FC2ブログ

チュ・ジフン「私は王である」撮影現場&記者会見~動画(STAR NEWS)

Gung7さんからお借りしました。
ありがとうございます~~





スポンサーサイト



キム・レウォン、チュ・ジフン、キム・ジソク、軍除隊俳優ら相次いでカムバック

記事8

国防の義務を終えて逞しい男になって帰ってきた俳優たちが、次々とスクリーンで除隊申告を行なう。

3日に映画の撮影現場を公開して復帰の所感を明らかにした『私は王である』のチュ・ジフンと、映画『スーパースター』でドラマ『千日の約束』に続きスクリーンにカムバックしたキム・レウォン、恐怖映画『二つの月』のキム・ジソクなど、「軍勤務を修了した俳優」たちのスクリーンカムバックが期待を集めている。除隊後に休息をとらずにスクリーンにカムバックし、演技への情熱を示している彼らは、史劇、ホラー、ヒューマンなど、それぞれ違うジャンルで個性ある演技を披露する予定だ。

まず3年ぶりにスクリーンに復帰するキム・レウォンが選択した映画『スーパースター』は、俗物根性にあふれた2流ミュージカル監督と、天性の歌の才能がある多文化家庭の少年が、意図とは違ってパートナーを組み、ミュージカルのオーディション番組に参加する過程を描いたヒューマンドラマだ。またキム・レウォンは心はブロードウェーだが、現実には無名なミュージカルの音楽監督で世間知らずのキャラクターに扮して、人間的な魅力を表現する予定だ。

チュ・ジフンも3年ぶりに映画『私は王である』でスクリーンに映し出される。映画『私は王である』は皇太子チュンニョンが奴婢トクチルと身分が入れ替わり、聖君世宗大王に成長していく過程を描いた作品だ。1人2役に挑戦したチュ・ジフンは、以前ブラウン管で見せたイメージとは違い、コミカルで小心な皇太子チュンニョンに扮して、新鮮な魅力を発揮するものと期待される。

映画『国家代表』のカン・チルグ役で観客に愛された俳優キム・ジソクは、映画『二つの月』で軍除隊後に初めてスクリーンに復帰すると同時に、初めて恐怖映画に挑戦した。劇中キム・ジソクは極限の恐怖に瀕しても、全員が助かると信じる大学生ソクホ役を演じ、軍生活の間は秘めていた演技の情熱を燃やした。「軍勤務を修了した男」たちのさらに成熟した演技力と情熱は、今年のスクリーンで順に確認することができる。

イノライフ

チュ・ジフン「私は王である」撮影現場~GIF(by AMY)

記事8

記事8

記事8


記事8
記事8記事8記事8


記事8

記事8


AMYさんからお借りしました。ありがとうございます~~


チュ・ジフン「キッチン」より~キャプチャー画像&GIF追加(16)

2a89a.jpg

画像をクリックすると、全体が表示されます~~

illust1926_thumb.gif

AMYさんが、GIFを作ってくださったのでお借りしました。
いつも本当にありがとうございます~~


2a86_20120603130837.jpg
2a86_20120603130837.jpg2a86_20120603130837.jpg


2a86_20120603130837.jpg2a86_20120603130837.jpg


2a86_20120603130837.jpg
2a86_20120603130837.jpg2a86_20120603130837.jpg


illust1926_thumb.gif


2a86_20120603130837.jpg

2a87a_20120603130949.jpg

2a87.jpg

2a90.jpg

2a88.jpg

2a89.jpg

2a93a.jpg


illust1926_thumb.gif

16c_20120603155552.jpg

illust1926_thumb.gif


今日も、残念ながらドゥレの正面写真がありませんでしたね~~


1日1回、ポチっとしていただけたら嬉しいです。




チュ・ジフン「私は王である」8月9日封切り予定!!

映画'私は王である',実力派コミック俳優らの帰還

記事5

忠武路(チュンムロ)を代表する演技派俳優ピョン・ヒボン、パク・ヨンギュ、イム・ウォニ、キム・スロ、ペク・ユンシクが'私は王である'のために一つになった。

世宗大王(セジョンデワン)役を担ったチュ・ジフンをはじめとしてピョン・ヒボン、パク・ヨンギュ、イム・ウォニは3日午後慶熙宮(キョンヒグン)で開かれた映画'私は王である' (監督チャン・キュソン)公開撮影現場に姿を見せた。

この日チャン・キュソン監督は多くの取材陣らが集まった懇談会で"ピョン・ヒボン、パク・ヨンギュ、イム・ウォニ全部とても貫ろくあって個性のある演技者の方だけで一緒にしたとのこと自体だけでもとても光栄とし"特にピョン・ヒボン、パク・ヨンギュなどは私が子供ぶんなのにも威厳を見せるよりは一シーンごとにとる時尊重して互いに話しながら監督がすることがないほどよくされた。 私はいわゆる生で食べた"と話して笑いをかもし出した。

映画'私は王である'という跡継ぎチュンニョンが奴婢トクチルと身分がさかさまになりながら星群世宗大王(セジョンデワン)に成長していく過程を描いた映画で3年ぶりに帰ってきたチュ・ジフンの復帰作で期待を集めている。 この映画でチュ・ジフンは劇中王になりたくなくて家出を敢行する心弱い跡継ぎチュンニョンと思ったよりからだが先んじるヘンドンパ奴婢トクチル1人2役に挑戦した。

また、劇中沖年の護衛武士黄色い犬とオットセイで分限キム・スロとイム・ウォニは完ぺきな呼吸が作り出した'ホ当たりコンビ アクション'の真髄をリリースして権力欲に燃える領議政シンイク役はピョン・ヒボンが引き受けてその間見せた穏やかな印象(引き上げ、人相)とは全く違うイメージをリリースする。パク・ヨンギュは 強力な君主太宗駅に多血質行動パラは風変わりな王の姿をプレゼントする。

ここに美貌はもちろん演技力まで整えた八方美人イ・ハヌィがトクチルの愛を受ける貴族お嬢さん愁然、ドラマ'年を抱いた月'に続き'屋根裏部屋皇太子'で年齢にふさわしくない演技力に目を引いたキム・ソヒョンがチュンニョンを星群世宗(セジョン)で変化させる奴婢ソルビで登場する。

チュ・ジフンをはじめとして名前だけ聞いても頭が自ずとうなずくようになる俳優らの総集合で'延期(煙、演技)終わり時王'に挑戦する'私は王である'という来る
8月9日封切り予定だ。

OBSプラスより



Jugalで紹介されていた記事です~~
封切り日が、初めて記載されましたね。

'民間人完ぺき適応完了!'チョ・インソン・チュ・ジフン復帰作は?

記事11

人気俳優が軍隊を行く時ごとに数多くの女性ファンは涙を流した。 数多くのファンたちの見送りを受けて短く切ったぎこちない頭で入隊したことが数日前のようだがいつのまにか多くのスターがりりしい予備役になって帰ってきた。

国を守って帰ってきたうれしい俳優らをまもなくスクリーンを通じて会える。 チュ・ジフン、キム・レウォン、チョ・インソン、キム・ジソクなどが観客に会う準備に真っ最中だ。

去年11月復帰したチュ・ジフンは映画'私は王である'(監督チャン・キュソン)撮影にまい進している。 彼は'私は王である'で跡継ぎチュンニョンと奴婢トクチルを全部演技する。 突然に跡継ぎに冊封されて宮で逃げるチュンニョン、お嬢さんを救いに宮に入ってきて跡継ぎと似ていた容貌のためににせ物チュンニョン役割をすることになったトクチルの話を通じて星群世宗大王(セジョンデワン)を再照明する予定だ。

映画関係者は"チュ・ジフンは撮影中足をケガしたのに次の日すぐに撮影に復帰するなどすごい情熱を見せている"と現場の雰囲気を伝えた。

来る8月封切り予定の'私は王である'というすでに全羅北道(チョルラブクト)、扶安郡(プアングン)と慶尚北道(キョンサンブクト)、聞慶(ムンギョン)のセットで地方(脂肪)撮影を大部分終えて詰めの撮影に熱を上げている。


去年8月除隊後ドラマ'天日の約束'でブラウン管を通じて先に復帰したキム・レウォンはスクリーン復帰作で'スーパースター'(監督キム・ソンフン)を選んだ。

'スーパースター'は出世を夢見る音楽監督ユ・イルハンが自身のパートナーになった混血少年'光栄'(多大な方)を通じて初心を訪ねて行く過程を描いた作品. キム・レウォンは音楽監督唯一の役を担った。

'天日の約束'で愛する女のためにあらゆる事を耐えるキャラクターを演技したキム・レウォンの出世欲に目が見えなくなった俗物延期(煙、演技)はどうなのか期待を集める。 今年の下半期封切り予定.

去る3月転役したキム・ジソクは'二つの月'(監督キム・ドンビン)でホラーキングに挑戦する。 '二つの月'は記憶をなくしたまま死亡者が目覚める家から目覚めることになった三人の男女のミステリーある話を扱った作品だ。

キム・ジソクは映画でわけも分からないままある家地下室から目覚めた大学生潟湖役を担った。 初めて恐怖映画に挑戦するキム・ジソクはドラマで見せてくれた正しいイメージから抜け出して極限の感情変化を見せる予定だ。

最近2,3年間興行成績が良くなかった恐怖映画ジャンルの限界を抜け出して'二つの月'が興行に成功するのか注目される。 来る7月封切り.

去年5月民間人になったチョ・インソンは映画'拳法'の製作を待っている。 映画'拳法'とは'ウェルカム トゥ トンマクゴル'を演出したパク・クァンヒョン監督がメガホンを取った作品. 未来都市を背景に、不正を見れば怪力ができる高校生拳法(チョ・インソンの方)の話を入れた。

チョ・インソンは映画'風邪'出演も固辞(考査、告辞、枯死)する程'拳法'に対する愛情を見せているが'拳法'はまだ製作が確定しなかった状態なので彼を待つファンたちを心を痛めている。

'拳法'に大きい関心を見せてきたCJ E&M側は"'拳法'はCJ内部的に欲を出している作品だと肯定的に検討している。 しかしシナリオから投資まで全般的にまだ確定されたことはない状態だ"と明らかにした。

除隊後しばらくや姿を見られなかったチョ・インソンの姿を堤防ぐらい劇場で会うことができるのか関心が集まる。

スターニュースより


>"チュ・ジフンは撮影中足をケガしたのに次の日すぐに撮影に復帰するなどすごい情熱を見せている"

え~~! 撮影中足をケガしたって~~
みなさんは、知ってましたか~~


帰ってきたチュ・ジフンのふてぶてしさ、ドクであろうか薬であろうか?

記事11

帰ってきたチュ・ジフン(30)はふてぶてしかった。 どんな質問に対する返事も詰まることがなかったし、躊躇しなかった。 去る2009年'キッチン'以後3年ぶりの復帰作. 麻薬波紋と入隊、除隊までそのように流れた3年間の歳月はチュ・ジフンを俳優として、人間としてもう少し成熟するようにしたようだ。

3日午後ソウル、慶熙宮(キョンヒグン)で開かれた映画'私は王である(監督チャン・キュソン)'撮影公開現場. あたかも真夏をほうふつさせる程の、30度を上回る太るような暑さで皇太子になったチュ・ジフンは服を色々なハチ着込んで同じ場面を繰り返してとった。 突然来た暑さと厚い衣装に反復される行動まで、疲れて苛立つこともだが、チュ・ジフンの顔では笑いが先に出てきた。

そして続いた記者懇談会席で断然焦点はチュ・ジフンだった。 記者たちのあふれる質問にチュ・ジフンは詰まることがなかった。 難解な質問を柔軟に移る大胆さも見えた。 この作品でチュンニョンと奴婢トクチル、1人2役で出演するチュ・ジフンは'鉱害、王になった男'とイ・ビョンホンと比較されるほかはない。 特にイ・ビョンホンはこの作品で俳優人生初めて史劇に挑戦する。 だが、チュ・ジフンは先輩との比較に意に介さないようだった。

彼は"かえってそのような心配はしない。 ジャンルが同じならば負担になるだろうが、作品のジャンルが完全に違って負担感は考えさえしなかった"として"他の1人2役が出てくるシナリオは見なくてどんなものが正しくなされたことか申し上げる訳には行かないが、今は誰かとの比較よりはこの作品で分量が相当多くて撮影する自体に熱中している"と話した。

記事11
チュ・ジフンは'私は王である'でチュンニョンと奴婢トクチル、1人2役を演技する。

最も大衆的なジャンルの青春メロー(MBC '宮')で一躍スターになったチュ・ジフンの以後歩みは違った。 映画'キッチン'と'西洋骨董(ゴルドン)洋菓子点(店)',KBS2 '魔王'などチュ・ジフンは自分が願うことが確実だったし、穏やかだが強い響きがある役割を受け持った。 開始は主演だったが、週・助演を分けないで演技した。

そして久しぶりに選択した作品が'私は王である'だ。 スクリーン復帰に皇太子と奴婢1人2役、撮影分量も相当する。 呼吸を合わせるピョン・ヒボン、パク・ヨンギュ、イム・ウォニなどはベテラン俳優らだ。 だが、チュ・ジフンは臆しなかったし、初めての史劇とコメディ ジャンル挑戦にもよどみなかった。

これと関連してチュ・ジフンは"かえって色々な先輩がおられて現場に適応しやすかった。 いつこの方らと共同作業してみるか"と話して"コメディ映画初めての挑戦だが面白味と感動が皆あるようでこの作品を選んだ"と所感を明らかにした。 共に位置したチャン・キュソン監督やはり"コメディをできなくなり得たが思ったより非常に良くしてくれている"として高く評価した。

事実チュ・ジフンは麻薬波紋で放送再開が容易ではないということがドラマ関係者たちの伝言だ。 シオッ ドラマ製作会社関係者は"チュ・ジフンをキャスティングしたくて放送会社側に問い合わせしたが、確答を聞くことができなかった"として"どうしても気兼ねするようだ。 だが、20代後半~30代初め男俳優の不在の中にチュ・ジフンはスキ間を攻略できる最適のカードかも知れない。 この映画が彼の演技人生の転換点になることができるだろう"と話した。

現在の映画界では30代初め男俳優らを見つけるのが難しい状況だ。 スクリーンとブラウン管を行き来して活動したカン・ドンウォンとヒョン・ビン、キム・ナムギルなどは兵役の義務を遂行中でキム・ジェウォンとイ・ジュンギ、キム・レウォン、イ・ドンウクなどはドラマ撮影にまい進している。 それで関係者たちはチュ・ジフンの登場を喜ぶ表情だ。 ティグッ映画ホン保社担当者は"容貌と演技力を整えて興行もある程度保障された30代初め男俳優が多くない"として"チュ・ジフンは先んじた作品で俳優の可能性が伺えた。 彼の復帰がいつの時よりうれしい"と明らかにした。


どんな理由でもチュ・ジフンは変わったし一層豊かになって大胆だった。 彼を眺める大衆の視線は温度車があるだろう。 3年という(のは)時間が作った'ニュー'チュ・ジフン. 果たしてドクであろうか薬であろうか。 結果は大衆の持分(役割)だ。

スポーツソウルより


なかなか、良い事を書いてくださっていますね~~

チュ・ジフン「私は王である」撮影現場&記者会見~オフショット写真

Jureamさんのブログからお借りしました。
ありがとうございます~~


7_20120604163218.jpg


撮影現場に到着した時の写真でしょうか?
思いっきり?私服みたいですよね。かっこいいけど・・・


7_20120604163218.jpg

チュ・ジフン「私は王である」撮影現場&記者会見~動画(mediaconan)





記事5

記事5記事5


動画とGIFは、AMYさんからお借りしました。
ありがとうございます~~

ジフニが門の扉を開けるシーンは、初めて観るかも・・・


1日1回、ポチっとしていただけたら嬉しいです。


チュ・ジフン「私は王である」撮影現場&記者会見~動画(MBC NEWS)

記事5


MBC NEWS ① は こちら

MBC NEWS ② は こちら

MBC NEWS ③ は こちら

MBC NEWS ④ は こちら

MBC NEWS ⑤ は こちら

MBC NEWS ⑥ は こちら


AMYさんから教えていただきました。
いつもありがとうございます~~


チュ・ジフン、時代劇初挑戦に対する心境語る

記事8

俳優チュ・ジフンが映画『私は王である』で、時代劇初挑戦に対する悩みを打ち明けた。

3日、ソウル新門路・慶熙宮で行われた映画『私は王である』の記者懇談会に参加したチュ・ジフンは、「時代劇特有の話し口調があるので、台本を読んだときは面白かったが、演じてみると、役のイメージが生かしきれていないようだった」とし「監督と悩んだ」と打ち明けた。コミカルな映画なだけに、時代劇の口調で面白いシーンを生かさなければならなかった。

チュ・ジフンは劇中で、瓜二つの顔をした2人の男性、忠寧(チュンニョン)大君とホームレスのトクチルの演技で、初の1人2役に挑戦した。彼は「トクチルが忠寧の服を着るシーンでは、スタイルが変わって大変だった」とし「ホームレスだが、衣装は品があるせいか、態度もそれに合うように変わった」と話した。また「撮影後半に差し掛かり、慣れてきた」と付け加えた。

しかし、チュ・ジフンの宮廷での衣装は、演じきるのに妨げになってはいない。彼は「現代劇の時は小奇麗な配役がほとんどで、ズボンのしわなどを心配した」とし「トクチルは実際の王ではないので、野原で自由な姿のシーンも多かった」と説明した。

この日、彼は「密かに露出シーンも多い」と話し、注目を集めた。彼の体型に対して期待が集まると「ホームレスにシックスパックがある方がおかしい」と話し、笑いを呼んだ。

イノライフ


「密かに露出シーンも多い」そうですよ・・・密かに期待しちゃいましょう~~

チュ・ジフン、映画『私は王である』記者懇談会に出席

記事11

チュ・ジフン、パク・ヨンギュ、イム・ウォニ、ピョン・ヒボンが3日午後、ソウル・鍾路区(チョンノグ)の慶熙宮(キョンヒグン)で行われた映画『私は王である』(原題)の記者懇談会に出席した。

KSTAR NEWより


チュ・ジフン、除隊後の復帰作『私は王である』

記事8

記事8

記事8

記事8

記事8

記事8

記事8

記事8

記事8

記事8

記事8

記事8

3日、ソウル鍾路区新門路一街・慶熙宮で、映画『私は王である』の現場公開と記者懇談会が行われた。チュ・ジフンは「普通、1人2役の作品は、一つの役に多くの比重を置くが、今回の映画は2つの役の分量は1:1だ」と話し始めた。

劇中で、忠寧(チョンニョン)大君とホームレス・トクチルを演じるチュ・ジフンは、1人2役だけでなく、コメディーも初挑戦である。彼は「コメディー専門のチャン・ギュソン監督とキャラクター作りに、力を入れた」とし「他の時代劇は僕らが想像できない『ロイヤルファミリー』を描いたとしたら、『私は王である』は完璧に正反対の姿を描いた」と説明した。また「威厳とかではなく、人間的な王を表現した」とし「すごく気楽に見れる映画」と付け加えた。

忠寧大君とホームレスのトクチルの2役を演じるチュ・ジフンは、「忠寧大君とホームレス・トクチルの両方のアクションはあまり多くないが、リアクションの多いキャラクターだ」とし「素晴らしい俳優らと共演するので、自然にリアクションが出て、楽だ」とも語った。

『私は王である』は王になりたくなくて宮廷を飛び出す王子、忠寧(チュンニョン)が、自分とそっくりなホームレス、トクチルになりすまし、市民の生活を送りながら成長していくストーリー。除隊後、3年ぶりに復帰する俳優チュ・ジフンの1人2役に挑戦することで話題となった。

チャン・ギュソン監督がメガホンをとり、8月に公開される予定だ。

イノライフより


イ・ビョンホンと演技対決チュ・ジフン「プレッシャーはない」

記事8

新作映画でイ・ビョンホンと同じく「1人2役」を演じる俳優チュ・ジフン。3日午後、慶熙宮(ソウル市鍾路区)で行われた映画『私は王です』(チャン・ギュソン監督)の撮影現場公開・記者懇談会で、イ・ビョンホンと比較されることへのプレッシャーについて語った。

 同映画で、チュ・ジフンは皇太子の忠寧と奴婢ドクチルの1人2役を演じる。イ・ビョンホンも、映画『クァンヘ、王になった男』でクァンヘ君とチョンミンの1人2役として出演。2人の演技対決が避けられなくなったというわけだ。

 チュ・ジフンは「もし、ジャンルが同じならプレッシャーを感じたかもしれないが、ジャンルが違うので、ほかの映画を気にするよりは、監督とキャラクターを作っていくことに神経を使った」と話した。

 続けて「『クァンヘ、王になった男』のシナリオを見ていないので、はっきりと申し上げられないが、普通1人2役はどちらか1役の比重が大きいケースが多い。でも、この映画は1対1。だから、余計なことを考えるひまなく、撮影している」と伝えた。

 『私は王です』は、奴婢ドクチル(チュ・ジフン)と身分が入れ替わった皇太子の忠寧(チュ・ジフン)が世宗大王に成長していく過程を描く作品。映画『ぼくらの落第先生』『里長と郡守』を演出したチャン・ギュソン監督がメガホンを取る。8月公開予定。

エンタメコリア



チュ・ジフン「私は王である」現場公開&記者会見~動画(KOARI)

チュ・ジフン「私は王だ」




チュ・ジフン「先輩達の前では可愛い末っ子」




3日、ソウル 慶熙宮にてチュ・ジフン主演の映画「私は王だ」の撮影現場が公開された。

現場公開では、皇太子とそっくりの容貌のせいで突然皇太子のふりをすることになった貧民ドクチル(チュ・ジフン)が臣下達を従えて宮殿を歩くシーンの撮影が行われた。

王になるのが嫌で宮殿を抜け出した王子(チュ・ジフン)が、自身とそっくりの貧民ドクチル(チュ・ジフン)になって一度も経験したことがなかった時間を過ごし徳と知恵を兼ね備えた軍王に成長する姿を描いた「私は王だ」は8月に公開される。

KOARIより


動画は、AMYさんがYouTubeにアップしてくださったので
お借りしました。ありがとうございました~~


【フォト】『私は王です』記者懇談会~エンタメコリア

3日午後、慶熙宮(ソウル市鍾路区)で、チュ・ジフン主演の映画『私は王です』(チャン・ギュソン監督)の撮影現場公開が行われた。写真は、記者懇談会でポーズを取っているイム・ウォニ、ピョン・ヒボン、チュ・ジフン、パク・ヨンギュ、チャン・ギュソン監督。

 同映画は、奴婢ドクチルと身分が入れ替わった皇太子の忠寧が世宗大王に成長していく過程を描く映画。8月公開予定。

記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8

【フォト】リハーサルに臨むチュ・ジフン=『私は王です』~エンタメコリア

3日午後、慶熙宮(ソウル市鍾路区)で、チュ・ジフン主演の映画『私は王です』(チャン・ギュソン監督)の撮影現場公開が行われた。写真は、リハーサルに臨んでいるチュ・ジフン。

 同映画は、奴婢ドクチルと身分が入れ替わった皇太子の忠寧が世宗大王に成長していく過程を描く映画。8月公開予定。


記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8
記事8

[映像]チュ・ジフン、軍除隊後3年ぶりに復帰作映画<私は王である>

Jugalで紹介されていた記事です~~

とても読みにくいですが、画像をクリックして読んでください。
ジフニのインタビューの内容が書いてありますよ~~





記事

記事1

記事2

記事3

記事4

記事7
記事7a

記事5

記事4a

記事4a1

記事4a2

記事8

記事6
記事4a3

記事10

記事9

記事11

記事12


チュ・ジフン「私は王である」撮影現場&記者会見より~GIF(3)-by AMY

16c_20120603155552.jpg16c_20120603155552.jpg

16c_20120603155552.jpg16c_20120603155552.jpg

16c_20120603155552.jpg16c_20120603155552.jpg

16c_20120603155552.jpg16c_20120603155552.jpg


16c_20120603155552.jpg
16c_20120603155552.jpg16c_20120603155552.jpg



16c_20120603155552.jpg16c_20120603155552.jpg



16c_20120603155552.jpg
16c_20120603155552.jpg16c_20120603155552.jpg



16c_20120603155552.jpg
16c_20120603155552.jpg16c_20120603155552.jpg



16c_20120603155552.jpg
16c_20120603155552.jpg16c_20120603155552.jpg


AMYさんからお借りしました。ありがとうございます~~

カッコよくて、ホレボレしますね~~


1日1回、ポチっとしていただけたら嬉しいです。



チュ・ジフン「私は王である」撮影現場&記者会見~写真

16c_20120603155552.jpg

16c_20120603155552.jpg

16c_20120603155552.jpg


SOURCE FROM http://cafe.naver.com/movie02/307471

AMYさんのblogからお借りしました。ありがとうございます~~

プロの写真とはまた違った臨場感がありますね。

映画「泥棒たち」、公開前にアジア8カ国に先行販売

16c_20120603155552.jpg

ことし7月に封切り予定の韓国映画「泥棒たち」が、公開を前にアジア8カ国に先行販売されたことがわかった。

 「泥棒たち」は、去る5月16日から27日まで開催された「第65回カンヌ映画祭」フィルムマーケットを通じて中国、香港、台湾などアジア8カ国に販売されたという。映画の海外配給を担当しているショーボックス・メディアフレックス関係者は「『泥棒たち』は、海外のバイヤーから高い関心を集めた」とし、「現在、日本やベトナムのバイヤーとも商談が進んでいる」と語った。日本、ベトナムとも合意に達した場合、事実上、アジア全地域に販売されることになるという。

 キム・ユンソク、キム・ヘス、イ・ジョンジェ、キム・スヒョン、チョン・ジヒョンらトップスターが大挙出演する同作品は、最終作業を経て、来る7月に韓国で封切られる予定だ。

WoW!Korea


スヒョン君の映画が、一足先に7月に公開ですね~~
日本での公開がいつ頃になるのか、こちらも気になります。

懇談会場に現れたチュ・ジフン~(イノライフ版)

16c_20120603155552.jpg

3日午後、ソウル鍾路区新門路1街にある慶熙宮で映画『私は王である』現場公開及び記者懇談会が開かれた。


チュ・ジフン「監督と話すのは楽しいです」

16c_20120603155552.jpg


チュ・ジフン「時代劇の衣装も似合うでしょ?」

16c_20120603155552.jpg


チュ・ジフン「時代劇でお目にかかります」

16c_20120603155552.jpg

イノライフより

チュ・ジフン「私は王である」撮影現場&記者会見~写真

画像を、クリックして見てくださいね~~

16c_20120603155552.jpg

16c_20120603155552.jpg

16c_20120603155552.jpg

16c_20120603155552.jpg

16c_20120603155552.jpg

16c_20120603155552.jpg

16c_20120603155552.jpg

16c_20120603155552.jpg

16c_20120603155552.jpg


AMYさんからお借りしました。ありがとうございます~~


チュ・ジフン「私は王である」撮影現場&記者会見より~GIF2-by AMY

AMYさんの”GIF第2弾”ですよ~~
動くジフニは、ますます素敵ですね。

AMYさん、ありがとうございました~~

16c_20120603155552.jpg


16c_20120603155552.jpg


16c_20120603155552.jpg


16c_20120603155552.jpg


チュ・ジフン「私は王である」撮影現場&記者会見より~GIF1(by AMY)

16c_20120603155552.jpg


16c_20120603155552.jpg


16c_20120603155552.jpg


16c_20120603155552.jpg


AMYさんからお借りしました。
素敵なGIFを、ありがとうございました~~

正式な画像や動画がアップされると、いよいよという感じがして
こちらまで、気持ちが引き締まる思いがします。
クランクアップまで、あと一息ですね・・・

sidetitleプロフィールsidetitle

ぴあの

Author:ぴあの
★韓国俳優「チュ・ジフン」さんを応援しています★

チュ・ジフンさんの記事や画像を中心に、韓国ドラマ、映画、芸能ニュース等もアップしています。

*当ブログで使用している画像、動画等の著作権は、出処である各サイト・出版元にあります。
不適切なコメント及び悪質なコメントは、管理人の判断で削除させて頂きますのでご了承ください。

♥チュ・ジフン出演作品~放送中&放送予定(随時更新)

☆WOWWOW
映画「私は王である」
5/12(月)午後9:00~

☆KNTV
「メディカルトップチーム」
5月17日(土)からスタート!
毎週(土・日) 午後10:00~午後11:15
再放送毎週(月・火) 午後2:05~午後3:15

☆BS-TBS(吹替版)
「蒼のピアニスト」
毎週日曜日 午前10:00~10:54(放送中)

☆TBSチャンネル
「蒼のピアニスト」(完全版)
4月17日(木)からスタート!
毎週(月)-(金)午後5:50~午後8:10[2話ずつ]
※4/24(木)は午後7:00~午後8:10[1話]
※4/28(月),4/29(火),4/30(水)は休止

☆ホームドラマチャンネル
「宮 Love in Palace」
5月12日(月)スタート!
毎週(月)午後2時14:00~15:15

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ランキングに参加しています!1日1回ポチっとお願いします!(^-^)b

FC2Blog Ranking

sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle韓流タウンsidetitle
韓流タウンさんで「第3期ベストブロガー」として紹介していただきました♪
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle