スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「人間中毒」公開初日に興行成績1位を記録…「標的」を抑えた

b8d.jpg

映画「人間中毒」が公開初日「標的」を抑え、興行成績1位を記録した。

15日、映画振興委員会の映画館入場券統合ネットワークの集計結果によると、「人間中毒」は14日1日間で8万9081人の観客を動員し、累計観客数9万3760人で興行成績1位となった。

「人間中毒」はベトナム戦争が終戦に向かっていた1969年、厳格な位階秩序と上下関係が存在する軍官舎の中で起こる、男女の秘密めいた衝撃的なラブストーリーを描いた19禁ロマンス映画だ。映画館入場券統合ネットワークのリアルタイム予約率によると、「人間中毒」は13日午前8時基準、18%の予約占有率で1位となり、観客たちの熱い関心を証明している。

「人間中毒」に続き、「標的」が14日1日間で5万943人の観客を動員し、累計観客数221万9824人で2位、「トランセンデンス」が公開初日4万7910人の観客を動員し、累計観客数4万9346人で3位を獲得した。

OSEN


スポンサーサイト

ソン・スンホン「人間中毒」で得た一番の成果は?“大きな荷物を下ろした気持ち”

b8d.jpg
写真=「MAX MOVIE」5月号

19禁ロマンス映画「人間中毒」(監督:キム・デウ、制作:アイアンパッケージ)のソン・スンホンが純愛を披露する男の魅力と男らしさをアピールしたグラビアを公開した。

今回のグラビアでソン・スンホンは、「人間中毒」で一人の女性に至純な愛を捧げる男キム・チンピョンの切ない眼差しと共に恋に対する悩みが感じられる強烈なカリスマ性をそのまま表現した。また、映画の舞台となる1969年を連想させるようなモノクロ写真で構成され、クラシカルな品格も感じることができる。

これまで新人イム・ジヨン、キム・デウ監督と一緒に撮影したグラビアを通じて、強力な相性を見せてきたソン・スンホン。今回のグラビアではソン・スンホンという一人の人間により着目しており、これまで見ることができなかった素直な魅力をアピールし、人々の関心を集めている。

グラビア撮影と共に行われたインタビューで、ソン・スンホンは「ジンピョン役を演じてみて、今後の役者人生において何か大きな荷物を下ろしたような気持ちだ。今回の作品を通じて自信がついたのが一番大きな資産だと思う」と作品に対する自信を示した。

「人間中毒」はベトナム戦争が終盤に差し掛かっていた1968年、厳しい位階秩序と上下関係で結ばれた軍官舎の中で繰り広げられる男女の秘密に包まれた衝撃的なラブストーリーを描いた映画だ。ソン・スンホン、イム・ジヨン、チョ・ヨジョン、オン・ジュワン、ユ・ヘジン、オム・テグ、チョン・ウォンジュン、チョン・ヘジン、キム・ヘナなどが出演し、「春香秘伝 The Servant 房子伝」「恋の罠-淫乱書生-」の演出を手がけたキム・デウ監督がメガホンを取った。韓国で5月15日に公開される。

b8d.jpg
写真=「MAX MOVIE」5月号

TVREPORT


15日の公開まで、あと少しですね。


ソン・スンホン、初のベッドシーンを語る

005c.jpg

005c.jpg

 俳優ソン・スンホンが7日、往十里CGV(ソウル市城東区)で行われた映画『人間中毒』(キム・デウ監督)のメディア試写会に出席。同作をで初めてベッドシーンに挑戦した感想を語った。

 ソン・スンホンは「初めてベッドシーンを撮影したが、監督がそのプレッシャーを軽減してくれた。『男女が愛し合うことにおいて、最も華やかで美しい瞬間であり、それをスクリーンで表現したにすぎない。ほかの作品はそれをソフトに表現しているだけ』という監督の言葉を聞いて、誰でもできる愛の行為だと単純に考えたら心が楽になっていた」と打ち明けた。

 続けて「僕はこれまで、自分が持つイメージや垣根を作っていたと思う。その中だけで遊ぼうとしたし、その垣根が自らを閉じ込めていた。『人間中毒』を通じて体がすごく軽くなった感じがするし、チャレンジしたいさまざまなキャラクターが見え始めた。『人間中毒』が、ソン・スンホンといえば真っ先に思い浮かぶ作品になればという欲がある」と話した。

 同作は、ベトナム戦争が終盤に差し掛かった1969年、厳格な軍官舎で部下の妻チョン・ガフン(イム・ジヨン)と危険な恋に落ちた教育隊長キム・ジンピョン(ソン・スンホン)の物語を描く。14日公開。

朝鮮日報


『人間中毒』ソン・スンホン、復古風強烈グラビア公開

1_EQEFDJLO_20140413122653b1c.jpg

俳優ソン・スンホンが新しい映画の相手女優イム・ジヨンと一緒に強烈なグラビアを公開した。

R-18のラブストーリー映画『人間中毒』(監督:キム・デウ)で共演した2人は、ファッション誌『VOUGE KOREA』5月号を通じて60年代の復古雰囲気があふれるグラビアを披露した。

映画で60年代のエリート将校“ジンピョン”と彼の部下の妻“カフン”役を演じたソン・スンホンとイム・ジヨンは激情的な愛を暗示するように強烈な赤い壁を背景にベッドの上でお互いに寄り添っている姿を演出した。

特に彫刻のような姿で女心をひきつけてきたソン・スンホンは映画『人間中毒』を通じて破格的な演技変身を見せてくれることが期待される。“韓国のタンウェイ”と言われ早くから期待を集めてきたイム・ジヨンは致命的な魅力を発散して映画に対する好奇心を高めた。

雑誌のグラビアの他にも映画会社が公開したスチール写真は、厳格な階級秩序と上下関係で縛られた60年代の軍官舎の中で繰り広げられる男女の秘密めいて破格的な愛を隠密な視線で表わしている。

魅力的な新人女優の誕生とソン・スンホンの演技変身が期待を集める映画『人間中毒』は、5月15日公開予定だ。 [写真=『VOUGE KOREA』]

イノライフ


ソン・スンホン主演映画スチール公開=『人間中毒』

1_JPIBWYFW2.jpg

 キム・デウ監督の新作映画『人間中毒』では予告編に登場するスチールカットを24日、公開した。

 公開されたスチールカットには、ベトナム戦争の英雄でエリート軍人のキム・ジンピョン(ソン・スンホン)と、部下の美ぼうの妻チョン・ガフン(イム・ジヨン)の出会いから、息をのむような見つめ合い、見る人々の想像力を書き立てるスキャンダラスな瞬間の数々が収められている。

 『人間中毒』は5月公開予定。

1_JPIBWYFW2.jpg

1_JPIBWYFW2.jpg

1_JPIBWYFW2.jpg



その他の写真は こちらから


朝鮮日報



sidetitleプロフィールsidetitle

ぴあの

Author:ぴあの
★韓国俳優「チュ・ジフン」さんを応援しています★

チュ・ジフンさんの記事や画像を中心に、韓国ドラマ、映画、芸能ニュース等もアップしています。

*当ブログで使用している画像、動画等の著作権は、出処である各サイト・出版元にあります。
不適切なコメント及び悪質なコメントは、管理人の判断で削除させて頂きますのでご了承ください。

♥チュ・ジフン出演作品~放送中&放送予定(随時更新)

☆WOWWOW
映画「私は王である」
5/12(月)午後9:00~

☆KNTV
「メディカルトップチーム」
5月17日(土)からスタート!
毎週(土・日) 午後10:00~午後11:15
再放送毎週(月・火) 午後2:05~午後3:15

☆BS-TBS(吹替版)
「蒼のピアニスト」
毎週日曜日 午前10:00~10:54(放送中)

☆TBSチャンネル
「蒼のピアニスト」(完全版)
4月17日(木)からスタート!
毎週(月)-(金)午後5:50~午後8:10[2話ずつ]
※4/24(木)は午後7:00~午後8:10[1話]
※4/28(月),4/29(火),4/30(水)は休止

☆ホームドラマチャンネル
「宮 Love in Palace」
5月12日(月)スタート!
毎週(月)午後2時14:00~15:15

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ランキングに参加しています!1日1回ポチっとお願いします!(^-^)b

FC2Blog Ranking

sidetitleカレンダーsidetitle
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle韓流タウンsidetitle
韓流タウンさんで「第3期ベストブロガー」として紹介していただきました♪
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。