FC2ブログ

映画『ゴースト』の松嶋菜々子、舞台あいさつのために23日来韓

1a1aa_20101118103616.jpg

韓・米・日の合作映画『ゴーストもういちど抱きしめたい』で、ソン・スンホンの恋人役で出演した日本の映画俳優松嶋菜々子が23日韓国を訪問する。この映画を広報する映画社「森」によると、松嶋菜々子は22日夜から2泊3日のスケジュールで訪韓し、23日午後ソン・スンホンと共に記者懇談会とVIP試写会の舞台あいさつに参加する予定だ。

韓国人陶芸家ジュノと東京で成功したCEO七海のせつないラブストーリー『ゴースト もういちど抱きしめたい』は、13日から日本で305スクリーンで公開され約1億3,000万円(約17億ウォン)の興収をあげた。25日には韓国で公開される。

イノライフ



あんにょ~ん

やっぱり、松嶋菜々子さんも一緒のほうが
華やかさが増しますよね~~~


スポンサーサイト



シリコンスチーマー♪

    シリコンなべ


あんにょ~ん

実は昨日、TVで見かけた”シリコンスチーマー”が
とっても気になっていました~~

ちょうど先ほど、近所のスーパーで見つけたので
早速、購入してみましたが・・・

もう、使いこなされている方、いらっしゃいますか~~?

とても簡単そうなので、無精者の私にはちょうどいいかも・・・


2PMオク・テギョンと少女時代ジェシカが熱愛中?

2a4a_20101118171254.jpg

2PMのオク・テギョンと少女時代のジェシカの熱愛説がネット上で提起された。

最近、各種ポータルサイトには「オク・テギョンとジェシカが交際中」と題したコメントが相次いでいる。あるネットユーザーはコミュニティーサイトに「メガボックス(映画館)の職員の話によると、2人は深夜に映画を見に来たという。抱き寄せていたが、職員の目を気にしてすぐに離れたという」と、2人のデート現場の目撃談を載せた。

別のネットユーザーも「ジェシカは最近、日本から韓国に帰ってきた日の夜、またオク・テギョンと映画を見に行った。 職員の話によると、『バイオハザード4』を見たという」と書き込んだ。

このほか「5日のKBS(韓国放送公社)2番組『ハッピートゥゲザー』で、パク・ミソンが『2PMのメンバーとある女性グループのメンバーに映画館でよく会った』と話していた」「音楽放送に一緒に出演する時、オク・テギョンはジェシカのほうを何度も見ている」などのコメントがあった。

中央日報



あんにょ~ん

実は、このテギョン君を、「シンデレラのお姉さん」で
観ていて、注目していたのです。
まだまだ若い2人なので、そっとしてあげたいですね~~~

ユ・アイン、「ラブリーボーイ」の魅力に女心ドキドキ

     2a3_20101118165009.jpg

「桀驁わずらい」の主人公『トキメキ☆成均館(ソンギュングァン)スキャンダル』のユ・アインが、ラブリーな冬少年に変身した。

最近放送終了した『トキメキ☆成均館スキャンダル』でシックで荒っぽい魅力の桀驁ムン・ジェシン役でお茶の間の女心をとりこにしたユ・アインは、かわいい魅力の冬のグラビアを公開した。HAZZYSの冬のカタログでユ・アインは特有の憂いのあるまなざしで、より自由な感性を加えて感覚的でトレンディーなルックを完ぺきに着こなした。

秋のグラビアでキュートなダンディーガイに変身して好評を得たユ・アインは、韓服を脱いであたたかい感じが充満するラブリーガイに完ぺきに変身、「桀驁わずらい」におちいったファンたちに、もう一度ユ・アインブームを起こすものと思われる。撮影当時、現場にいたある関係者は「衣装コンセプトが楽なカジュアルルックだったので、始終一貫明るい雰囲気の中で愉快に進行された」とし「何よりユ・アインが撮影自体をとても楽しんだし、現場の雰囲気を自然に引き出した」と話した。

一方ユ・アインは、現在その間ドラマ撮影で後回しにされていたグラビアの撮影と共に多様な作品を置いて次期作の検討中だ。
[写真=HAZZYS]

イノライフ



あんにょ~ん

『トキメキ☆成均館スキャンダル』の放送も終了し・・・
ファンの方達は、抜け殻状態でしょうか?

アイン君の時期作が、期待されますね~~~


カン・ドンウォン、願い通り18日静かに入隊

      2a3_20101118163737.jpg

俳優カン・ドンウォンが18日午後1時頃、忠南・論山訓練所に入所した。

この日カン・ドンウォンは特別な公式的なインタビューなしで静かに入所した。彼は軍部隊側が提供した車両を利用して訓練所の裏口から入所したくらい秘密維持に気を使った。先立ってカン・ドンウォンの所属事務所の関係者は「カン・ドンウォンがいつ入所するのか日付を教えることはできない。本人が静かに入隊したいと希望している」と伝えて入所日と時間に対して口を閉ざして「秘密作戦」を繰り広げた。

入所式を終えたカン・ドンウォンは4週間の基礎軍事訓練を終えた後、公益勤務要員として軍部隊へ行く代わりに公的機関で働く。この日カン・ドンウォンと共に俳優コ・ジュウォンとV.O.Sのチェ・ヒョンジュンもやはり論山訓練所に一緒に入所、訓練所の同期となって目を引いた。

イノライフ



あんにょ~ん

そろそろかと思ってはいたのですが・・・
今日の午後に入隊したとは、びっくりです。

除隊後の活躍を、期待しています! ( ̄^ ̄ゞ ケイレイ!!


'生命の航海'俳優チュ・ジフン、ドリーミー米花輪2トン欠食児童助け合い

米花輪

[聯合ニュース報道資料]
ミュージカル'生命の航海'俳優チュ・ジフンがドリーミー愛の米2トンを欠食児童のために寄付した。ドリーミー米2トンはミュージカル'生命の航海'に出演した俳優チュ・ジフンの国内外4ヶ国ファンたちがチュ・ジフンのミュージカル公演を応援するために送ってきたのだ。

チュ・ジフンの国内外ファンたちは去る8月ソウル公演を始め10月まで全国7道市公演会場ごとにチュ・ジフン応援ドリーミー米オブジェ米花輪を送った。

俳優チュ・ジフンはファンたちが送ってきたドリーミー総2.34トン中前週公演会場に入ってきた380kgを完走のイエスリハビリ院に寄付したし残りは全部欠食児童と子供だけの家のために寄付した。ドリーミー愛の米はソウル、鷹岩洞(ウンアムドン)の宣徳院児童センターに540kg,全国地域児童センターに1,380kgが伝えられる。

国内外ファンたちの俳優応援米オブジェ サービスを担当してきたドリーミーは12月1日ソウル広場で開かれる救世軍慈善鍋終始式で全国の地域児童センターにチュ・ジフンの愛の米を伝達する予定だ。

ミュージカル'生命の航海'俳優チュ・ジフンを応援するドリーミー米オブジェを送ってきたペンドムはチュ・ジフンコンシクペンカペ'洗浄主(州,株)',ファンページ'チュ・ジフンは30代が守る','フニサラン*フニゲル',韓国、日本、台湾の'DCチュ・ジフンギャラリー',チュ・ジフン日本ファンサイト'with you',チュ・ジフン中国ファンクラブ'Baidu Jujihoon Club',チュ・ジフン日本ブログ'思いっきり!チュ・ジフン',チュ・ジフン日本ファンサイト'BLUE ROSE & HAPPEACE'などだ。

ドリーミー米オブジェ花輪を送ってきた日本のチュ・ジフン ファン(パン)は'私の俳優を応援しながら俳優とともに難しい子供たちを助けるために花輪の代わりに米花輪を送ったこと'と話した。

<写真説明>俳優チュ・ジフンの国内外ファンたちが送ってきたチュ・ジフン応援ドリーミー米オブジェ花輪


あんにょ~ん

2トンというたくさんの米花輪が、集まったんですね。
その中の1つに、思いっきり(有志)からの米花輪も・・・
少しでも、お役に立てて嬉しいです。
「宣徳院児童センター」は、Jugalが支援している施設ですね。


6.25 60周年記念ミュージカル生命の航海、何を記念しようと思うのか?

20100908_1283925507_0.jpg

ミュージカル生命の航海は現在の軍人で服務中である二つのスターイ・ジュンギ、チュ・ジフンを前面に出して国防部主観(主管)で製作されたミュージカルで、2010年8月、ソウルでの10日間の公演を盛況裡に終えて今は全国各都市を回って公演中だ。'6.25題60周年記念ミュージカル'というタイトルがついているこの作品は、6.25 60周年をむかえて挙国的に繰り広げられている色々な記念事業の中の一つで昨年からかなり長い間準備された代作(大作)でもある。

だが、企画意図がとりあえず人々がこの作品に対して見える関心の中心にはやはりチュ・ジフンとイ・ジュンギの出演がある。軍人身分としての服務の延長ではないならば色々な条件上同時に舞台に立つのが難しい2人の俳優が共に舞台に上がった。さらにイ・ジュンギの場合、ミュージカルはもちろん舞台劇自体が初めてだ。だからこの2人の俳優の一緒に出演はそれ自体で大きいイシューになったし、おかげでこの作品は別に広報に努めなくても言論の注目をあびて観客追求にも成功した。 私がこの作品に関心を持つことになってその関心が観覧につながったことやはりこういう理由であった。チュ・ジフンとイ・ジュンギを同じ舞台で見ることができるのは再びできない不思議な経験になりうるという話だ。 その他に特別な期待はなかった。明確な目的性を持って出発する軍ミュージカルであるから利益を得るというメッセージに重点を置いた場所であり、そのメッセージというものも見なくても推察可能な枠にはまったことだから期待を持つことがさらに変だっただろう。

ところで蓋を開けられて見ると作品のメッセージは私の予想をはずれた。その話をほどほどにしようとする。

事実作品自体だけおいてみればそんなに悪くはなかった。セットをはじめとする舞台の活用や特殊効果は'すごい'までは違っても誘ってみる価値はあったし、演奏を引き受けた軍楽隊も自分の分以上をしたし、舞台経験が全くない40人余りの軍人俳優らはどんなに入る熱心なのか彼らの熱演には結構心を打つ隈があった。しかし劇が終わった後劇場を立ち向かう内気持ちはまったくすっきりしなかった。

これはいったい何を記念するための作品か?

ミュージカル生命の航海は6.25当時咸鏡道(ハムギョンド)、興南(フンナム)で避難民1万4千人をのせて慶尚道(キョンサンド)、巨済(コジェ)まで移送した米国の貨物船'メロディスビクトリー'ホを素材にしている。 1950年戦争が始まったその年、序盤には押された国軍がマッカーサー将軍の仁川(インチョン)上陸作戦が成功して北朝鮮軍に占領されていたソウルを奪還する。 いわゆる9.28修復. その時点を契機によどみなく北進する国軍と連合軍. 中共では連合軍の北進が自国の安全を威嚇するので(に)傍観しないと警告したがクンは北進を止めなかったし、結局長津湖(チャンジンホ)で人海戦術の中国共産軍に会って大きな電力の損失をこうむることになる。長津湖(チャンジンホ)の国軍と連合軍は海上を通って撤収するために埠頭がある興南(フンナム)まで行かなければならなかったがその旅行日程が60km程だったという。 真冬、敗戦に近い状況での退却は色々な面で難しかったしその過程でも犠牲は続いた。 そのように興南(フンナム)に到着した。事態が急で差し迫られる以前には民間人も興南(フンナム)埠頭につきさえすればクンの輸送船を通じて避難を離れることができた。しかし長津湖(チャンジンホ)戦闘以後中国共産軍の攻勢が強くなって悪化した貸し切りの中では民間人の輸送まで進行するには無理があったし、結局避難民輸送は中断された。だが、興南(フンナム)に集まった避難民らは戦場に変わってしまった故郷を捨ててひたすら生き残るために命をかけて脱出を敢行した人々だ。彼らの切迫するということをただ見て渡すことはできない軍将校らは軍需物資輸送用ではあるが一応民間人船舶だと軍の指揮を受けないメロディスビクトリー号を訪ねて行って善処を訴えて、人道主義精神が身についた船長とそのような船長を信じて従う船員らの助けで万事川というものすごい数の人々が生命を得る。

20100908_1283925966_0.jpg

この実話に38度線北側で生まれて共に育って人生を分けてきた年川(イ・ジュンギ)とチョン・ミン(チュ・ジフン)という人物がフィクションで加えられる。二は日帝時代に北側で生まれて育って祖国の独立のために共に血を流してきた懇意な間だったが、解放以後南北が理念で分かれて二つの信念もそれぞれ違った方向で差を見せることになって、結局二は戦争のまん中で国軍と人民軍になって再会する。この時点で'恐らくこれらの理念的対立と葛藤が劇の大きい軸ではないか?'考えればそれは誤算だ。その話はそのまま少し出てくる。そしてこのミュージカルの実質的主人公は、出演比重で見るがメッセージで見るか、年川とチョン・ミンというよりはデービス(キム・ダヒョン)とラル船長(文宗院)だ。たとえデービスは1幕だけの、ラル船長は2幕だけの主人公だが話だ。

公演が始まって序曲が過ぎて劇の導入部になる現在2010年に少しの間会えば話は60年を遡って本格的に1950年12月長津湖(チャンジンホ)戦闘となる。そして見ることになる最初の話は中国共産軍との戦闘で命を失う米軍であり、続く1幕のあらすじは主人公年川が避難を出た家族らに劇的に会うが人民軍チョン・ミンによって生命を脅威を受けることになるが、その時デービスをはじめとする米軍らが彼らを救出して興南(フンナム)まで護衛するということだ。そして2幕では年講義家族を含んだ万事千人を越える避難民らが興南(フンナム)に集まって避難民輸送を中断するという軍発表に行く所ない身分になるが、メロディスビクトリー号の船長ラルと彼に従う船員らによって釜山(プサン)を経て巨済(コジェ)まで安全に後送されるという話が繰り広げられる。

20100908_1283926216_0.jpg

メロディスビクトリー号の話は十分に感動的だった。その上この作品のために作り出した話でもなくて実話とかその真正性に対して疑いの言い出すのも目茶だ。これは明らかに感動的な話であり劇的に良い素材だ。 認める。 それを否定しようというのではない。だが、今回の作品はそのまま軍ミュージカルでもなくて何と'6.25題60周年記念ミュージカル'だ。製作発表会で作品の製作を総括した軍責任者は'6.25を分からない今の青年世代には私たちが享受する自由が多くの人々の犠牲を土台にしたことを分かるようにして、6.25に参戦した勇士らには監査(感謝)と敬意を表わす憲政公演になるようにする'で明らかにしたことがある。それなら私たちはこの作品を通じて誰の犠牲に謝意を表して誰にこの公演を献呈するべきか?

国防部で製作されたミュージカルは生命の航海が初めてではない。去る2008年に、当時服務中である減らした強打とヤン・ドングンが出演するミュージカル マインが製作されたことがある。この作品は'建軍60周年記念ミュージカル'というタイトルで、軍人お父さんと新世代息子の葛藤と和解を描いた作品という。直接見られなかったが報道を通じて簡単に接したこのような作品の内容は'建軍60周年記念'とある程度合って入ると考えた。そして今年2010年、'6.25題60周年記念ミュージカル'という国防部の二番目ミュージカル生命の航海に会った。本当に6.25 60周年をこのように記念するつもりか?

6.25韓国動乱(朝鮮戦争)あるいは朝鮮戦争だと呼ばれるその残酷だった時間. 多くのことを失わなければならなかったが重要なより多いものを守ることができたので、記憶しなければならなくて感謝しなければならなくて仮にも繰り返さないように胸に刻んで生きなければならない。満3年以上をひも遠くて苛酷な戦争の中でミュージカルで作って記念するほどの話はいくらでもあったことと考える。 '6.25題60周年記念ミュージカル'というタイトルの作品の中で正しいが無力な国軍、理念を前面に出して痛恨の涙を流すが死ぬこともできない人民軍、人間の尊厳性などは本の中の句で存在する状況の中でも粘り強い生命力を誇示して生き残る韓国人、自由守護精神が透徹した犠牲的米軍、人道主義で武装した暖かい米国人を見ることがどうしてもちょっと不便なことはナだけか? でなければ、それが韓国戦争の実状だと、6.25戦争の全部と話すべきだろうか?そうだ,私とても幼い時に米国がなかったら私たちは皆死んだこととおっしゃった大人たちの話を聞いたのも同じだ。

写真=ミュージカル生命の航海ホームページ

メイ公演エディターfiesta4u@naver.com


あんにょ~ん

やはり、こういう意見も出るとは思っていました~~

興行成績:ソン・スンホン&松嶋主演『ゴースト』2位

1a1aa_20101118103616.jpg

ソン・スンホン&松嶋菜々子主演の韓日合作映画『ゴースト もういちど抱きしめたい』が、日本ボックスオフィス2位となり、歴代韓日合作映画の最高記録を打ち立てた。

 13日より公開が始まった同映画は、日本全国305スクリーンで上映。この週末、約1億3000万円の収益を上げた。これは2000年、イ・ジェヨン監督の『純愛譜』を皮切りに公開された韓日合作映画の中で、歴代ナンバー1のオープニング記録。韓流スター、ソン・スンホンの人気を改めて証明したというわけだ。ソン・スンホンパワーのおかげで、同映画はすでにタイ、シンガポール、香港などにも先行販売されている。

 日本での舞台あいさつで、ソン・スンホンは「初めは日本語が難しくて、出演しなきゃよかったと後悔もしたが、国籍や言葉の壁を超え、素晴らしい作品に参加する経験をした」と感想を語った。

 『ゴースト ニューヨークの幻』のリメーク版『ゴースト もういちど抱きしめたい』は、韓国では25日に公開される。

エンタメコリア



あんにょ~ん

スンホニの日本語のシーンは、かなり多いのでしょうか?
明日行くので、よ~く観てきますね~~~


『イタKiss』YOUTUBE特別版、全世界の女心をつかまえた

1a1aa_20101118100715.jpg

キム・ヒョンジュン&チョン・ソミン主演のドラマ『イタズラなKiss』のYOUTUBE特別版が、海外ファンたちに熱い人気を集めている。

『イタズラなKiss』のYOUTUBE特別版は、2日に初回「新婚の朝」を始め、16日の「誕生日おめでとう!」エピソードまで7編のエピソードと6編の「スンジョの日記」が番外編として公開されてアクセス数840万を記録した。

YOUTUBE特別版の最初のエピソードは、11月のYOUTUBE内エンターテイメント部門人気動画1位になり、4、5、6編のエピソードが今月第3週YOUTUBE内エンターテイメントの部分1、2、3位を各々記録して人気を継続している。

YOUTUBEの統計資料によれば現在『イタズラなKiss』YOUTUBE特別版チャネルは、韓国内のユーザーが最も多く視聴していて、シンガポールと香港、台湾、ベトナム、タイ、日本などがその後に従っている。また、エジプトとモーリシャス、トルコ、アラブ首長国連邦連合、サウジアラビアなどのアフリカと中東地域でも特別版を視聴していることが確認された。

ソン・ビョンジュン・グループエイト代表は「韓国映像コンテンツの海外販路拡張の可能性をもう一度確認した」とし「今回のYOUTUBE特別版の人気が海外11カ国に輸出された『イタズラなKiss』の本放送に対する全世界的な関心と人気を高めるのにもとても肯定的な影響を及ぼすと期待する」と話した。

イノライフ



あんにょ~ん

実は、YOUTUBEに、特別版チャンネルがあるのを知りませんでした。
字幕も付いているので、とても観やすそうです~~


詳細は こちらで


イ・ジュンギ・ブームなど演芸病死(兵士)らケーブルTVで会う

あんにょ~ん

昨日紹介した記事より、詳しい内容が載っていますよ~~


1

▲韓国ケーブルTV放送協会は17日ソウル、西大門区(ソデムング)、忠正路(チュンジョンノ)協会大会議室で国防広報院と人気演芸病死(兵士)らの放送プログラムを共同活用することにするなど業務協約を結んだ。キル・ジョンソプ韓国ケーブルTV放送協会長(前列左側三回目)とキム・ジョンチャン国防広報院長(二番目),イ・ジュンギ、イ・ドンゴンなど演芸病死(兵士)および両機関関係者たちが協約式で記念写真を撮っている。

イ・ジュンギ、ブームなど人気演芸病死(兵士)らの姿をケーブルTVで見ることができることになった。

韓国ケーブルTV放送協会は17日ソウル、西大門区(ソデムング)、忠正路(チュンジョンノ)協会大会議室で国防広報院と業務協約を結んだ。両側は▲‘デジタルケーブルTVショー’等各種マーケティング行事参加▲国軍放送プログラム広報支援▲放送プログラム共同企画および製作で力を集めることにした。

国防広報院は協会およびケーブルTV放送会社(SO)らが主催する行事に現役演芸病死(兵士)らの出演を支援する予定だ。SOらは国防広報院の‘国軍放送TV’人気放送プログラムらを加入者らに無料注文型ビデオ(VOD)サービスで提供する計画だ。

現在の国防広報院にはイ・ジュンギ、アンディ、キム・ジェウォン、イ・ドンウク、ブーム、キム・ジョンフン、タイナミクテュオなどが服務している。この日協約式にはイ・ドンゴンとイ・ジュンギが共に参加した。

キム・ジョンチャン国防広報院長は“ケーブルTVとともに国軍TVも大きく成長することができた”として“今回の協約でケーブルTVと交流協力を大きい枠組みに拡大していくだろう”と話した。

キル・ジョンソプ協会長は“国防広報院きてSOが互いに力を合わせればケーブルTV産業発展に大きい助けになるだろう”とうなずく返事をした。

ファイナンシャルニュース.



sidetitleプロフィールsidetitle

ぴあの

Author:ぴあの
★韓国俳優「チュ・ジフン」さんを応援しています★

チュ・ジフンさんの記事や画像を中心に、韓国ドラマ、映画、芸能ニュース等もアップしています。

*当ブログで使用している画像、動画等の著作権は、出処である各サイト・出版元にあります。
不適切なコメント及び悪質なコメントは、管理人の判断で削除させて頂きますのでご了承ください。

♥チュ・ジフン出演作品~放送中&放送予定(随時更新)

☆WOWWOW
映画「私は王である」
5/12(月)午後9:00~

☆KNTV
「メディカルトップチーム」
5月17日(土)からスタート!
毎週(土・日) 午後10:00~午後11:15
再放送毎週(月・火) 午後2:05~午後3:15

☆BS-TBS(吹替版)
「蒼のピアニスト」
毎週日曜日 午前10:00~10:54(放送中)

☆TBSチャンネル
「蒼のピアニスト」(完全版)
4月17日(木)からスタート!
毎週(月)-(金)午後5:50~午後8:10[2話ずつ]
※4/24(木)は午後7:00~午後8:10[1話]
※4/28(月),4/29(火),4/30(水)は休止

☆ホームドラマチャンネル
「宮 Love in Palace」
5月12日(月)スタート!
毎週(月)午後2時14:00~15:15

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ランキングに参加しています!1日1回ポチっとお願いします!(^-^)b

FC2Blog Ranking

sidetitleカレンダーsidetitle
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle韓流タウンsidetitle
韓流タウンさんで「第3期ベストブロガー」として紹介していただきました♪
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle