スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガイン近況捕捉、チュ・ジフンの代わりにファントム三男と優しいポーズ

b8d.jpg

ガインがチュ・ジフンと熱愛説以後近況を公開した。

グループ ファントム(キーゲン、サンチェス、一年)とガイン(ブラウンアイドガールズ)が‘今日に限って’で呼吸を合わせる。 去る5月13日ファントム所属会社公式SNSを通じて‘5/19 release、ファントム-今日に限って(feat.ガイン)’という文と共にファントムとガインが録音室で一緒に撮影した写真一枚が公開された。

ガインは“フィーチャリングのオファーが入ってきた曲のうち、‘今日に限って’が一番良かった。 そしてこの歌に私の声が似合って必要そうで参加することになった”としながら‘今日に限って’に対する愛憎を見せた。

また、録音現場で‘今日に限って孤独で変に孤独で’歌詞のように“最大限孤独に呼んでくれといった要請に周辺スタッフがすべて男なので孤独でなかったけれど最大限の感情を入れて孤独に呼んだ”として冗談を言った。

ガインが共にしたファントムの新曲‘今日に限って’というガインの感受性幼い声とファントムぶりの感性コードがよく入れられた曲であり19日に発売されるファントムの初めての正規アルバム‘PHANTOM POWER’のタイトル曲だ。

ブラウンアイドガールズのガインが参加した‘今日に限って’を含んで合計11トラックがのせられたファントムの正規アルバム‘PHANTOM POWER’は来る19日正午オンライン前音源サイトを通じて公開される予定だ。(写真=WAエンターテインメント提供)

ニュースエン


スポンサーサイト

クォン・サンウ、“親友ソン・スンホンを応援”

b8d.jpg

12日の午後、ソウル市三成洞(サムソンドン)のCOEX内メガボックスで、映画『人間中毒』のVIP試写会が開かれた。

イノライフ


サンウさんは、スンホンさんと親しいですよね。


<百想芸術大賞>キム・スヒョン-パク・シネ、人気賞優投票で優位

b8d.jpg

百想芸術大賞人気賞投票の締め切りを約2週後に控え、激戦となっている。

第50回百想芸術大賞テレビ・映画部門の人気賞投票が行われている中、依然としてテレビ部門の1位を占うことが難しい状況だ。現在、テレビ部門の男性人気賞首位は『星から来たあなた』のキム・スヒョンだ。しかし、午後2時30分の時点では『スリーデイズ』のパク・ユチョンと0.3%の差しかなく、分単位で1・2位は上下を繰り返している。3位は『応答せよ1994』のチョヌで、『メディカル・トップチーム』のミンホと『神の贈り物-14日』のバロがその後ろを追っている。

女性部門はパク・シネが優位を占めた。得票率48%で44.5%のユナを僅差で先んじている。ほんの何日前まで順位の入れ替えがあった1位も僅かな差でパク・シネが1位を維持しているところだ。その後を『星から来たあなた』のチョン・ジヒョン、『応答せよ1994』のAra(アラ)、『最高だ イ・スンシン』のIU(アイユー)が続いている。

映画部門は“絶対独走体制”だ。男性人気賞は『隠密に偉大に』のキム・スヒョンが過半数以上の得票数で1位を記録中。2位は『怪しい彼女』に出演したB1A4(ビーワンエーフォー)のジニョンだ。3位は『友へ チング2』のキム・ウビン、4位は『隠密に偉大に』のイ・ヒョヌ、5位は『俳優は俳優だ』に出演したMBLAQ(エムブラック)イ・ジュンだ。

女性部門は少女時代のユリが圧倒的だ。昨年のスクリーンデビュー作『No Breathing』で人気賞候補になり、75%を越える得票率で独走中だ。2位は『血沸く青春』のパク・ボヨン、3位は『怪しい彼女』のシム・ウンギョンだ。

第50回百想芸術大賞は5月27日、慶煕(キョンヒ)大学校平和の殿堂で幕を上げる。韓国の日刊スポーツが主催し、中央日報文化事業が主管する。中央日報が後援し、JTBCで生放送される。部門別候補者リストは公式ホームページ(http://isplus.live.joins.com/100sang)で確認できる。

中央日報


ミンホ君の名前も挙がっていますよ~~


ペ・ヨンジュン、6月結婚報道を否定“交際中だが、結婚は未定”

b8d.jpg

ペ・ヨンジュン側が日本のメディアの結婚報道を再度否定した。

先月22日、女性週刊誌「女性自身」はペ・ヨンジュンが4月中旬に所属事務所の後輩であるSS501のリーダーキム・ヒョンジュンと済州島(チェジュド)旅行に行ってきたとし、その時恋人のク・ソヒさんも同行したと報じた。また、これはク・ソヒさんとの婚前旅行だったと報じ、6月に結婚式を挙げる可能性を伝えた。

これと関連し、ペ・ヨンジュンの所属事務所であるキーイーストは9日、OSENに「ペ・ヨンジュンがその時期にドラマ『感激時代』が終わった記念としてキム・ヒョンジュンと一緒に済州島旅行に行ったことは間違いない。しかし、ク・ソヒさんが同行したことは事実無根だ。ペ・ヨンジュンとキム・ヒョンジュン、そして少数のスタッフが同行した旅行だっただけだ」と明らかにした。

また「6月の結婚も事実無根だ。現在交際していることは事実だが、結婚については未定だ。温かく見守って頂ければと思う」と付け加えた。

ペ・ヨンジュンは昨年12月、日刊スポーツの報道でLS産電ク・ジャギュン副会長の次女であるク・ソヒさんとの熱愛が報じられた。当時、ペ・ヨンジュン側は慎重に交際を始めた事実を認めた。それから1月に「女性自身」が4月の結婚を報じたが、ペ・ヨンジュン側はこれを否定した。

OSEN


ユン・ウネ&シム・ウンジン、元Baby V.O.Xの2人が再会“微笑ましい”

005c.jpg
写真=演劇「僕の妻のすべて」Twitter

ガールズグループBaby V.O.Xの元メンバーであるユン・ウネとシム・ウンジンが、仲睦まじいツーショットを公開し、変わらぬ友情を見せつけた。

6日、演劇「僕の妻のすべて」公式Twitterには「今日、プレビュー公演を見に来たユン・ウネさんとヒロインのシム・ウンジンさん」という書き込みと共に二人のツーショット写真が掲載された。

ユン・ウネは今月6日に公演が始まったシム・ウンジン出演の演劇「僕の妻のすべて」を観覧し、応援した。二人は明るく微笑み、仲良くカメラを見つめている。

演劇「僕の妻のすべて」は、2012年に公開され、生き生きとしたキャラクターと斬新な素材で観客動員数460万人を突破した同名映画を原作にした作品だ。シム・ウンジン、リュ・ヒョンギョン、キム・ドヒョン、キム・ジェボム、チョン・ビョンウク、チョ・フィなどが出演する。

ユン・ウネとシム・ウンジンはかつて、ガールズグループBaby V.O.Xのメンバーとして一緒に活動していた。

TVREPORT


sidetitleプロフィールsidetitle

ぴあの

Author:ぴあの
★韓国俳優「チュ・ジフン」さんを応援しています★

チュ・ジフンさんの記事や画像を中心に、韓国ドラマ、映画、芸能ニュース等もアップしています。

*当ブログで使用している画像、動画等の著作権は、出処である各サイト・出版元にあります。
不適切なコメント及び悪質なコメントは、管理人の判断で削除させて頂きますのでご了承ください。

♥チュ・ジフン出演作品~放送中&放送予定(随時更新)

☆WOWWOW
映画「私は王である」
5/12(月)午後9:00~

☆KNTV
「メディカルトップチーム」
5月17日(土)からスタート!
毎週(土・日) 午後10:00~午後11:15
再放送毎週(月・火) 午後2:05~午後3:15

☆BS-TBS(吹替版)
「蒼のピアニスト」
毎週日曜日 午前10:00~10:54(放送中)

☆TBSチャンネル
「蒼のピアニスト」(完全版)
4月17日(木)からスタート!
毎週(月)-(金)午後5:50~午後8:10[2話ずつ]
※4/24(木)は午後7:00~午後8:10[1話]
※4/28(月),4/29(火),4/30(水)は休止

☆ホームドラマチャンネル
「宮 Love in Palace」
5月12日(月)スタート!
毎週(月)午後2時14:00~15:15

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ランキングに参加しています!1日1回ポチっとお願いします!(^-^)b

FC2Blog Ranking

sidetitleカレンダーsidetitle
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle韓流タウンsidetitle
韓流タウンさんで「第3期ベストブロガー」として紹介していただきました♪
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。