FC2ブログ

チュ・ジフン"BON"(2008.4)広告バス~画像

18c_20120606155034.jpg


18c_20120606155034.jpg


18c_20120606155034.jpg


18c_20120606155034.jpg


18c_20120606155034.jpg


18c_20120606155034.jpg


runningmoonさんからお借りしました。
ありがとうございます~~

実際に走るところを、見たかったな~~


1日1回、ポチっとしていただけたら嬉しいです。



スポンサーサイト



チュ・ジフン、映画'私は王である'でコミック皇太子変身

4_20120608185028.jpg

チュ・ジフンが映画'私は王である'でコミック皇太子に変身した。

OBS '独特の演芸ニュース'は7日午後朝鮮版'王子と乞食'の映画'私は王である'チームとインタビューを進行した。

この日'私は王である'の主人公チュ・ジフンは"感慨無量だ。胸が手に余る。そうそうたる先輩らと共にして心配もなったがとてもよくしてそのままついて行っている"として所感を明らかにした。

今回の映画でチュ・ジフンは1人2役に挑戦、映画'王になった男'のイ・ビョンホンと自尊心対決を広げる。

チュ・ジフンはイ・ビョンホンとライバル構図に対して"ジャンルがとても違ってイ・ビョンホンとのライバル意識はない。コメディが初めてだと作品を作るのに注力した"と話した。

MBCドラマ'宮'で皇太子役を演技したチュ・ジフンは今回の映画で皇太子と奴婢など1人2役に変身する。奴婢に変身したチュ・ジフンは"ひとまず奴婢服であるから道端に横になってもとても気楽だった"として奴婢延期(煙、演技)に満足する姿を見せた。

また チュ・ジフンは予想観客数を尋ねた質問に"500万以上を願っています。(500だけが越えれば)映画に登場する服装そのままマロニエ公園を散策します"として異色公約を前に出した。

OBSプラス

(写真出処= OBS '独特の演芸ニュース'キャプチャー)


「コミック皇太子」・・・まさにぴったりですね。


「僕の妻のすべて」ミン・ギュドン監督“女性の抗うつ薬になってほしかった”

18c_20120606155034.jpg

コメディの裏にある熾烈さ…ミン・ギュドン監督が語る「僕の妻のすべて」

この映画は、オスたちが以前から出しておくべき反省文だと思っていた。そういう旨のレビューを書いてネットユーザーから叱咤されたこともある。「なぜ女子は女子で、男子はオス呼ばわりするのか」と責められた。むしろそのような反応に感謝した。韓国の健康なオスの方々の反応だったからだ。

映画「僕の妻のすべて」は転げまわるほどの面白さや、聞き流せないメッセージが盛り込まれていた。映画の完成度云々を言う前に、キャラクターたちの、身震いするほどの寂しさがひしひしと伝わった。

映画を演出したミン・ギュドン監督がぽんと投げた言葉もやはり「寂しい」だった。その言葉を聞いて「やっぱり」と思った。そう、寂しい人じゃないとこのような映画は作れないと思ったのだ。

今回のミン・ギュドン監督とのインタビューに、過剰な感情が見えたりするかもしれないが、前もって断っておきたい。寂しい者同士で映画話を口実に“怪しいおしゃべり”をした

「僕の妻のすべて」は実は2、30代の女性のための映画だった

18c_20120606155034.jpg

―まず、おめでとうございます。観客動員数200万人突破を予想しましたか?「建築学概論」より5日早い記録ですが、この際、更に欲が出そうな気もしますが。

「まったく予想できませんでした。投資会社が原稿を読んで投資すると言い出したとき、おかしいなと思ったりもしました……(笑) 最初は小さな映画を考えていました。もちろん、そう観せないためにロケもしたし、視覚的な部分にも気を配りましたが、大きな岩のような作品と言うよりは、ゴマをかけたような細やかな味と言いますか。顕微鏡で覗いた日常を表現するつもりだったので、観客動員数150万人を突破すれば良いと考えていましたが……」

―「オスの反省文」というレビューを書いて、ネットユーザーから叱咤されました。監督の意図もそのような次元ではなかったでしょうか?

「正しく理解されたと思いますか?(笑) 映画のセリフにもオスという言葉が出てきます。映画を制作するにあたって、理由やテーマがはっきりしているべきだと思います。2時間の間、現実を忘れさせるとか、感受性を充電させるとか、その短い時間の中で、観客との接点を探さなければなりません。
この映画を制作するときは2、30代の女性の“抗うつ薬”のような映画になれば良いと思っていました。僕も寂しがりやで憂鬱になりがちなほうです。生きながらだんだん魅力を失っていると感じるし、興味もなくしています。『僕の妻のすべて』は特に女性を寂しくさせる男性を表現するために努力したつもりです」

イ・ソンギュン、リュ・スンリョンそして、イム・スジョンの新しい面を引き出す

18c_20120606155034.jpg

―僕も常に寂しいです。この話は後にすることにして、今回の作品では既存の俳優をキャスティングしたにも関わらず、彼らがお互いに違う、新しい面を見せてくれたのが特徴だったと思います。どういう意図でしたか?

「映画の戦略でもありますが、この映画のストーリーは単純です。これでどうすれば緊張と感動を与えられるかを考えたところ、その答えは俳優の演技だと思いました。イム・スジョンさんは『あなたの初恋探します』(注:当時ミン・ギュドン監督は制作を担当した)のとき、隣で見てはいましたが、常に物足りない感じがしました。スジョンさんが持っているようで、まだ見せていない姿があると思っていたからです。

破る先入観が多くて、エネルギーになると思いました。映画の頭に露出が多いじゃないですか。10分以内にイム・スジョンがジョンインに見えるようにしないと、後の方で失敗するかもと思いました。『イム・スジョンが屁をこいて、小便もすると?』観客がこの部分で『はっ』と驚き、そのときのマイナスな印象を映画の後半で挽回する形を取りたかったです」

―リュ・スンリョンさんやイ・ソンギュンさんは、イム・スジョンさんとはまた別の戦略があったと思いますが。

「リュ・スンリョンさんは他の映画ですでに会ったことがあります。みんな彼を、強くてマッチョで暴力的なイメージの演技がうまい俳優だと思う傾向がありますが、僕はこの人にも、今まで観客が探せなかった姿があると思いました。実際会ってみると本人はとても面白く、女性らしく、繊細な面もあります。また女たらしのような雰囲気がありませんか?(笑) 典型的な浮気者ではないことで、さらにたくさんのものを引き出すことができると考えました。

『アンティーク~西洋骨董洋菓子店~』と『キッチン~3人のレシピ~』のときにチョン・ヘジンさんと一緒でした。イ・ソンギュンさんとチョン・ヘジンさんは夫婦じゃないですか。女優と暮らしていることをすごいと思いました。女優は普通の人とは違うアンテナを持つ人だと思います。彼女の夫として感じる色んな感情があるはずです。なので映画ではイ・ソンギュンらしい演技をして欲しかったです。イ・ソンギュンさんに、映画を現実に結び付ける役割をしてほしかったです。

3人の俳優を並べて見てみると、とても異質じゃないですか。映画ではそのような異質さが妙なバランスを生みました。彼らの呼吸が大変良く合ったんですが、これは運だったと思います」

18c_20120606155034.jpg

―イ・ソンギュンさんも言っていましたが、ソンギ(リュ・スンリョン)は、この世の人ではないように思えます。神と言いますか?ソンギに対する意図は何でしたか?

「天使だと思いました。西部劇に例えると、シェーンのような存在?問題が発生するとパッと現れ、問題を解決し、後ろ姿を見せながら、いつかまた帰って来ると言う存在!人間を深く理解している人物を描きたかったです。特に欧州型の女たらしを作りたかったです。そっちの話の中に、詩で女性を気絶させる男が出てくるじゃないですか。心を征服することが女性を征服すること!

またソンギは単純な征服欲の持ち主ではありません。ガールフレンドを失ったことがあるという人物設定にしました。インドネシアでガールフレンドが津波に巻き込まれる姿を見たという設定です。ソンギは泳げないので助けられず、その後は幸せな女性を傷つけながら自分の傷を癒すのです」

波の上でサーフィン中、ミン・ギュドン監督は選手だった

映画の話で夜を明かす勢いだった。ソンギの話だけでも、時間が過ぎるのに気づかず、ミン・ギュドン監督は話を続けていた。

なぜか映画の中の各キャラクターに、監督の内面が少しずつ分けて入れられたような感じがした。映画のソンギともっとも似ているような気がすると言ったら、「ソンギ?恐れ多い。僕はとにかく詫びるタイプ」だと、全力で否定していた。しかし地球の反対側で起きた戦争の話に涙ぐむというところでは、きっと彼は感受性の豊かな人だろうと思った。それだけ、他人に対しても理解が深いということだ。

ところが、監督の携わった作品たちと今回の作品を比べてみると、その違いが大きい。ミン・ギュドン監督自らも「自分の枠を全部なくして撮影した。未だ自分の映画でないような気がする」と語った。自分の枠を強調するよりは、俳優たちが存分に遊べる映画を考えたという。

18c_20120606155034.jpg

「俳優たちに新しいことを要求するとき、僕のスタイルに合わせようとするのは望ましくないと思いました。なので、俳優たちも演じながら首をかしげたり、僕を信頼できない様子を見せたりもしました。そのようなエネルギーがハーモニーをなして良い効果が出たと思います。コメディ映画ですが、その過程はコメディではありません。俳優たちも変身することに対して敏感でした。神経を尖らせていたと思います」

今までの、人と物事を真剣に探求する彼の気質が、今回の映画ではコメディ性と商業性が出会い、妙な化学反応を起こしたのではないだろうか。社会と政治問題に興味があると知られていたので、今回の映画のヒットを機に、本当に“ミン・ギュドン監督らしい”映画を観たいと期待することも事実だ。

「僕の映画の歴史は定まっていないですよね?(笑) 僕の意思ではなかったと思います。監督もまたスタッフと同様、雇用された人だと思います。ある監督はスリラーが上手いにも関わらず、コメディ映画の巨匠になりました。僕の映画が、僕の好みでない一部を含んでいますが、改めて観るとそれが自分の人生、自分の映画のような気がします。簡単に言うとアイデンティティーの定まらない監督といいますか。

ウディ・アレンのように、一つの物語を自由自在に変える監督がいれば、その反対の監督もいます。僕はホラー映画があまり好きじゃないですが、それでデビューし、普段あまり面白くないですが、コメディ映画を撮りました……(笑) 」

次の作品について尋ねると、昔から彼が精を尽くしているシナリオがいくつかあるらしい。それらは6本もあり、すべて韓国社会に根強く残る問題を取上げた内容だった。青少年犯罪の問題、日本従軍慰安婦の問題、開放直後の韓国の時代像など。

「ホロコースト(ドイツがユダヤ人などに対し組織的に行った大量虐殺)を取りあげた映画だけで20万本が作られたそうです。しかし韓国の歴史を取りあげた作品は何本あるでしょう?(作られないのが)おかしいのです。歴史的再現は意味がないと思いますし、本当に上手く作る必要があります。僕がすべき、喚起すべき部分を探しています。観る立場からは面白くなければいけないわけじゃないですか」

仁川(インチョン)で生まれ、慶尚南道(キョンサンナムド)浦項(ポハン)近くの田舎で幼少時代を過ごした後、大学はソウル、留学はパリと、波乱万丈の人生を送っているミン・ギュドン監督。自ら一つの場所に定着せず、色々な場所を転々とする運命だと話すミン・ギュドン監督は、自身を「大きな波に乗ってサーフィンする人」と例えた。期待してみてもよさそうだ。彼は熟練した選手だから。

OhStarより

ミン・ギュドン監督とジフニが、いつかまたタッグを組む日が
来るといいですね~~

『私の妻のすべて』熱風、いつまで続く?…5位→2位に順位逆転

4_20120608185028.jpg

イム・スジョン、イ・ソンギュン、リュ・スンリョン主演の映画『私の妻のすべて』が、冷めやらない熱気で劇場街を熱している。

8日午前、映画館入場券統合コンピューターネットワークによると、『私の妻のすべて』は7日に5万1千311人の観客を動員して、累積観客数312万5千675人を記録した。封切り後に連日1~2位を守っていた『私の妻のすべて』は、6日に封切られた『後宮:帝王の妾』『マダガスカル3』『プロメテウス』に押されて5位に落ちたが、翌日には2位に返り咲いて興行力を立証した。

ミン・ギュドン監督の新作『私の妻のすべて』は、小心な夫トゥヒョン(イ・ソンギュン)が隣に住む伝説のカサノバ、ソンギ(リュ・スンリョン)に、妻のチョンイン(イム・スジョン)を誘惑してほしいと依頼する決別プロジェクトを描いた。生き生きしたキャラクターと俳優たちの好演で好評を得ている。[写真=映画社チプ]

イノライフ


チュ・ジフン「私は王である」~GIF(by AMY)

20c_20120608162700.jpg


大サイズです~~
20c_20120608162700.jpg


20c_20120608162700.jpg


20c_20120608162700.jpg


小サイズ~~

20c_20120608162700.jpg

OBSより

AMYさんからお借りしました。ありがとうございます~~
特大のGIFは、ボリュームがありますね。

「私は王である」エキストラ募集~♪

AMYさんのblogから教えていただきました。
ありがとうございます~~


source from http://cafe.daum.net/extrabar/

撮影内容  火砲撃つ場面

撮影日時  2012年6月10日(日曜日)

撮影時間  翌1時集合

撮影場所  昌寧(チャンニョン)、火旺山(ファワンサン)ホ・ジュン セット場

撮影コンセプト 軍官、奴婢

募集内容  20代~40代男、女

募集人員  36人



火旺山で「火砲を撃つシーン」というと、ここでしょうか?
画像は、AMYさんからお借りしました。ありがとうございます~~

20c_20120608162700.jpg

チュ・ジフン「日本公式サイト」NEWS更新~♪

4_20120608185028.jpg


日本公式サイトのNEWSが、更新されていますよ~~

先日行われた「私は王である」の撮影現場公開の時の写真が、アップされています。


まだご覧になっていない方は、見に行ってくださいね~~~


公式サイトは こちら



1日1回、ポチっとしていただけたら嬉しいです。




「ラブレイン」側、盗作疑惑に“ユン・ソクホ監督が不快に思っている”と反論

18c_20120606155034.jpg

先日最終回を迎えたKBS 2TVドラマ「ラブレイン」の制作会社が映画「ラブストーリー」の制作会社が提起した著作権侵害訴訟に関して「ありえない話だ。監督歴30年のユン・ソクホ監督が非常に不快に思っている」と伝えた。

7日、「ラブレイン」の制作会社であるYOON'S COLORの関係者は、TVレポートとの電話取材で「対応方案と立場を整理している間に『ラブストーリー』の制作会社であるエッグフィルムが公論化させてしまったため、呆れている。他の意図があるのではないかと思われる。30年間ドラマを制作してきたユン・ソクホ監督が非常に不快に思っている」と話しながら「ラブストーリー」側の主張に反論した。

エッグフィルムはこの日「ラブストーリー」に対する「ラブレイン」の著作権侵害に関して、5月31日にソウル中央地裁に制作会社YOON'S COLOR及びKBS、KBSメディア株式会社を相手にドラマ放送禁止及び著作物処分禁止などに関する仮処分申請をしたと明らかにした。

YOON'S COLORの関係者は「盗作したと主張する部分を見れば、初恋も、誰かが好きになって深い感情を持つことになるのも、雨に濡れるのも盗作だ。ユン・ソクホ監督がかつて『冬のソナタ』や『秋の童話』で見せてくれた演出力がそのまま『ラブレイン』に収められており、子役の設定や過去の設定はいつも存在してきた」と話した。

続いて「基本的に親子の設定はあったが、親と子供の世代がつながるストーリーではない。現在と過去のキャラクターがつながる話でもなく、過去のシーンは20%に過ぎなかった。我々のドラマの主な内容は、2012年を生きるキャラクターのラブストーリーだ」と反論した。

また「ストーリーの筋を形成する過程で70年代の話を描いただけだ。エピソード自体もユン・ソクホ監督が持っていた70年代の感性をそのまま『ラブレイン』に表現したものなので、本人が一番不快に思っている」と伝えた。

また「『ラブレイン』の視聴率は低調だったが、海外版権を販売している立場としてこのような問題を確認しないわけがない。一般的で普遍的な部分とドラマの仕掛けが全体的に似ていると言うなら、この類の多くのドラマや映画は全て、ファン・スンウォンの小説『ソナギ(夕立)』や映画『馬鹿たちの行進』の盗作だと言えるのではないか」と指摘した。

一方、エッグフィルムの法務法人の関係者は「『ラブレイン』が『ラブストーリー』の具体的なストーリーや事件の展開、登場人物間の相互関係だけでなく、登場人物の内面を表現し事件を展開させるのに重要な役割をするシーンやエピソードを無断使用し、『ラブストーリー』の著作権を深刻に侵害していると判断した」と話した。

この関係者は「男女キャラクターの状況だけを変えた人物構造などは明白で深刻な著作権侵害だと判断した」とし、「5月16日に内容証明を送ってドラマ制作会社及び放送局に著作権侵害行為の中断を求めたが、合意できず、ソウル中央地裁に仮処分申請をすることになった。厳格に対応する」と強調した。

18c_20120606155034.jpg

TVREPORTより

ソ・ジソブ&ハン・ヒョジュ、映画「ただ君だけ」を日ファンにPR

18c_20120606155034.jpg

韓流スター、ソ・ジソブとハン・ヒョジュがそろって日本を訪問し、来る30日に公開される主演作「ただ君だけ」(監督:ソン・イルゴン)をPRした。

 7日午後、東京・ホテル西洋銀座で開かれた公式記者会見に参加したソ・ジソブは、ハン・ヒョジュについて「テレビではとても明るい印象を持っていたが、実際には演技に対して悩み、慎重に進めようとする女優だった」とし、ハン・ヒョジュはソ・ジソブについて「温かく、余裕のある雰囲気をもった先輩。わたしの至らない点を補ってくれて、気持ちを楽にしてくれた」とタッグを組んだ相手役について印象を明かした。

 ソ・ジソブはまた、劇中の愛称である“アジョシ(おじさん)”について、「撮影前から撮影中、そして撮影が終わった後も、ハン・ヒョジュがずっとアジョシと呼ぶ。それも一つもニックネームなので悪くはないかな」と語り、「実際にアジョシと呼ばれることが多くなった」と打ち明けた。

 2人の主演俳優はこの日の夜、東京・丸の内ピカデリーで開かれたジャパンプレミアイベントにも参加した。

 ファンの歓声の中、登場したソ・ジソブは「今、愛する人がいる方は、その人に最善をつくして接してほしい」とし、ハン・ヒョジュは「みなさんのたくさんの愛を分けてください」と伝えた。

 特に、ソ・ジソブは客席のあちこちでファンが「アジョシ」と呼ぶ中、少数から「オッパ(お兄さん)」と呼ばれると驚きながら、笑みを見せた。

 昨年、「第16回釜山国際映画祭」の開幕作として好評を得た話題作「ただ君だけ」は、暗い人生を生きてきた元ボクサー、チャン・チョルミン(ソ・ジソブ)と大学時代に交通事故に遭い、視力を失っていくテレフォンオペレーターのハ・ジョンファ(ハン・ヒョジュ)が偶然出会い、運命的な恋におちる物語だ。

WoW!Korea


チュ・ジフン「キッチン」より~キャプチャー画像(19)GIF追加☆

19c_20120607145442.jpg


あんにょ~ん

今日も、天才シェフのドゥレですよ~~

ライン9

AMYさんがGIFを作ってくださったので,お借りしました。
ありがとうございます~~


2a107.jpg
2a107.jpg2a107.jpg



2a107.jpg
2a107.jpg2a107.jpg


2a107.jpg
2a107.jpg2a107.jpg


ライン9

2a107.jpg

2a108.jpg

2a109.jpg

2a110.jpg

2a111.jpg

2a112.jpg

2a113.jpg


ライン9


2a111a_20120607171856.jpg


ライン9


1日1回、ポチっとしていただけたら嬉しいです。




私は王である」現場公開&記者会見~GIF(3)by AMY

AMYさんからお借りしました。ありがとうございます~~

OBSより~~

18c_20120606155034.jpg

18c_20120606155034.jpg

18c_20120606155034.jpg

18c_20120606155034.jpg

18c_20120606155034.jpg


K-STAR NEWSより~~

18c_20120606155034.jpg

弱気な皇太子・ヘンドンパ奴婢1人2役‘てきぱき’

“より大きく…つかつかと歩いてみて!”チャン・キュソン監督の指示にチュ・ジフンの歩幅が広くなった。 すらりとした背丈のおかげでさらに堂々としていた歩き方が遠くから見てもひと目で入ってくる。 “宮廷階段上がる時は袞竜袍前すそをフェク退けて…突出行動ならば。 後に従った臣下が慌てながらどうすればいいのか分からない姿が見える程…. 宮廷文に入ればいちはやく後戻りをしてあっちこっち掻き回すように飛び回るという話だ。 さあもう一度行こう。 シュート! アクション!”無線機を通じて内容を聴いたチュ・ジフンがチャン監督の演出意図を広々と分かったように首を縦に振るとみられると要求事項らを一気にチョック演技して出す。 チュ・ジフンの顔には自信と共に撮影に対する楽しみがぎっしり埋まる。

18c_20120606155034.jpg
チュ・ジフンがチャン・キュソン監督と共に撮影台本を覗いて見て延期(煙、演技)に対して相談している。

ソウル、慶熙宮(キョンヒグン)一帯では王になりたくなくて宮の外に出てきた跡継ぎチュンニョンと話よりからだが先んじるヘンドンパ奴婢トクチルのあきれた運命逆転を扱った史劇コメディ‘私は王である’の撮影が真っ最中だ。 跡継ぎチュンニョンが奴婢トクチルと身分がさかさまになりながら民衆の人生を一生懸命暮らしてみて後ほど世宗大王(セジョンデワン)に成長していく過程を愉快に描いた映画で、チュ・ジフンのグン除隊後初めての復帰作でありコメディ映画界ミダスの手チャン・キュソン監督が5年ぶりに出す新作だ。 チュ・ジフンは1人2役を引き受けてチュンニョンとトクチル皆を演技する。

去る6日遅い午後撮影場面は皇太子とそっくり似た奴婢トクチルがチュンニョンの行ない(振舞い)をしながら威風堂堂宮内あちこちを散策する大きな課題. 皇太子の威厳ある服を着たがたびたび奴婢の日常習慣を本能的に表わして遂行する無関係と尚宮、宦官、無修理らを当惑させるシニだ。

トクチルが足元宮廷底石隙間間雑草らをなにげなく選ぶとすぐに彼の正体を分からない臣下が仰天しながら駆け寄ってあちこち雑草を選ぶ光景だ。 カメラが徐々に近付いてチュ・ジフンの顔を捉える時突然チュ・ジフンが腰を下げて草を摘み始めるのが撮影核心ポイント.

18c_20120606155034.jpg
史劇コメディ‘私は王である’という奴婢と身分がさかさまになったチュンニョンデグンが民生を見回して後日星群世宗大王(セジョンデワン)に新たに出る過程を愉快に描く。

“内示らはやく(チュンニョンに)近付いて‘こうすればいやなります’とあわてて話しながら雑草を代わりに選ばなければならなくて。 後方無関係らもしばらく迷うようだが直ちに駆け寄って選んで。 無修理らも。 さあまた行きます。”

だが、すぐチャン監督の‘カット!’サインが落ちる。 多数が共にハプを合わせなければならない場面だと見るとそんなに簡単につけられない。

“とてもはやく入らなくてて。 少なくともトクチルが一つの草を完全にはがしたらしばらく時間置いて駆け寄って選ばなくちゃ。 さあもう一度行きます。”

その後にも撮影は2回ほどさらに反復された。 カメラが(チュ・ジフンの顔で)とてもはやく近付いたり現場を見守った観光客らの影が画面一方に入ってきたためだ。

撮影が切れた隙間には扮装と衣装スタッフが間違いなく現れてチュ・ジフンの顔扮装を直して身なりを整える。 初夏熱い天気に幾重にも整えて着た史劇衣装にもかかわらず、チュ・ジフンは始終一貫明るい表情で冗談を言って知らんぷり演技を披露した。

“まもなくあれば年落ちます。 はやく行きましょう。”

チャン監督の催促に次の場面を準備する現場スタッフの動作がせわしくなる。

歩みを移すチャン監督を追いついて演出意図を尋ねた。

“弱気で本だけ見た人物チュンニョンがどのように星群になろうかと思う気がかりなことから出発しましたよ。 コミックで劇を導くものの、今この時代にあんなリーダーが出てきたら良いという感じを与えたいです。 ピョン・ヒボン、パク・ヨンギュ、イム・ウォニなど貫ろくあって個性強い俳優が共に出演するから笑って楽しんで見る間このようなメッセージが気軽に伝えられることで信じます。”

‘私は王である’という今月中に撮影を終わらせて後半作業を経て来る8月封切りする予定だ。

世界日報


キム・ソナ主演ドラマ、視聴率競争で出遅れ

18c_20120606155034.jpg

韓国女優キム・ソナが主演するドラマ「I do I do」が、視聴率競争に出遅れいる。

 AGBニールセンメディアリサーチによると6日に放送された「I do I do」第3話は、全国視聴率9%を記録した。これは、5月31日に放送された第2話よりもよそ1%ダウンしており、第1話の10.5%から見ても少しずつ下降。2話連続の1ケタ台を記録してしまった。

 ラブコメの女王と呼ばれるキム・ソナが主演する作品であるだけに、視聴率競争でも期待されていたが、ライバル作品に押され良い結果を出せていない。同時間帯に放送されたKBS2「ガクシタル」は13.6%と好調で、その他SBS「幽霊」は11.4%と集計されている。

WoW!Korea


「ラブコメの女王」のキム・ソナさんも苦戦してますね。
すぐに視聴率のことを取り上げられるので、大変です。

イ・ミンギ、次回作もラブストーリー

18c_20120606155034.jpg

俳優イ・ミンギが『不気味な恋愛』に続き、再びラブストーリー映画に挑戦する。

 イ・ミンギは最近、映画『Only You』(イ・ヒョンジョン監督、ブルーストーム制作)への出演を決め、現在細かい調整を行っている。同映画は、空き巣犯と警察のすれ違う切ない愛を描く。

 『不気味な恋愛』ではホラー専門の魔術師役を演じ、ソン・イェジンとロマンスを展開したイ・ミンギ。『Only You』では、空き巣犯と新しい恋を始める警察官役を演じる。『Only You』は当初3月の制作を目標に準備していたが、最近ロッテ・エンターテインメントが投資を決めたことで、制作スピードがアップした。

 イ・ミンギと共演するヒロインは、近く確定する予定だ。

エンタメコリア


ミンギ君の記事をアップするのは、とても久しぶりかも~~
最近は、ドラマより映画出演が多くなっていますね。

「私は王である」現場公開&記者会見~GIF(2)by AMY

こちらも、AMYさんからお借りしました。
ありがとうございます~~

トクチルが、予想以上に”笑い”を取りそうですね。


18c_20120606155034.jpg


18c_20120606155034.jpg


18c_20120606155034.jpg


18c_20120606155034.jpg

「私は王である」現場公開&記者会見~GIF追加(by AMY)

AMYさんからお借りしました。
いつもありがとうございます~~

「OBS」より~~

18c_20120606155034.jpg

18c_20120606155034.jpg

18c_20120606155034.jpg


追加GIFです。AMYさん ありがとうございます~~

18c_20120606155034.jpg

18c_20120606155034.jpg

18c_20120606155034.jpg

18c_20120606155034.jpg


「K-STAR NEWS」より~~

18c_20120606155034.jpg

18c_20120606155034.jpg

18c_20120606155034.jpg

sidetitleプロフィールsidetitle

ぴあの

Author:ぴあの
★韓国俳優「チュ・ジフン」さんを応援しています★

チュ・ジフンさんの記事や画像を中心に、韓国ドラマ、映画、芸能ニュース等もアップしています。

*当ブログで使用している画像、動画等の著作権は、出処である各サイト・出版元にあります。
不適切なコメント及び悪質なコメントは、管理人の判断で削除させて頂きますのでご了承ください。

♥チュ・ジフン出演作品~放送中&放送予定(随時更新)

☆WOWWOW
映画「私は王である」
5/12(月)午後9:00~

☆KNTV
「メディカルトップチーム」
5月17日(土)からスタート!
毎週(土・日) 午後10:00~午後11:15
再放送毎週(月・火) 午後2:05~午後3:15

☆BS-TBS(吹替版)
「蒼のピアニスト」
毎週日曜日 午前10:00~10:54(放送中)

☆TBSチャンネル
「蒼のピアニスト」(完全版)
4月17日(木)からスタート!
毎週(月)-(金)午後5:50~午後8:10[2話ずつ]
※4/24(木)は午後7:00~午後8:10[1話]
※4/28(月),4/29(火),4/30(水)は休止

☆ホームドラマチャンネル
「宮 Love in Palace」
5月12日(月)スタート!
毎週(月)午後2時14:00~15:15

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ランキングに参加しています!1日1回ポチっとお願いします!(^-^)b

FC2Blog Ranking

sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle韓流タウンsidetitle
韓流タウンさんで「第3期ベストブロガー」として紹介していただきました♪
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle