑問に終止符を打つ機会を狙っている。

22c_20120611144718.jpg

だが、依然として乗り越える山は多い

明らかに色々な面で発展したソン・スンホンだが、まだ越えなければならない山がたくさん残っている。まず、ソン・スンホンと同等に出番の多いイ・ハウン役のイ・ボムスという山を越えなければならない。共演シーンが多いだけに、イ・ボムス特有のしらじらしいながらもカリスマ性のある演技に劣らないソン・スンホンだけの演技を見せなければならない。

もちろん、勝たなければならないという話ではない。演技は、疎通と調和が絶対的だ。ただイ・ボムスと俳優として共演する過程で、ソン・スンホンの存在感が薄れると「Dr.JIN」で一番輝くべきジンヒョクという存在が暗闇に迷ってしまうかもしれない。

また、ソン・スンホンは現代から朝鮮時代にタイムスリップした設定のおかげで、他の俳優とは違って時代劇特有のトーンで演技しなくて良いという有利な立場で演技をしている。普通現代ドラマだけに出演し、時代劇に初めて出演する役者は序盤に困難を経験するが、ソン・スンホンはそういった心配をしなく済む立場である。

にもかかわらず、下手な発声や滑らかではない台詞を見せたなら、鋭い視聴者たちの批判を免れないだろう。さらに、キム・ギョンタクを演じるJYJ ジェジュンは、初の時代劇出演にもかかわらず、少し固い感じはするが、自分の役を上手くこなしている。そのため、ソン・スンホンは演技にもっと集中する必要がある。ジェジュンの演技と比較される危険もあるためだ。

確かに前作に比べ向上した演技力でジンヒョクという人物の中に入り込んだソン・スンホン。身を捨てる演技も辞さない彼は、次第に変化する人物の心理をそれなりに上手く表現することで、演技力への疑問の声は目立たない。だが今はまだドラマの序盤だ。まだ進む道が長い中で残念な演技を見せるなら、大衆の反応はいつでも冷たく冷める可能性がある。これからはイケメン俳優ではなく、演技の上手い俳優ソン・スンホンに会いたいと思う。

Oh!my starより

チュ・ジフン、キム・スンオク作家'五指'主演嘱望

22c_20120611144718.jpg

俳優チュ・ジフンのテレビ劇場復帰が秒読みに入った。

チュ・ジフンは現在'神社(紳士)の品格'後続のSBS週末特別企画'五指'の主演で嘱望された。

'五指'とは'妻の誘惑' '天使の誘惑'などを執筆したキム・スンオク作家の新作で、総50部作で企画された。

11日SBSドラマ局高位関係者は"チュ・ジフン側に出演を提案した。 しかし明日最終会議を通じてキャスティング可否が確定するものと見られる"と話した。 チュ・ジフンの所属会社関係者は"製作会社側から出演提案を受けた状態だ。 だが、まだ検討段階で確定可否をいうことは難しい"と伝えた。

チュ・ジフン増えた去る2007年ドラマ'魔王'に出演した以後忠武路(チュンムロ)を中心に活動してきた。 昨年11月グンで除隊した彼は最近映画'私は王である'撮影を終わらせて8月封切りを控えている。

彼は2009年6月向精神性医薬品投薬疑惑で懲役6月に執行猶予1年を宣告されたことがある。

スポーツ朝鮮


「総50部作」だそうです。長いですね~~

SBS側"チュ・ジフン'五指'主演? 検討中"

22c_20120611144718.jpg

SBS新しいドラマ'五指(仮題)'側がチュ・ジフンが主演で有力だという一部媒体報道に対して"色々な候補中1人"と線を引いた。

SBSドラマ局関係者は11日午後OSENに"チュ・ジフンが'五指'出演を置いて製作スタッフと話中であることは事実"と伝えた。

引き続き関係者は"しかし確定した事項ではない"として"色々な候補の中の一つだけのことだ。 まだ調整する事項が多い"と付け加えた。

'五指'はドラマ'妻の誘惑','笑います、ママ'などを執筆したキム・スンオク作家とチェ・ヨンフンPDが共に呼吸を合わせた作品で来る8月'神社(紳士)の品格'後続で電波に乗る予定だ。

一方チュ・ジフンは去る2009年麻薬を投薬した疑惑で不拘束起訴された。 以後地上波KBS,MBC,SBS地上波3社の出資金紙処分を受けたことがある。 したがってもしチュ・ジフンが'五指'出演を確定作る場合、去る2007年KBS 2TVドラマ'魔王'以後5年ぶりのドラマ復帰となる。

一方チュ・ジフンは昨年11月軍除隊後映画'私は王である'に出演、来る8月封切りを控えている。

OSENより


”色々な候補の中の一つだけのことだ。 まだ調整する事項が多い"
ということなので・・・

じっと待つしかありません~~

チュ・ジフン側"'五指',出演制の受けたことは事実"

22c_20120611144718.jpg

俳優チュ・ジフンがSBS新しい週末ドラマ'五指'(脚本キム・スンオク)の出演提案を受けたと分かった。

11日午後ある媒体は"チュ・ジフンが'神社(紳士)の品格'後続作の'五指'の男主人公で嘱望された"と報道した。

これに対してチュ・ジフンの所属会社は11日午後ティブイデイルリに"'五指'の出演提案を受けたことは事実だがまだどんなものも決定されたことはない"と明らかにした。

'五指'はドラマ'妻の誘惑' '笑いますママ' '天使の誘惑'などを執筆したキム・スンオク作家の作品で、チュ・ジフンが今回の作品に出演する場合、去る2007年ドラマ'魔王'以後約5年ぶりの復帰だ。

特にチュ・ジフンは'五指'に出演する場合、2009年麻薬投薬疑惑で出資金指名団に上がっているKBSとMBCの出演の可能性も自然に開かれることになるものと見られる。

一方チュ・ジフンは来る8月封切り予定の映画'私は王である'(監督チャン・キュソン)でスクリーンに復帰する。

ティブイデイルリ

五指'側"チュ・ジフン キャスティング、確定ではないが肯定的検討中"

俳優チュ・ジフンのSBS新しい週末劇'五指'キャスティングと関連してSBS側関係者は肯定的に検討中だと明らかにした。

'五指'のある関係者は11日enewsとの電話通話で"チュ・ジフン氏で主人公が決まったことではないが肯定的に検討中"としながら"現在の放送局で解かなければならない問題があって見守っている状況"と説明した。

先立ってこの関係者が言及した通りチュ・ジフンがテレビ劇場に西暦(書記)まで解かなければならない宿題がある。 すぐに去る2009年麻薬投薬疑惑で不拘束起訴された後SBSをはじめとしてKBS MBCなど地上波3社の出資金指名団に上がったためだ。

これに対してこの関係者は"本人も色々活動をしながら反省の兆しを見せていてその間誠実な態度を見せた"として"作品も立派に消化する優れた俳優であるだけにご一緒する肯定的結果があったこと良いだろう"と明らかにした。

一方'五指'とは'妻の誘惑' '天使の誘惑'を執筆したキム・スンオク作家の新作だ。 SBS週末劇'神社(紳士)の品格'の後続で放映予定だ。

enews24より

チュ・ジフン、5年ぶりの地上波カムバック..キム・スンオク作家新作

22c_20120611144718.jpg

俳優チュ・ジフンがSBS週末ドラマ'五指'でカムバックする展望だ。

チュ・ジフンは'神社(紳士)の品格'後続で放送予定のSBS週末特別企画'五指'(脚本キム・スンオク)の男主人公出演提案を受けて肯定的に検討中だ。

11日放送関係者によれば最近編成を確定した'五指'側がチュ・ジフン側に出演を提案したしチュ・ジフンもまた、これを肯定的に受け入れた。 出演を確定するならば2007年'魔王'以後5年ぶりにドラマ カムバックを確定することになる。

'五指'とは'妻の誘惑','天使の誘惑'などを執筆したキム・スンオク作家の新作. 2009年麻薬投薬疑惑で不拘束起訴された以後2010年常勤予備役で入隊、昨年11月転役したチュ・ジフンが視聴率製造機キム・スンオク作家と手を握って空中波に入城することになるわけだ。

KBS,MBCの出資金指名団に上がっているチュ・ジフンとしてはSBSが空中波復帰のための最適の踏み台. 昨年'大風樹'出演を秤にかけて編成が後ろに押すだろうとしながら復帰を演技しなければならなかったチュ・ジフンなので今回の出演により一層関心が傾く。 このままならば自然にチュ・ジフンの他地上波出演の可能性も開かれることになるものと見られる。

一方映画'私は王である'主演で延期(煙、演技)復帰式を払ったチュ・ジフンは今月中撮影を終えてドラマ撮影準備に入るものと見られる。 '五指'は来る8月頃放送予定だ。

スターニュースより

まだまだ確定ではありませんので、静観したほうがよさそうですね。

[単独] SBS、麻薬チュ·ジフン "五本の指 '有力今度は銃を担ぐか?

22c_20120611144718.jpg

SBSが薬パワーで地上波出演規制を受けているタレントチュ·ジフンをドラマ主演で有力な候補に上げて帰趨が注目される。 民営放送社であるSBSがチュ·ジフンが出演するならKBSとMBCへの出演も自然に扉が解除されると観測される。

SBSがチュ·ジフンが主演で有力な候補にあげたドラマは "紳士の品格"の後続週末ドラマ "五本の指"(キム·スンオク脚本、チェ·ヨンフン演出)である。 チェ·シラの次期作でもある。

ある放送関係者は11日、TVレポートとの通話で、 "SBSは来る8月4日初放送される"五本​​指 "の人主演でチュ·ジフンを念頭に置いている。 当初ジチャンウクイ議論されたキャスティングが弱いという指摘に応じて、チュ·ジフンの新しいカードに押している "と話した。

この関係者は "神社の品格が視聴率15%まで出てきてはいるが期待を下回るのが事実だけに続編には特に気にしている"とし "チュ·ジフンが麻薬電力が十分に自粛したスター性を持って切り札として構想している"と背景を説明した。

チュ·ジフンが主演で確定す​​る可能性が高い中でも終盤の変数が作用することができるという憂慮の声も出ている。 SBSが、昨年末、 "デプンス"にチュ·ジフンを起用しようとしたが、社内上層部の反対に挫折した前例があるからだ。 当時SBS幹部は "どうして私たちSBSが水の負債は芸能人を最初に起用すべきか、なぜ我々は銃をメヤのか"とドラマ局のチュ·ジフンカードを反対して失敗に終わったことがある。

これと関連したチュ·ジフンの所属事務所キーイースト側は "SBSと"五本指 "の外注製作社芸能人文化から出演オファーを受けた、まだ具体的な確答を聞いたことはない"と述べた。 拡大解釈を警戒しながらSBSの決定を待っているニュアンスだった。

"五本指"は、ドラマ "妻の誘惑" "スマイルママ" "天使の誘惑"などを執筆したキム·スンオク作家と 'バラの戦争 ""産婦人科 "などを演出しチェ·ヨンフンPDが一緒に呼吸を合わせるドラマだ。

一方、チュ·ジフンは去る2009年4月エクスタシーとケタミンなどの向精神薬を投薬した疑いで非拘束起訴され懲役6ヶ月執行猶予1年、社会奉仕命令を言い渡された。 その後2010年2月の特戦司令部常勤予備役で入隊し、昨年11月除隊したし、最近撮影を終えた映画 "私は王でソイダ"の8月封切りを控えている。

TVREPORT


もし確定すれば・・・とても嬉しいですが~~~

> 拡大解釈を警戒しながらSBSの決定を待っているニュアンスだった。

ということなので・・・朗報を待ちたいですね~~

Super Juniorカンイン、ミュージカル『宮』主演報道に事務所側「検討中」

22c_20120611144718.jpg

Super Juniorのカンイン側が、ミュージカル『宮』の出演オフォーを受けたことを事実としながらも、まだ「検討中」との立場を明らかにした。

11日、あるメディアは4月に現役兵として除隊したカンインが、9月1日より東京のゆうぽうとホールで開催されるミュージカル『宮』に主人公としてキャスティングされたと報道した。

これに対し所属事務所のSMエンターテインメント側は、「ミュージカル『宮』の出演オファーを受けたことは事実。しかしまだ検討段階であって確定ではない」と明かした。続けて「カンインの復帰に関しては、まだ慎重な姿勢になっていることが事実」と明言を避けた。

ミュージカル『宮』は、韓国が立憲君主制という設定の下で巻き起こる出来ごとを描いた作品で、同名漫画を原作にしている。『宮』でカンインがオファーを受けた役柄は、皇太子イ・シン役。ドラマとして制作された『宮~Love in Palace』では、俳優のチュ・ジフンが演じた。

KSTAR NEWSより


まだ確定ではないようですが、もし決まったら・・・
ちょっとボリュームのあるシン君になりそうですね。

チュ・ジフン「アンティーク」メイキングDVD(日本版)より~GIF

21c_20120609234231.jpg
21c_20120609234231.jpg21c_20120609234231.jpg


21c_20120609234231.jpg
21c_20120609234231.jpg21c_20120609234231.jpg


AMYさんからお借りしました。ありがとうございます~~

ギボムとのこのシーンは、兄弟のようにジャレてましたね~~

チュ・ジフン「アンティーク」メイキングDVD(日本版)より~動画&GIF




21c_20120609234231.jpg
21c_20120609234231.jpg21c_20120609234231.jpg


21c_20120609234231.jpg
21c_20120609234231.jpg21c_20120609234231.jpg


AMYさんからお借りしました。ありがとうございます~~

ジニョクサンタも、お久しぶりですね~~


1日1回、ポチっとしていただけたら嬉しいです。



「私は王である」ソヒョンちゃんとジフニ~GIF(by AMY)

映画が完成したら、ジフニの次に・・・
ソヒョンちゃんに会えるのが、楽しみです~~

AMYさんからお借りしました、ありがとうございます~~

21c_20120609234231.jpg




パク・シフ&ムン・チェウォン『王女の男』プロモで訪日、点数は「100点!」

21c_20120609234231.jpg
21c_20120609234231.jpg

その他の写真は こちらから

9日、7月スタートの韓国ドラマ『王女の男』主演のパク・シフとムン・チェウォンを招き、『BSコンシェルジュ~韓国ドラマ「王女の男」特集~』の公開収録と記者会見がNHKみんなの広場ふれあいホールにて行われた。

 『王女の男』は朝鮮王朝の歴史に残る大事件「癸酉靖難(ケユジョンナン)」がモチーフ。時の王、端宗のおじである首陽大君が、政敵であり王が信頼するキム・ジョンソを暗殺し、クーデターが起こる。キム・スンユ(パク・シフ)はキム・ジョンソの息子で、スンユは首陽大君の娘であるセリョン(ムン・チェウォン)と互いの親の関係を知らずに恋におちる…という韓国版『ロミオとジュリエット』として、昨年韓国で大人気を博した時代劇ラブストーリーだ。

 公開収録には、8000通近くの応募の中から、幸運な100組200名の選ばれたファンが息をのむ中、白のジャケットでさわやかな貴公子を思わせるパク・シフと、ベージュの上品なミニのワンピースで上品なプリンセス感をただよわせたムン・チェウォンが登場。会場は歓声とともにため息がもれた。

 日本の印象を問われたパク・シフは、「日本に来るたびにいつも空港でファンの方々が大勢迎えてくださり元気をもらえる。韓国に帰ると日本を思い出して恋しくなる」と語った。そしてムン・チェウォンは「日本には、小学生のころに家族旅行で来た以来だが、親切でいい印象がある。皆さんが(ドラマに)たくさんの期待を寄せてくれているので幸せ」と笑顔をみせた。

 親同士が敵でありながらも恋に落ちてしまうという苦しくつらい役どころを演じた二人だが、パク・シフは「この役は、演技をしながら心が痛みとても辛かった。ムン・チェウォンさんとたくさん話し合いながら撮影をした」と振り返った。

 エピソードとして「4日間続けて撮影したときは本当に大変だった。寝ながらせりふを言っていたこともあった。でも、酔っている演技のシーンだったので、自然な感じでできたようだ」と会場を笑わせたパク・シフ。一方ムン・チェウォンは、「7~8月の撮影で、馬に乗るシーンを撮影したがとても暑くて汗まみれになってしまったこと」との裏話を明かした。

 また、公開収録には映画評論家のLiLiCoも登場。「パク・シフの流し眼がいい」などと『王女の男』を熱く語り、うれしそうながらも圧倒されぎみのパク・シフとムン・チェウォン。「再現」とパク・シフが照れながらもLiLiCoに視線を送ると、会場からは奇声も起こるといった場面も見られた。

 公開収録後の会見では、パク・シフは自身の演じたスンユについて「前半は、完ぺきな男で、後半はがらりと変わるという多彩なキャラクター」と説明、「自分は前半のスンユと似ているようだ」と語った。

 また、互いの印象をパク・シフは「若いころから知っており、妹のよう。6年ぶりに会ったが、親しくなるまでの時間がいらず、感情移入しやすかった」と明かした。ムン・チェウォンは「気楽に撮影できた」とし、「個人的に、パク・シフさんは時代劇に向いていると思う。息を合わせやすかった。感謝している」とお互いに親しさと信頼感を示した。そして、互いに点数を付けると何点か、との質問に共に「100点!」と語った。

 『王女の男』は7月8日よりNHK BSプレミアムで毎週日曜日午後9時から放送スタート。この日収録された『BSコンシェルジュ~韓国ドラマ「王女の男」特集~』は今月22日午後12時20分からNHK総合で、24日午後9時から特番『「王女の男」放送直前スペシャル』がBSプレミアムで放送される。

エンタメコリア

『王女の男』で来日パク・シフ&ムン・チェウォン特写

21c_20120609234231.jpg
21c_20120609234231.jpg
21c_20120609234231.jpg
21c_20120609234231.jpg
21c_20120609234231.jpg
21c_20120609234231.jpg


7月8日よりNHK BSプレミアムで毎週日曜日午後9時から放送スタートする『王女の男』で、悲しく切ない愛を繰り広げ大好評を博したベストカップル、パク・シフ&ムン・チェウォン。今回のグラビア撮影では、ドラマとはまた違ったオトナのセクシーでちょっぴり危険な雰囲気を醸し出し、また違った魅力を炸裂させた。 

 なお、『BSコンシェルジュ~韓国ドラマ「王女の男」特集~』は今月22日午後12時20分からNHK総合で、24日午後9時から特番『「王女の男」放送直前スペシャル』がBSプレミアムで放送される。

その他の写真は こちらから

エンタメコリア

「MBC演技大賞(2006.12.30)」出演のジフニとウネちゃん~画像

21c_20120609234231.jpg


21c_20120609234231.jpg


runningmoonさんからお借りしました。ありがとうございます~~

とってもいい感じですね~~

ドラマ『Dr.JIN』のキム・ジェジュン、カリスマの後の傷が「切ない」

21c_20120609234231.jpg

ドラマ『タイムスリップDr.JIN』で初めて時代劇に挑戦したキム・ジェジュンが、強靭なカリスマの後の痛みを表現して視聴者が切なさを感じている。

9日に放送された『Dr.JIN』は、あふれる勝負欲と華やかな武芸で武装して強靭に見えた捕盗庁の従事官キム・ギョンタクの隠された傷が露になり、視聴者の注目を浴びた。ギョンタクの美貌と華やかな武芸、そしてカリスマあふれる外面に秘められた傷だらけの内面は、女性視聴者に抱きしめくなるような印象を与えた。またひたすらヨンレだけを見つめていたひまわりのような愛は、大韓民国の女心を刺激した。

これに対して視聴者たちは「愛する女性のために貧民街に火を付けようとしたとき胸が痛かった」「ギョンタクの純愛に胸が痛い」「傷が多い男ギョンタクの愛に涙が出る。ギョンタクの愛、ファイティング」などの反応を示した。

イノライフ


キム・スヒョン、「君だけいればいい」愛を告白

21c_20120609234231.jpg

2012年最高の男キム・スヒョンが、ロマンチックな愛を告白して女性ファンの心を揺さぶった。

7日、オンラインに公開された映像でキム・スヒョンは、カメラを見つめて低い声で「すべて必要ない、僕たち2人だけいればいい」という告白と共に、シックな魅力を示した。また甘美な声と可愛い微笑で、「僕たちの間に何かが割り込むのは嫌だ」として熱い反応を得ている。今回の映像はまもなくオンエアされるサムスンのスマートプリンタTVのCMのティーザー広告で、キム・スヒョン特有の中低音のボイスと純粋な微笑が女心を刺激する。

ティーザー映像に接したファンたちは、「やはりキム・スヒョン、私が受けた告白の中で最高」「本編のTVCMのキム・スヒョンに期待する」「私への告白のようでとてもときめいた」など、熱い反応を見せている。サムスンのスマートプリンタは、最近キム・スヒョンをモデルに抜擢して広告の撮影を終え、ただちにTVのCMがオンエアされる予定だ。[写真=サムスン電子]

イノライフ

sidetitleプロフィールsidetitle

ぴあの

Author:ぴあの
★韓国俳優「チュ・ジフン」さんを応援しています★

チュ・ジフンさんの記事や画像を中心に、韓国ドラマ、映画、芸能ニュース等もアップしています。

*当ブログで使用している画像、動画等の著作権は、出処である各サイト・出版元にあります。
不適切なコメント及び悪質なコメントは、管理人の判断で削除させて頂きますのでご了承ください。

♥チュ・ジフン出演作品~放送中&放送予定(随時更新)

☆WOWWOW
映画「私は王である」
5/12(月)午後9:00~

☆KNTV
「メディカルトップチーム」
5月17日(土)からスタート!
毎週(土・日) 午後10:00~午後11:15
再放送毎週(月・火) 午後2:05~午後3:15

☆BS-TBS(吹替版)
「蒼のピアニスト」
毎週日曜日 午前10:00~10:54(放送中)

☆TBSチャンネル
「蒼のピアニスト」(完全版)
4月17日(木)からスタート!
毎週(月)-(金)午後5:50~午後8:10[2話ずつ]
※4/24(木)は午後7:00~午後8:10[1話]
※4/28(月),4/29(火),4/30(水)は休止

☆ホームドラマチャンネル
「宮 Love in Palace」
5月12日(月)スタート!
毎週(月)午後2時14:00~15:15

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ランキングに参加しています!1日1回ポチっとお願いします!(^-^)b

FC2Blog Ranking

sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle韓流タウンsidetitle
韓流タウンさんで「第3期ベストブロガー」として紹介していただきました♪
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle