FC2ブログ

「Dr.JIN」のジャンルは“恋愛・メディカル・近代歴史物?”

4_20120608185028.jpg

ソン・スンホンの役作りがドラマ成功のカギ
最近、テレビドラマで“タイムスリップ”が題材として扱われていることが多い。仁顕王后時代の士大夫が現代に来たり、朝鮮時代の皇太子が屋根裏部屋に迷い込んで来たりする。そして、このようなドラマがタイムスリップをする、究極の目的は“愛”であるようだ。

先月、最終回が放送されたドラマ「屋根裏部屋の皇太子」の視聴者たちが、結局は“別の時代の人間”という障壁を乗り越えられず消えるしかなかった皇太子を忘れずに涙を流しているように、もう私たちの時代では“真の愛”は時代を超えてこそ得られるものだと、タイムスリップを題材にしたドラマに訴えかけられているかのようだ。そして、このことに同意するかのように、もう一つの“タイムスリップ系ドラマ”が登場した。今回のドラマは、現代の医師が過去の時代に迷い込み、愛する女性と出会い、物語が始まる。

長期ストライキ中のMBCの週末ドラマ「Dr.JIN」は、村上もとかが10年間連載した漫画「JIN-仁-」を原作に制作された。最近、日本では同名ドラマがシーズン2まで放送され、日本の視聴者からも大きな反響を得た。そうして韓国バージョンとしてリメイクされた「Dr.JIN」だが、同ドラマが韓国で置かれている状況は厳しい。

「Dr.JIN」は、“タイムスリップ系ドラマ”だ。そして第1話で、現代を生きている医師ジンヒョクが、恋人が脳死状態に陥った状態で過去にタイムスリップすることとなる。ここでのタイムスリップは、このドラマへの視聴者の関心を引く最初のアプローチだと言える。しかし、視聴者たちは他のドラマを通じてすでにタイムスリップを味わった状態だ。

このような状況で「Dr.JIN」のタイムスリップは、ドラマのアプローチとなるよりは、陳腐な設定になりかねない。第1話の視聴率を見ると、それほど不評ではないとしても、視聴者にはこれと言って新鮮な設定として映らなかったようだ。現在、固定視聴者層を確保しているKBSが時代劇を放送していない状況ではあるが、日曜日の夜に放送される人気コメディ番組「ギャグコンサート」や、“視聴率の女王”あるいは“ラブコメディの勝者”と呼ばれる脚本家キム・ウンスクの「紳士の品格」がSBSで放送されるなど、「Dr.JIN」が置かれた状況は厳しいものだと言わざるを得ない。

4_20120608185028.jpg

すでに新鮮ではなくなったタイムスリップに代わる切り札が「Dr.JIN」にあるか

第三話では、たった一話のうちに主人公のジンヒョクが三人の命を救う。刑場の露と消える危機に瀕していたジンヒョクは、倒れた左議政(チャイジョン:高位の役職)の脳を開いて血腫を発見し、彼を救い、これとともに自身の命まで守る。また、水に落ちた妓生(キーセン:朝鮮時代の芸者)チュンホンを人工呼吸で命を救い、馬に蹴られて頭からの出血が止まらない人物も助けた。

このストーリーは、日本の原作ドラマでは数話に渡って描かれた内容だが、「Dr.JIN」ではたった一話の間に三人もの人物を助け、朝鮮時代に迷い込んだ医師ジンヒョクの冒険談に重きを置いている。ストーリーも適度にスキップし、“愛のためにタイムスリップしたドラマ”以上の可能性を見せている。

第一話の緊迫した救急室でのシーンと交通事故、そしてタイムスリップまで、緊迫した場面の連続にもかかわらず、それらが視聴者からの大きな関心を集められなかったように、原作、あるいは日本版の興味深いストーリーだけを羅列することで“題材の羅列”を克服できない可能性もいまだに残っている。だが、“新派劇”になった日本版の、貧しい母子のエピソードに父という存在を加え、貧困のために治療を拒否するしかない状況をもう少し劇的に描いたように、原作と日本版のストーリーをどれだけ韓国の歴史や情緒に合わせてドラマ化するのかが、韓国ドラマ「Dr.JIN」の成功のカギになると思われる。

4_20120608185028.jpg

放送前から話題になった韓流スター、ソン・スンホン、JYJ ジェジュンの出演や、“視聴率俳優”イ・ボムスまでが加わった、キャストの顔ぶれだけでも十分に見る価値はある。だが、まだ“セッティング中”という印象が強い序盤の「Dr.JIN」が、韓国で国民的ドラマとして愛されるためには、満たさなければならない条件がある。

現代で利己主義だったジンヒョクというキャラクターには、さらに深いアプローチが必要だ。日本版の主人公を演じた俳優、大沢たかおは、その存在だけで苦悩する医師の典型のように描かれた。今までは、イケメン俳優という認識が強かったソン・スンホンが、演技派俳優が演じたその役を跳び越えることができるかは、俳優自身の力量もそうだが、結局はドラマでジンヒョクの苦悩と葛藤を、どれだけ共感を呼ぶように描き出せるかにかかっているだろう。

また、日本版の「JIN-仁-」の坂本竜馬役を、韓国のイ・ハウンに置き換えたことは、優れたアイディアだった。内野聖陽の風変わりで愉快なイメージを越え、存在だけでも威圧感を与えられるイ・ハウンの活躍が、イ・ボムスを通じてまともに描かれるかが「Dr.JIN」の勝負所になるだろう。

それだけでなく、日本のドラマと違ったヒロインの設定と、新しく登場したキム・ギョンタクなどの人物の個性を生かしながらも、全体のテーマの中で散漫にならないように調整して行くこともまた「Dr.JIN」の課題である。

タイムスリップ、時空を超越したラブストーリー、メディカルストーリー、近代歴史物など、「Dr.JIN」が持ついくつかの要素の中で、果たしてどこに重点を置くのか。そこにトップスターたちを登場させ、いかに絶妙にバランスを取っていくのか。「Dr.JIN」の成否はその点にかかっていると言える。

Ohmy Starより


是非、字幕版が出たら観たいです。ホニに期待してます~~

スポンサーサイト



チュ・ジフン「宮」behind the scenes(マカオ編)~画像

runningmoonさんからお借りしました。
ありがとうございます~~


2a118a.jpg

2a118a.jpg

2a118a.jpg

2a118a.jpg

2a118a.jpg


1日1回、ポチっとしていただけたら嬉しいです。


チュ・ジフン"ファッションショー”03FW/04FW 김서룡 KIMSEORYONG ~画像&GIF

4_20120608185028.jpg
4_20120608185028.jpg4_20120608185028.jpg


4_20120608185028.jpg
4_20120608185028.jpg4_20120608185028.jpg


4_20120608185028.jpg
4_20120608185028.jpg4_20120608185028.jpg


4_20120608185028.jpg
4_20120608185028.jpg4_20120608185028.jpg


画像は http://blog.xuite.net/salinas/JJH/より

4_20120608185028.jpg

4_20120608185028.jpg

4_20120608185028.jpg

4_20120608185028.jpg

4_20120608185028.jpg


04FW KIMSEORYOG HOMMEより

4_20120608185028.jpg

4_20120608185028.jpg


AMYさんからお借りしました。
ありがとうございます~~

やはり、モデルジフニはカッコイイですね~~~

チュ・ジフン「私は王である」~GIF(by AMY)

AMYさんからお借りしました。ありがとうございます~~

トクチルが食事するシーン等、今まで見た事のない
ジフニの表情に、驚きました。
本当に、コメディなんですね~~


4_20120608185028.jpg


「宮」製作発表会のジフニ~画像

4_20120608185028.jpg


4_20120608185028.jpg


4_20120608185028.jpg


4_20120608185028.jpg


Ging7さんからお借りしました。
ありがとうございます~~

最後の写真は、見つめられているようで、いいですね。


1日1回、ポチっとしていただけたら嬉しいです。



JYJ ジュンス、ジェジュンを賞賛「『Dr.JIN』面白い!」

4_20120608185028.jpg

JYJのジュンスが、メンバーのジェジュンを賞賛した。

ジュンスは8日午後、自身のtwitterに「今『Dr.JIN』を全部見たけど、すごく面白い。ジェジュン格好良いな」という書き込みを掲載した。

それに対してネットユーザーは「私も応援する」「『Dr.JIN』にキム・ギョンタクがいなかったら大変」「ステージに上がった時のカリスマ性がドラマにも表れている」「JYJメンバー全てが最盛期」といった反応を見せた。

ジェジュンは捕盗庁(犯罪者を取り締まるための李氏朝鮮時代の官庁)の従事官であり、左議政キム・ビョンヒ(キム・ウンス)の庶子キム・ギョンタクを演じている。ギョンタクは抜群の武芸の実力と冷徹な判断力の持ち主だが、庶子(正式な婚姻関係にない両親から生まれた子供のうち、父親に認知された者)であることを理由に毎回父やヤンバン(両班)たちに毒舌を吐かれたりするなどの侮辱を受けている。

一方、ミュージカル「エリザベート」に出演したジュンスは4日、ソウル獎忠洞(チャンチュンドン)の国立劇場、ヘオルム劇場で開催された「第6回 The Musical Awards」で男優人気スター賞を受賞した。

OSENより

イ・ジュンギ ドラマ撮影現場見学ツアー募集開始!

4_20120608185028.jpg

人気俳優イ・ジュンギの除隊後初となる主演ドラマ「アラン使徒伝(仮)」。 この話題作の撮影現場を見学する公式ツアーが登場した。

 「アラン使徒伝(仮)」は、韓国で昔から語り継がれている民話をモチーフにした作品で、イ・ジュンギ演じる霊能者としての能力を持つ使徒・ウノと、記憶を失った霊・アランが織り成すドラマティックでミステリアスな冒険ファンタジー史劇となっている。

 ツアーは6月25日(月) ~ 6月27日(水)の3日間。最新ドラマの撮影現場に居合わせることができるという貴重な体験のみならず、イ・ジュンギとの記念写真撮影をはじめ、特典グッズとして 公式ドラマスタッフキャップ(帽子)や、その日の模様を収めた記念映像DVDがプレゼントされるなど、 公式ツアーならではの特典が用意されている。

【詳細情報】
■ツアー日程:6月25日(月) ~ 6月27日(水)
■撮影現場見学日:6月26日(火)
■出発空港:成田空港発、羽田空港発、セントレア発、関西発、岡山発、福岡発、新千歳発 ※その他、地方都市発着はお問い合わせ下さい。
■URL:http://www.joongi-splendor.jp/news/jg_news_120607.php

WoW!Korea


特典が、なかなか魅力的ですね。

ソ・ジソブ&ハン・ヒョジュ、映画『ただ君だけ』プロモで会見

4_20120608185028.jpg
4_20120608185028.jpg
4_20120608185028.jpg

7日、映画『ただ君だけ』に主演したソ・ジソブとハン・ヒョジュが映画のPRのために訪日、東京・ホテル西洋にて記者会見を行った。

 『ただ君だけ』は、男女の愛という普遍のテーマをチャールズ・チャップリンの名作『街の灯』をモチーフに、ボクサーでチャンピオンになった経験を持ちながらも暗い過去のために心を硬く閉ざしたチョルミン(ソ・ジソブ)と、事故により視力を失いつつもいつも明るくはつらつとしているジョンファ(ハン・ヒョジュ)の珠玉のラブストーリー。

 ソ・ジソブは、胸がときめいたシーンとして「二人が出会った駐車場のボックス」だと言い、ハン・ヒョジュは「川辺で石を探すシーンで、チョルミンが初めてジョンファの手を取るところ」と恋に落ちた瞬間を語った。

 撮影の苦労したシーンとして、ソ・ジソブは「ボクサーの役だったのでアクションシーンの準備は大変でしたが、それよりもチョルミンがジョンファを愛するという感情を維持するストレスが大変でした」と明かした。

 ハン・ヒョジュは「視覚障害者の役なので、その障害を表現することが荷が重かった部分です。それと彼に対して愛情が徐々に高まり、その感情を維持することが大変でした」と答えた。そして視覚障害者の役作りについて「表現に悩みました。ドラマやドキュメンタリーで勉強し、実際に視覚障害者の方に会い生活習慣を身近に感じました。しかし、撮影前は準備が足りないと思っていましたが、撮影中に表現に変化が現われたようです」と説明した。

 初共演となった二人だが、ソ・ジソブはハン・ヒョジュについて「テレビで見たときは、ハツラツと弾けたイメージでしたが、実際に共演したら、いつも俳優として悩んでいる姿に驚きました」との印象を語った。一方ハン・ヒョジュは、ソ・ジソブについて「先輩(ソ・ジソブ)は温かく余裕のある雰囲気の方だと思いました。撮影現場で私自身に欠けている部分を補い、私の気持ちを楽にしてくれる人です」と語った。

 また、チョルミンが「アジョシ(おじさん)」とジョンファから呼ばれていることについて、ソ・ジソブは「彼女は映画の撮影前・撮影中・撮影後も僕を『アジョシ』と呼んでました。先ほど『先輩』と言いましたが本当に久しぶりに呼ばれて(笑)…ニックネームみたいなものなので」と言い、最後に「実際、『アジョシ』と呼ばれることが多くなった」と付け加え笑わせた。

 映画のような恋愛についてソ・ジソブは「恋愛と言う単語は素晴らしい単語ですが『愛』というのは、犠牲が伴うと思いますが、その犠牲が力となり恋愛をうまくリードするといます」と所感。ハン・ヒョジュは、「実際にはありえないストーリー」としながらも「このような愛の形は憧れ、つらく難しい…。しかし、多くの女性なら一度は経験してみたい愛だと思います」と女性ならではの恋愛感を語った。

 『ただ君だけ』は、30日より丸の内ピカデリーほかにて全国ロードショーされる。

エンタメコリア



純粋なラブストーリーのようで、いいですね。
映画好きの友達も、「イチオシ~~」と言ってましたよ。

チュ・ジフン”CATWALK”~画像

4_20120608185028.jpg



4_20120608185028.jpg


runningmoonさんからお借りしました。
ありがとうございます~~

レアな写真ですね~~~

キム・スヒョン、仏韓流雑誌の表紙に

2a118a.jpg

俳優キム・スヒョンが、フランスの韓流マガジン「KPOP LIFE MAGAZINE」5-6月号の表紙を飾った。

 同誌はキム・スヒョンを表紙モデルに起用し、すでに韓国で大人気の「次世代韓流スター」と紹介同誌はK-POPをはじめ、映画やドラマ、ライフスタイルなど韓国エンターテインメントと文化を紹介する雑誌で、ヨーロッパ全域で配布されている。

 雑誌関係者は「K-POPアーティストが多数出演したドラマ『ドリームハイ』が人気を集め、キム・スヒョンに対する関心も高まっている。俳優にもかかわらず、人気アイドルグループに負けないぐらい注目されているので、ヨーロッパでも関心を持って見守っている」と伝えた。

エンタメコリア


フランスの韓流マガジンというのが、凄いですね~~

チュ・ジフン「キッチン」より~キャプチャー画像(20)&GIF追加

20c_20120608162700.jpg

あんにょ~ん

ドゥレのタンクトップ姿は、今の時期に合いますね。爽やか~~

でも、今日のドゥレは、横顔だけになってしまいました~~


ライン8

AMYさんのGIFをお借りしました。ありがとうございます~~


2a114.jpg
2a114.jpg2a114.jpg


2a114.jpg
2a114.jpg2a114.jpg


2a114.jpg
2a114.jpg2a114.jpg


ライン8


2a114.jpg

2a115.jpg

2a116.jpg

2a117.jpg

2a118.jpg

2a119.jpg

2a120.jpg


ライン8


2a118a.jpg


1日1回、ポチっとしていただけたら嬉しいです。




「私は王である」”K STAR NEWS”より~画像&GIF

あんにょ~ん

GIFはAMYさんから、画像はmonologueさんからお借りしました。
ありがとうございます~~


20c_20120608162700.jpg


20c_20120608162700.jpg


とても鮮明なキャプ画像ですね~~

20c_20120608162700.jpg

20c_20120608162700.jpg

20c_20120608162700.jpg

20c_20120608162700.jpg

20c_20120608162700.jpg

20c_20120608162700.jpg

20c_20120608162700.jpg

20c_20120608162700.jpg


1日1回、ポチっとしていただけたら嬉しいです。



「Dr.JIN」ソン・スンホン、撮影現場を盛り上げる“主役の器”

20c_20120608162700.jpg

MBC週末ドラマ「Dr.JIN」(脚本:ハン・ジフン、チョン・ヒョンジン、演出:ハン・ヒ)の主人公ソン・スンホンがムードメーカーとして、撮影現場に活気を吹き込んでいる。

「Dr.JIN」の制作会社であるイキムプロダクションは8日、撮影現場の写真を公開した。

ドラマ撮影現場の特性上、厳しいスケージュールのために俳優はもちろん、撮影スタッフまでいつも最高のコンディションで撮影に臨むことは決して容易ではないはず。にもかかわらず「Dr.JIN」の撮影現場にいつもエネルギーが溢れている秘訣は主役のソン・スンホンが大きな役割を果たしているからである。

愉快で優しい性格で有名なソン・スンホンは、忙しいスケジュールと急激に暑くなった気温で苦しむ俳優とスタッフを励ましながら、エネルギー溢れる現場雰囲気を作っている。親指を上げて笑っている写真からも分かるように、ソン・スンホンはドラマに対する特別な愛情を持って和気藹々とした現場作りに務めている。

「Dr.JIN」の撮影現場の担当者は「『ジンヒョク』を中心に繰り広げられるエピソードが多いため、俳優の中でもソン・スンホンが最も多い分量の撮影をこなしている。にもかかわらずソン・スンホンは食事や休みの時間など暇がある時には同僚俳優やスタッフに話しかけたり、応援したりするなどの優しさを見せ、現場の雰囲気作りで一番大きな役割をしている」と伝えた。

先週の第4話では、怪疾(コレラ)患者が溢れる活人署に一人で残り、奮闘していたジンヒョクが治療途中に発病を見せる内容が放送された。平和を取り戻しているかのように見えた活人署にもう1度起こる大混乱を予告し、今後の展開への好奇心と期待感を高めている。

「Dr.JIN」は韓国で、9日の午後9時50分に第5話が放送される。

TVREPORT


sidetitleプロフィールsidetitle

ぴあの

Author:ぴあの
★韓国俳優「チュ・ジフン」さんを応援しています★

チュ・ジフンさんの記事や画像を中心に、韓国ドラマ、映画、芸能ニュース等もアップしています。

*当ブログで使用している画像、動画等の著作権は、出処である各サイト・出版元にあります。
不適切なコメント及び悪質なコメントは、管理人の判断で削除させて頂きますのでご了承ください。

♥チュ・ジフン出演作品~放送中&放送予定(随時更新)

☆WOWWOW
映画「私は王である」
5/12(月)午後9:00~

☆KNTV
「メディカルトップチーム」
5月17日(土)からスタート!
毎週(土・日) 午後10:00~午後11:15
再放送毎週(月・火) 午後2:05~午後3:15

☆BS-TBS(吹替版)
「蒼のピアニスト」
毎週日曜日 午前10:00~10:54(放送中)

☆TBSチャンネル
「蒼のピアニスト」(完全版)
4月17日(木)からスタート!
毎週(月)-(金)午後5:50~午後8:10[2話ずつ]
※4/24(木)は午後7:00~午後8:10[1話]
※4/28(月),4/29(火),4/30(水)は休止

☆ホームドラマチャンネル
「宮 Love in Palace」
5月12日(月)スタート!
毎週(月)午後2時14:00~15:15

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ランキングに参加しています!1日1回ポチっとお願いします!(^-^)b

FC2Blog Ranking

sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle韓流タウンsidetitle
韓流タウンさんで「第3期ベストブロガー」として紹介していただきました♪
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle